人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

土間コンクリートの相場を考える【1平米約1万円】

外構工事の中で、もっとも欠かせない土間コンクリート(土間コン)。

今回は、わが家の土間コンの価格を見ながら、土間コンの相場を考えていきたいと思います。

土間コンの相場は、家づくりの中ではもっともわかりづらい部分かと思います。

いきなり土間コンの㎡単価の相場と言われても、すぐにはピンときませんよね。

坪単価のように◯万円ならローコストで、◯万円ならハイグレードのような指標はまったくありません。

そんなことでまずは、土間コンの適正な価格を把握しましょう。

さらにHMハウスメーカーや工務店の紹介業者とそのまま契約しても良いのか。

外構専門業者と直接契約したほうがいいのか。

少しでもオトクなお値段で土間コンを施工する方法も考えていきましょう。

結論から書くと、やはり手間をおしまずに、比較するのが重要です。

比較しつつ、じっくりと時間をかけ業者と交渉するのがオトクに契約する最大のコツになります。

土間コンクリートの相場は㎡1万円ぐらい

かなりざっくりした相場の話になりますが、土間コンの相場はおおよそで㎡1万円ぐらいになります。

ただし、平米の広さや作業効率により、㎡単価は大きく変化します。

平面で車2台分(約60㎡)ぐらいの、一番スタンダードなケースの相場が、㎡1万円と考えてください。

面積が多ければさらに㎡単価は安くなりますし、小さければ単価は高くなります。

さらに、同じ60㎡でもケースによって単価は変わります。

  • 一面で60㎡
  • 10㎡×6か所

少し極端な例かもしれませんが、両者の手間は大きく違いますね。

細かくなればなるほど、手間がかかるので、その分単価は高くなります。

さて、土間コンの見積りは項目別に分かれているので、ひとつずつ見ていきましょう。

土間コンクリート

流し込むコンクリート本体の㎡単価です。

ざっくりですが、㎡5500~8000ぐらいです。

ちなみに、県民共済住宅の提携業者さんは、㎡5500が多い印象を受けます。

この㎡5500の内わけは、

  • コンクリート本体
  • 金コテ仕上げ
  • ワイヤーメッシュ

が、含まれます。

土間コン施工の中でも、一番メインになる項目です。

掘削・すきとり

土間コンを施工する際の、一番最初の作業になります。

土間コンを施工するために不要な土をすきとり、表面をならします。

ざっくりですが、㎡500~1500ぐらいの相場になりますが、㎡計算ではなく一式で計上されることもあるかと思います。

残土処分費

地域により大きく異なりますが、埼玉県は高めです。

残土をどう処理するかは業者により異なりますが、産業廃棄物として業者に持ち込む場合はかなり高額になります。

廃棄物処理場までの距離も関係してきます。

ざっくりですが、6000~10000ぐらいになります。

地域によっては、㎥2000ぐらいのケースもあります。

土間コン伸縮目地(目地板)

面積が広いとコンクリが割れてしまうので、土間コンの間に目地板を入れます。

ざっくりですが、m1500~2000ぐらいです。

コンクリが割れないために目地はかなり重要ですので、かならず目地板の有無はチェックしましょう。

3m間隔ぐらいで目地板を入れると、ひび割れを防げます。

わが家では、エキスパンタイという素材を使用しました。

砕石敷き込みと転圧

掘削の次に、砕石を敷きこみ転圧をかけます。

ざっくりですが、㎡1000~1500ぐらいです。

土間コン型枠

土間コンを流し込む、型枠の単価です。

ざっくり、mあたり500~1000ぐらいが相場です。

ちなみに、わが家はR(曲線)が多いです。

桝調整

排水などのますの高さを、土間コンの高さに合わせて調整します。

ざっくりですが、一式で1万円程度です。

ただ、わが家のように桝の調整が10個ぐらいになると、1万円ではとても納まりません。

重機回送費

土間コンの施工で利用する、重機を輸送するためにかかる費用です。

ざっくり20000~50000ぐらいです。

距離により異なります。

コンクリートポンプ車を使う場合は、別途費用が請求される場合があります。

ちなみに我が家は、一度6,7万円ほど請求されました。(が、見積りに計上されていない費用でしたので、交渉しました。)

多くのケースではポンプ車はコミコミかと思いますが、念のため確認しておきましょう。

業者により見積りの内容は大きく異なる

土間コンの施工で、一般的によく計上される項目と相場を解説してきました。

ただ、土間コンの見積りは業者それぞれで、見積りの項目のどこに何を含むのかが変わってきます。

一式で計上することもあれば、㎡やmの長さで単価を出す場合など、業者によって異なる場合があります。

ひとつの項目の金額だけで比較せず、必ず総額を確認しましょう。

ぼく達にとって一番わかりやすいのは、すべての総額を㎡で割ることです。

純粋な㎡単価で比較、交渉するのがわかりやすいかと思います。

ただ、極端に高い見積りもおかしいですが、極端に安い見積りもまた違和感を感じます。

コンクリの厚さやワイヤーメッシュの有無など、価格だけではなく工事内容もしっかりと確認しましょう。

個人的には、極端に安すぎる見積りは避けたほうが無難かと思います。

わが家の土間コンのお値段

  • 掘削と残土処理費:㎥8600
  • 砕石及び転圧:㎡1150
  • 土間コン:㎡5000
  • 伸縮目地(目地板):m2000
  • 土間コン型枠:48000
  • 桝調整:38000
  • 重機回送費:20000

ざっくり85万円、面積は96㎡なので、㎡単価はざっくり9000ぐらいです。

価格にぼかしをかけたのは、業者さんに配慮してのことです。

というのも、ブログの見積りをそのまま見せ、交渉するのは最高にナンセンスなことです。

土間コンは地域により相場が異なりますし、施工する面積やカタチによっても大きく費用は異なります。

何よりも、もしぼくが営業マンでしたら、ブログの見積りをそのまま見せて交渉してくる人は、相手にしません。

あくまでも、自分の地域や土地に合わせての見積りとなるので、必ず個別で見積もりを取り寄せましょう。

一番安いのは土建屋さんに直接依頼すること

土間コンの施工は、主に3つの方法のいずれかに依頼をします。

  1. HMや工務店の仲介(紹介)
  2. 外構工事専門業者に依頼
  3. 土建屋さんに直接依頼

ぼくは3を選びましたので、比較的安い値段で施工できたと思います。

ただ、個別の交渉はすべて自分ですることになるので、色々と面倒なこともあります。

ぼくのケースでは、見積りと請求書の内容が大幅に違ったので、話し合いが必要になりました。

「価格の交渉が面倒だし、ストレス」

「トラブルの自己解決はイヤだなぁ」

そんな方は、HMや工務店の仲介や、外構工事専門業者に依頼するのが良いかと思います。

一概には言えませんが、土建屋さんの見積りより、ざっくり2~3割ぐらいは高くなるかと思います。

自社施工の場合もありますが、多くの場合は地域の土建屋さんにお仕事を振る形式になりますので、その◯割がHMや工務店、外構工事専門業者の利益となります。

少しでもオトクに土間コンを施工するには比較が重要

土間コンは地域や工事内容によって大きく費用が異なるので、相場はあってないようなものと考えてよいかと思います。

土地のカタチも関係してくるので、他人の見積りは、まったくアテにはなりません。

そのため、自分で見積もりを取り寄せ、比較するのが重要です。

外構工事は家の契約後、あわてて決めるケースが多いので、じっくりと比較検討する時間がないケースが多いです。

そのため、余裕をもって家の契約前に、家のプランと並行して検討を進めていきましょう。

外構業者さんを自分で探し、連絡するのはかなりの手間がかかるので、無料で資料を取り寄せるととても便利です。

ぼく自身も比較し、150万→130万→100万と費用を節約することができました。

土間コンは明確な定価がないので、納得いくまで、じっくりしっかり比較し、交渉をしましょう。

最後になりますが、この記事が少しでも土間コンの施工でお役に立てればうれしく思います。