WEB内覧会はじめました!

トイレのスキマフィルを使って【おそうじラクラク】ニオイも予防!

わが家の子どもは、3人兄弟。

とよクマ

ぼく、とよクマを足すと4人男子です(汗)

3人兄弟は小学校低学年+幼児なので、まだまだトイレの的を外してしまいます。

とよクマ

こればっかりは、経験上しかたがない……

そう、何事も経験値を積み重ね大人の階段をのぼるのです(遠い目)

さて、トイレ掃除担当のとよクマが、便器と床を掃除して気になるポイントあります。

便器と床のスキマです!

とよクマ

毎度、かなり汚れるポイントです。

便器と床のスキマをうめるために、何か良いアイテムがないだろうか……

と検索して、トイレのスキマフィルというコーキング材をみつけました!

今回は、トイレのスキマフィルを使って、実際に便器と床のスキマをうめてみたDIYレポートです。

とよクマ

それでは、早速本編にいってみましょう!

トイレのスキマフィルを使う前に念入りにスキマをおそうじ

できればですが、新築のトイレ使用前にDIYするのがベストです。

とよクマ

おそうじの手間がはぶけますね!

まずは、3つのお掃除用具を用意します。

トイレクイックルで少しでもスキマをキレイにするために、割りばしとつまようじを使って、できるだけ念入りにおそうじします。

1mmぐらいのスキマなので、掃除がとても大変です。

とよクマ

スキマの入り口ぐらいしかおそうじできないですね(汗)

おそうじの結果、とても写真を公開できないほどの汚れでした。

とよクマ

スキマは、かなり汚れる部分なんだね……

ちなみに、便器と床のスキマはかなりせまく、トイレクイックルが入らないほどです。

せまいスキマのおそうじは、あきらめましょう。

トイレのスキマフィルで便器と床のスキマを埋める!

念入りにおそうじをしたら、いよいよトイレのスキマフィルのDIYです。

冬場は施工前に、少しあたためるのが良いかと思います。

とよクマ

人肌ぐらいで温めるのがおススメです!

というのも、ジェルを握力あくりょく(手の力)でしぼりだすので、少しでも柔らかいほうが出しやすいです。

たぶんですが、女性では大変な作業だと思います。

とよクマ

パパさんにやってもらいましょう!

ちなみに、ぼくは握力70ぐらいありますが、結構きつかったです(汗)

さて、実際の施工です。

便器の裏側から、正面側に施工します。

とよクマ

裏側に手を回すと、服などにくっついちゃいますからね!

キレイに施工したい場合は、マスキングテープを貼るのがおススメです。

公式では、マスキングテープの使用を推奨しています。

ぼくは面倒なので、使いませんでした。

ヘラを使って表面をならす

ジェルがかたいので、なかなか均一にキレイに施工できませんでしたので、ヘラでならします。

ヘラの代用品として、割りばしをつかいました。

何度も往復せず、できるだけ一筆書きで、なでるようにならしました。

とよクマ

ならす前は、ボコボコですが……
ヘラでならすと、キレイになります。

ナツ

ヘラでならすことで、スキマなくピッタリとジェルが入り込みます。

ヘラを使うコツは、筆で絵をかくような力加減が理想です。

力を入れて押し込むと、ジェルが上下に逃げてしまいます。

施工後24時間でかたまります。

トイレのスキマフィルの保存方法

サランラップと輪ゴムで密閉みっぺいしておきました。

2週間後に実験してみましたが、問題なく使えそうです。

トイレのスキマフィルは1個買えば十分!

先ほどと同じ写真になりますが、2つのトイレをDIYしてあまった分量です。

体感にはなりますが、1/3ぐらいあまっています。

多くのご家庭ではトイレの数は2つだと思いますので、トイレのスキマフィルは1個買えば十分です。

トイレのスキマフィルで巾木も保護

男性の皆様は、幼少期に一度は経験があるかと思いますが……

大幅に的を外して壁にビッシャリとやってしまったこと。

便器ほどではないですが、巾木はばきにも床とのスキマがあります。

便器と同じように、巾木もトイレのスキマフィルで埋めておくと良いかもしれません。

トイレのスキマフィルは余りがでても、ほかに使う場所はないかと思います。

余らせるぐらいであれば、巾木のスキマをうめるのも一手です。

トイレのスキマフィルを使って【おそうじラクラク】ニオイも予防!まとめ

トイレのスキマは狭すぎて掃除ができない場所なので、実はそのまま放置しておくと、尿が石化して固まってしまいます。

そうした長い年月の汚れが、トイレのニオイの原因になります。

とよクマ

新築の時は、くさくなかったのになんでだろう?

もしかしたらそれは、スキマにたまった汚れからのニオイかもしれません。

トイレのスキマフィルは、トイレをいつまでも清潔に、嫌なニオイなく使うには、必須のアイテムかと思います。

最後に、大事な部分をまとめておきましょう!

ナツ

  • 1個買えば2つのトイレで十分な量
  • できれば新築時にDIYするのが理想
  • まずはスキマを念入りにおそうじ
  • 人肌に温めたほうがジェルを出しやすい
  • 握力(手の力を)かなり使う
  • ヘラでならすとキレイになる
  • 保存はラップと輪ゴムでOK
  • 巾木もやっておくと良いかも

キレイさにこだわる人は、マスキングテープを使うと、なお仕上がりが良くなります!

この記事が、少しでもトイレのスキマに悩んでいる人に届けばうれしく思います。