WEB内覧会はじめました!

小屋裏収納の横型点検口の断熱性能をアップ【気流止めDIY】

わが家の屋根裏点検口は、3ヵ所もあります。

とよクマ

たぶん、平屋だからですね!
屋根裏が広いからね(汗)

ナツ

その中のひとつが、小屋裏収納の壁横に付いている点検口です。

とよクマ

右側の枠が点検口です!
ホント、壁の真横についているね!

ナツ

今回は、壁横の点検口の気密性能をUPさせるDIYの記事です。

それでは早速、本編にいってみましょう!

点検口から冷たい風が吹き込み室温が下がる(冬場)

壁横の点検口のスキマから、冷たい風(現在は冬)が入ってきます。

とよクマ

上部に3mmぐらいのスキマがありますね!

小屋裏収納の整理整頓をしてた時……

とよクマ

なんだか、冷たい風を感じるなあ……
この部屋全体がとても寒いね!

ナツ

小屋裏収納は屋根裏なので、夏は暑く冬は寒いとは聞いていましたが……

それにしても、家の中で圧倒的に寒い環境です。(今は冬)

ぼくはこの寒さの原因が、情報分電盤と点検口の気密性能に問題があると仮定しました。

セメダインすきまパテで情報分電盤の穴を埋める!

ためしに点検口のふたを外してみると……

とよクマ

こ……こりゃあアカン
うっすいねぇ……

ナツ

断熱材が1cmしかありません。

つまり、点検口のサイズ45cm×45cmが断熱欠損ということになります。

天井の点検口は断熱材を上にのせるカタチになるので、それほど問題はないのですが……

壁横だと点検口のフタに、グラスウールをはり付けるしかないようです。

余談ですが、オプションでも断熱材付きの点検口の方がよかったです。

点検口の断熱DIY開始!

ということで、まずは材料調達から。

ホームセンターでグラスウールを買ってきました。

とよクマ

小分けで売ってるから助かる~!
天井用を選びました!

ナツ

できればですが、高性能グラスウールを選ぶのがおススメです!

さて、このグラスウールを点検口のサイズに合わせてカットします。

サイズを計測したところ、43.5cm四方でした。

縦は調節できるのでピッタリにできますが、左右のサイズは少し足りなそうです。

とよクマ

40cmぐらいでした!

ためしにグラスウールをはめ込んでみました。

とよクマ

むむむ……

とよクマ

やっぱり2cmぐらいスキマがー(泣)

ということで、ウッドデッキのあまりの材料をカットして…

これでピッタリです!

ピッタリとおさまると、気流(風)がまったく入り込まなくなりました。

最後は、夏でも残らない、弱粘着の養生テープを貼って、さらにシャットアウトしておきました。

断熱DIYで室温が改善

今回のDIYは、情報分電盤の作業と同時に行いました。

セメダインすきまパテで情報分電盤の穴を埋める!

情報分電盤のDIYの記事でも触れましたが、室温が大幅に改善しました。

気流止めのDIYをする前は、朝の一番寒い時間に5.5℃まで下がりましたが……

気流止め後は、10.6℃まで上昇しました。

また、グラフも気流止め前に比べて上下が少ないです。

この結果を見た限りでは、本当にやって良かったなと思いました。

小屋裏収納の横型点検口の断熱性能をアップ【気流止め】させるDIYまとめ

横型点検口と情報分電盤のDIY作業を通じて感じたのは、気密性の重要性です。

大きな穴ではないのですが、気流(冬なので冷風)が室内に流れ込むと、室温が低下します。

イメージ的には、クーラーの吹き出し口です。

冷たい風が、室内にとめどなく流れ込みます。

とよクマ

たまたま室温を計測していたので、対策後の違いがよくわかりますね!

横型の点検口はたぶんレアなので、ほとんどの家には無いかと思います。

もしかしたら、平屋のお家にはあるかもしれません!

ナツ

もしあるようでしたら、一度点検口を確認されると良いと思います。

とよクマ

わが家のように断熱が甘いかもしれません。

また、これから家を建てる施主さんには、断熱材付きの点検口がおススメです。

ただ、天井の点検口であれば、それほど気にしなくてもOKです。

断熱材が上にのせられていると思います。

壁横の点検口という、とても少数派マイノリティに向けての記事ですが、少しでもこの記事が誰かのお役に立てればうれしく思います。