WEB内覧会はじめました!

インターホンをワイヤレス化【VL-VD561L-N】乾電池式 配線不要で取り付けカンタン!

先日、インターホンのワイヤレス化計画【1万5千円でできる!】

を書きましたが、いよいよ計画を実行する時がきました。

インターホンのワイヤレス化計画【1万5千円でできる!】

ネットでの買い物が多いわが家。

新築ということもあり、とにかくよくモノが届きます。

配達員さんがドアを叩いて

(ドンドンドン!)「お荷物でーす!」

は、さすがにヤバいので……

とよクマ

早急にワイヤレスインターホンを取り付けることにしました。

「インターホンをワイヤレス化して、外構費用を安くしたい」

「玄関ドア前にインターホン付けたけど、門柱にもう1台ほしい」

今回の記事は、こんな方におススメです!

ナツ

とよクマ

それでは早速、本編に入りたいと思います。

インターホンをワイヤレス化VL-VD561L-Nの組み立て

今回は、ワイヤレスインターホンVL-VD561L-Nを使用しています。

インターホンの子機だけなので、小さな箱で届きました。

箱を開けると、入っていたモノは5つ。

  • 保証書
  • 本体(写真左)
  • 説明書
  • 取り付けようのビス
  • ネジ穴の防水シール

本体は、電池式で動作します。

単3電池6本と、結構な本数を使います。

ただ、セーブモードにすれば約2年電池がもつので、燃費は良いと思います。

電池は、パナソニック製のエネループハイエンドモデルが推奨らしいです。

ということで、コンビニのアルカリ電池を使うことにしました。

とよクマ

4本1600円は、さすがにキツイです(汗)

必要な工具はプラスドライバー1本。

電池を入れるだけで、ワイヤレスインターホンの準備はOKです。

とよクマ

女性でも手軽にできると思います!

ワイヤレスインターホンの仕組みと中継器

ワイヤレスインターホンは、電話の子機(コードレス電話)と同じ電波で親機とつながります。

とよクマ

つまり、インターネット環境は必要ないんだね!
親機と子機(ワイヤレスインターホン)が、直接通信します!

ナツ

電波の範囲としてはコードレス電話と同じなので、親機から20mぐらいの距離は十分に届く範囲だと思います。

つまりよほど広い土地でなければ、門柱にとりつけても十分に電波は届きます。

もし遠ければ、中継器を使うことになります。

たぶん、地中埋設で配線を引く外構工事をするより、中継器を買ってワイヤレスにした方がずっと安いと思います。

とよクマ

ワイヤレスに対応したインターホンかは、ハウスメーカーに確認しておきましょう!
未対応だったら、オプションでいくらかになるかも知りたいですね!

ナツ

多くのケースでは、ケーブルを地中埋設するより、ワイヤレス対応の親機をオプションにするほうが安いと思います。

とよクマ

標準品があれば、差し引きのオプション料金にもなりますからね!

インターホンをワイヤレス化VL-VD561L-Nの設定

さて、親機にワイヤレスインターホンを登録しましょう。

まずは、設定ボタンを押します。

接続機器の登録を選びます。

登録を選びます。

ドアホン(ワイヤレス)を選びます。

ドアホン2を選びます。

ここでワイヤレスインターホンに電池を入れて起動、登録させます。

ドアホン2として登録します。

とよクマ

ピーって音が鳴ります!

ちなみに、ドアホン1(有線)が無しでも使用可能です。

続いて必要であれば、ワイヤレスインターホンの設定です。

電池を長持ちさせるために、セーブ2を選びました。

セーブ1を選ぶと、親機のモニター表示に時間がかかります。

ちなみに標準だと、いつでも素早くワイヤレスインターホンのカメラを起動でき、親機で確認できます

セーブ2は、ワイヤレスインターホンを鳴らした場合のみ、カメラとインターホンが使用できます。

とよクマ

親機からは起動できません。

推奨電池、パナソニック製のエネループハイエンドモデルを使用した場合

  • 標準で6ヶ月
  • セーブ1で12ヶ月
  • セーブ2で24ヶ月

電池がもちます。

インターホンをワイヤレス化VL-VD561L-Nの設置

外構工事がまだこれからなので、仮設置です。

もらった廃材を地中に打ち込んで、とりつけました。

ひとまずは、テープでネジ穴をふさぎます。

本来であれば、このシールで穴をふさぎます。

わが家は、心配なのでコーキングで埋める予定です。

木材への取り付けであれば、通常のドライバー1本で取り付け可能です。

外壁やブロック塀などに取り付ける場合は、電動ドライバーが必要です。

買うのはちょっと……

と思う方は、ホームセンターでレンタルされてみてはいかがでしょうか?

とよクマ

500円で十分におつりがくるお値段で、レンタルできます!

インターホンをワイヤレス化VL-VD561L-Nを使用してみた

さて、動作するかの試験です。

まずは、ワイヤレスインターホン側から。

とよクマ

室内から、ピンポーンとなっているのが聞こえますね!

今度は親機で受ける側。

しまった!

ぼくの素顔が写ってしまいました!

このように、ワイレスでも特別なこだわりが無ければ、十分にインターホンとして使用できます。

ただ、ワイヤレスインターホンの場合、有線とくらべて画質が落ちるデメリットがあります。

とよクマ

画質は落ちますが、人の顔は十分に認識できるレベルです!

インターホンをワイヤレス化VL-VD561L-Nまとめ

有線のインターホンは、画質がよく電池交換の手間がかかりません。

親機側からインターホンのカメラも起動でき、防犯カメラとしての利用もできます。

そのあたりの機能が必要なければ、ワイヤレスインターホンでも十分な性能かと思います。

有線は家の外から電源をとり、PF管を地中埋設し電線をはわせ、門柱まで引っ張ります。

距離にもよりますが、埋設となると、それなりの外構費用がかかります。

とよクマ

ほとんど技術料です!
結構な手間はかかりますね!(汗)

ナツ

外構が完成した後に自分でワイヤレスインターホンをDIYすることで、かなり節約できると思います。

家づくり中は間取りや仕様選択で、「いっぱいいっぱい」かもしれませんが……

インターホンをどうするか?

まで、考えておきましょう。

あとから、親機がワイヤレスインターホンに対応していなかった……

だと、とてももったいないです。

最後になりますが、

「この記事がきっかけで、おトクにワイヤレスインターホンがとりつけられたよ!」

「インターホンについて考えるきっかけになったよ!」

なんて、読者さんたちのお役に立てればうれしく思います。