WEB内覧会はじめました!

ビルトインコンロとワークトップ(天板)の隙間を埋めておそうじラクラク!【東洋アルミ フレームカバー】

今回は、ビルトインコンロとキッチンのワークトップ(天板)の隙間を埋めるDIY記事です。

どうも、いつまでもココロのスキマは埋まらない、とよクマです。

とよクマ

どーん!

ビルトインコンロと天板の間には、1,2mmのスキマができてしまいますよね。

このスキマを専用のフレームカバーを使って、埋めていきたいと思います。

ココロのスキマを埋められないぼくでも、コンロの隙間をきれいに埋められるカバーできるでしょうか。

それでは早速、本編にいってみましょう!

まずはガスコンロの掃除から

まずは、ビルトインコンロの掃除から。

理想的には、引渡し後すぐにフレームカバーを装着するのが良いですね。

コンロを使う前の新品の状態で、DIYしておくのがおススメです。

とよクマ

どんなにガンバっても、汚れを落としきれない……

キッチンクイックルで、ビルトインコンロとワークトップの隙間を掃除します。

隙間は1,2mmと狭いので、なかなかうまく掃除ができません。

ついでなので、コンロ全体をキレイにしておきました。

わが家は引き渡しから約3ヶ月。

隙間に特に何かをこぼしたような記憶はありませんが、それでもかなりの汚れでした。

とよクマ

茶色い油汚れがベッタリでした(汗)
知らぬ間に、汚れているんだね……

ナツ

隙間だけではなく、ビルトインコンロのへり(フチ)にも粘着するタイプのフレームカバーなので、フチも念入りに掃除します。

さて、フレームカバー開封後に、ヘラがあることに気が付きました。

このヘラを使って、スキマを掃除すると効率が良いです。

隙間にこびりついた油汚れなど、ガリガリ削れます。

東洋アルミフレームカバーで隙間を埋める

念入りにおそうじをしたら、いよいよフレームカバーのDIYです。

今回使ったのは、東洋アルミ フレームカバーNEW フリーサイズ 2415

フリーサイズなので、たぶん最後はカットして長さを合わせるのだと思います。

まず初めに、説明書をしっかりと読みましょう。

フレームカバーの上下など、間違いのないように方向など確認しておきましょう。

フレームカバーは、貼り付ける側にシートがついています。

シートを少しずつはがしながら、貼りつけ作業をします。

携帯のフィルム貼りに近い感覚です。

まずは裏側からスタート

まずはビルトインコンロの裏側からスタートします。

わが家はP型キッチンなので、裏から回り込めます。

目視で見ながら貼る方が、とても貼りやすいです。

入れにくい場所は、付属のヘラも活用しましょう。

指でなぞったり、ヘラを使ったりして、空気が入らないように少しずつ貼り付けます。

この時、まっすぐに貼ることも意識します。

角は少し引っ張りながら貼り付け

角はフレームカバーを少し引っ張りながら、貼り付けます。

ほどほどの力加減で引っ張ります。

引っ張らないで貼ると、ゆるみが出て空気が入ってしまいます。

一周まわって完成!

フレームカバーのフィルムは、一度にはがすと粘着性があり、周りにベタベタくっついてしまいます。

面倒ですが10~20cmぐらいずつはがし、少しずつ貼りつけます。

この動作を何度も繰り返します。

最初は貼りづらいですが、徐々に慣れてきますので、最初だけは時間をかけて丁寧に作業するのがおススメです。

後半は割と作業スピードが正確で速くなります。

そんな感じで、フレームカバーを一周させます。

最後はスキマができないように、カットして長さを合わせます。

作業は終了です。

作業時間は約30分ぐらいでした。

  • おそうじに15分
  • 貼り付けに15分

フレームカバーの完成イメージ

完成イメージを見ていきましょう。

弱粘着ですが、ピッタリと張り付いているので、汚れをシャットアウトできそうです。

貼り付け作業中に、上側のフレームカバーが1,2mmほど下に巻き込まれやすいです。

もし巻き込まれてしまったら、人差し指でやさしく2,3回、ビーズを手前に転がすような動作で上に戻してあげると直ります。

弱粘着なので、フレームカバー同士が張り付いて取れないことはありません。

ピッタリと貼りついているので、汚れが入り込むことはないと思います。

ガスとIHコンロの隙間(ビルトイン)を埋めて汚れから守る!【東洋アルミ フレームカバー】まとめ

ピッタリと貼り付けるコツは、急がず焦らず、少しずつ貼ることです。

空気が入ってしまったら、少しはがして改めて貼りなおします。

とよクマ

細かい作業をコツコツ続けると、キレイに貼れます。
一気に急いで貼ろうとすると、たぶんうまく貼れません……

ナツ

子どもを見てくれる人がいて、時間に余裕がある時に貼るのがおススメです。

また、フレームカバーはT型の形状です。

ビルトインコンロとワークトップの隙間に、フレームカバーが入り込む設計です。

場所によって隙間が狭すぎて、フレームカバーを押し込みにくい部分があります。

そんな時は、ヘラを上手く活用すると入れやすいです。

とよクマ

わりと力を入れて、押し込めるような部分もあります!

ビルトインコンロの隙間を埋めたことで、おそうじがとてもラクになりました。

サッとふくくだけでOKで、隙間の汚れを気にしなくなりました。

2ヶ月を目安に交換と書いてありますが、しっかりしたフレームカバーなので、もっと長く使えそうな気がします。

コンロを使ってお料理をする時のストレスが大幅に減るので、かなりおススメのアイテムです。