人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

パリパリキューブライトアルファ島産業【PCL-33】生ごみ処理機【乾燥させて軽く&イヤな臭いがしない!】

「生ごみの量が多くて、ゴミ出しが大変!」

「夏場の生ごみのニオイがキツくて、もうどうしよう!(泣)」

とよクマ

そんな生ごみでお困りの方に向けて、記事を書きました!

今回ご紹介する生ごみ処理機は、パリパリキューブライトアルファ(島産業)です。

高温の温風で、生ごみをパリパリに乾燥させるタイプの処理機です。

乾燥させた生ごみは、

  • 軽くなり容量が減り(水分が抜ける)
  • 嫌なニオイがしなくなり
  • 有機肥料にもなる

と、環境にもやさしいですし、生活(ゴミ出しや管理)もラクになります。

とよクマ

特にごみの大半を占める生ごみが減ると、おどろくほどゴミ出しがラクになります!

それでは、実際の使用レポートに入りたいと思います。

パリパリキューブライトアルファで実際に生ごみを乾燥させてみた

まずは実際に、生ごみがどう変化するのか?

をレポートしたいと思います。

パリパリキューブライトアルファは、操作がとてもカンタンです。

ボタンは2つだけで、直感的に使えます。

とよクマ

すぐに使い方が覚えられます!

今回は、お魚をパリパリキューブライトアルファで処理してみました。

煮干しなどダシのように、カラッカラに乾いています。

手で触れてみると水分は一切なく、つまむと名前のとおりパリパリにくだけます。

魚の皮と骨は、魚の油でベタベタ。

夏場は、もっともニオイがキツイ生ごみのひとつです。

パリパリキューブライトアルファで処理すると、元が魚だとは思えないほど、カラッカラに乾燥しました。

ちなみに、魚はパリパリキューブライトアルファの説明書では乾燥しにくいカテゴリーに分類されています。

とよクマ

それでも、十分な効果を発揮できました!
パリッパリになりました!

ナツ

ちなみに、乾燥しやすい生ごみは、

  • ごはんや麺類
  • 果物や野菜の皮やくず

一方で乾燥しにくいものとして、

  • お菓子や果物(糖分を多く含む)
  • カレーなどのペースト状
  • 大きな野菜(切られていない)
  • 肉や魚、揚げ物など(油分が多い食べ物)

ぼくが使用して感じたのは、温風で乾燥させる性質上、細かくて薄ければ処理は可能です。

一方で、厚みがや大きさ、ベトつき(油など)があると、処理が甘くなりがちです。

家族で食べ残しを出さないようにするのが、一番効果的です!

ナツ

調理で出た生ごみは、ほとんどが皮など、細かくうすいものばかりです。

食べ残しがなければ、特に意識しないで使ってよいことになります。

わが家は寝る前にセットして、節電モード(エコモード)で使用しています。

とよクマ

音はまったく気になりません!

使用中は36dB(デシベル)ですが、どのぐらいの音の大きさかというと…

  • 30dB:非常に小さく聞こえる(郊外の深夜、ささやき声)
  • 40dB:聞こえる会話には支障なし(図書館・静かな住宅地の昼)

引用:騒音値の基準と目安 | 騒音調査・測定・解析のソーチョー

とよクマ

つまり、寝室まで音が聞こえるようなことはありません!

わが家はドアなしで5mぐらい離れた寝室ですが、まったく音は気になりません。

生ごみ処理のランニングコスト

パリパリキューブライトアルファのランニングコストは、

  • 節電モード:13~17円
  • 通常モード:27円

とよクマ

寝る前などに、節電モードを使うとおトクです!
毎日使うと、年間で3650円(365日×10円)も差が出ちゃいますね!(汗)

ナツ

ただし、節電モードはバスケット容量の6割以下の生ごみの量で推奨されています。

生ごみの量が多いと(6割以上)、通常モードで使用することになります。

MEMO
節電モードでは、自動停止機能で乾燥が終了次第、自動的に運転が終了します。

脱臭フィルターの交換目安は4~9ヶ月

ランニングコストを計算するにあたり、消耗品の計算も欠かせません。

脱臭フィルターの交換目安を、中央値の6ヶ月に設定してランニングコストを計算してみましょう。

1個あたりの脱臭フィルターは、約2000円です。

@2000÷180日=11円

とよクマ

1日1回あたり、11円のコストになりますね!

27円(電気代)+11円(フィルター代)=38円

つまり、1日1回あたり38円のコストで生ごみを処理できます。

ただし、生ごみが減ることで別の面で費用的なメリットあります。

  • 市指定のゴミ袋の使用量が減る
  • 有機肥料を買わなくてよくなる
  • ごみ出しの手間がはぶける

とよクマ

有機肥料については、後ほど説明しますね!
手間は、まさにタイムイズマネー!

ナツ

パリパリキューブライトアルファを組み立て

さて、時を戻し、パリパリキューブライトアルファの開封時のレポートです。

付属品などをレポートしていきたいと思います。

いざ開封!セットの内容

箱を開けた時のセットは4点。

  • 本体
  • 専用マット
  • 脱臭フィルター
  • 水切りネット

とよクマ

ほかに買い足すものなく、使うための道具はすべてそろっています!

地味にですが、専用のマットがあるのがうれしいです。

なければ、自分でマットを用意しなければなりません。

脱臭フィルター1個付き。

4~9ヶ月使えます。

水切りネットも付いています。

こうした消耗品もつけてくれるのは、とてもありがたいです。

サイズが書いてあるので、市販品でもOKなようです。

こうした表記は親切ですね。

本体は、トリコロールカラー。

とよクマ

他3色あります!

上部に、取っ手が付いています。

この取っ手がすばらしく、片手で本体(白と青の部分)を持ち上げられ、赤の容器にかぶせられます。

とよクマ

取っ手がないと、両手で持ち上げるので大変になっちゃいますね(汗)
(絶対手をスベらせて落とすわぁ…)

ナツ

ただし、取っ手を使っての持ち運びはできません。

組み立てをする

それでは、組み立てをしていきましょう。

本体(白と青の部分)と容器(赤の部分)は、取っ手を持ち上げるだけで分離します。

青の本体を持ち上げます。

手前を引き…

脱臭フィルターのシールをはがします。

ストンと置くだけで取り付け完了。

カバーを戻します。

次に生ごみを入れる容器です。

こちらが水切りの容器です。

三角コーナーみたいに使用します。

とよクマ

この白い容器に生ごみをためるんだね!

水が下に落ちる設計です。

先ほどの水切りネットを装着します。

赤の外容器に入れて、使用します。

とよクマ

実際には、ここに生ごみを入れて乾燥させます!

パリパリキューブライトアルファは市の助成金が使える

生ごみ処理機は、それなりのお値段なので、購入をためらいがちですが……

実は、ほとんどの市町村で補助金が出ます!

とよクマ

おトクに生ごみ処理機を買っちゃいましょう!

具体的な補助金額(さいたま市の例)

さいたま市の生ごみ処理の補助金をみてみましょう。

購入価格の2分の1で、生ごみ処理容器1基につき4,000円、電気式生ごみ処理機1基につき20,000円を限度とします(促進剤や菌床などは補助の対象外です)。
補助金額に100円未満の端数が生じた場合は、切捨てです。

さいたま市/団体資源回収運動補助金・生ごみ処理容器等購入費補助金

とよクマ

つまりMAX2万円、購入金額の半額まで補助するよってことですね!
パリパリキューブライトアルファの例で考えてみましょう!

ナツ

パリパリキューブライトアルファの実勢価格は、約2万円です。

約半額の1万円が割引されることになります。

とよクマ

ポイントがたまることを考えると、更にオトク感があるね!
  • 本体2万円
  • ポイント1%で200円
  • とよクマは楽天ポイント15倍になる
  • 200×15=3000

つまり、本体20000-補助金10000-ポイント3000=実質7000円

とよクマ

7000円はオトクだ!
せっかく買うのなら、かしこく購入したいね!

ナツ

注意
ポイントの「使用」には十分に注意をしてください。(各市町村へ確認しましょう!)

とよクマ

ポイント分は、割引されたあつかいになっちゃうかもしれません。

パリパリキューブライトアルファ(PCL-33)とパリパリキューブライト(PCL-31)の違い

ひとつ気を付けてもらいたいのが、パリパリキューブは2つの種類があります。

  • PCL-33(ライトアルファ)
  • PCL-31(ライト)

違いは、PCL-33(ライトアルファ)には、節電モード&予約機能が付きます。

とよクマ

ここだけの違いです!

実売価格は3千円ぐらいの違いです。

乾燥させた生ごみは有機肥料に使える!(元肥がおススメ)

グリーンアドバイザーとハンギングバスケットマスターの資格を持つ、ぼくよクマが生ごみの肥料について解説します。

まず、乾燥させた生ごみは、問題なく有機肥料として使用できます。

ただし、必ずしっかりと乾燥させた状態で使用しましょう。

とよクマ

乾燥が甘いと、土の中で腐敗してしまい、逆効果になってしまいます。

追肥(追加で与える肥料)より、元肥(土に混ぜる肥料)がおススメです。

細かくくだき、土にしっかりとまぜて使用しましょう。

注意
粉になるまでは細かくすると逆効果です!

水はけが悪くなるのは、植物にとって良い環境とは言えません。

おススメは花物より家庭菜園(野菜)での使用です。

花物には、化学肥料が適しているケースが多いです。

とよクマ

じわじわと細く長く効く有機肥料より
短期間でガツンと効く化学肥料の方が相性がいいです!

ナツ

また、有機肥料の弱点に害虫を寄せ付けてしまうデメリットがあります。

害虫には十分な注意が必要です。

パリパリキューブライトアルファまとめ

実際に生ごみ処理機を使って感じたのは、

  • 生ごみがおどろくほど減った
  • ニオイが出ないこと

この2点は、ものすごく効果を実感しています。

これでオムツが無くなれば、燃えるゴミは週1回に減らせるかもしれません。 オムツがあっても減らせました!

とよクマ

ゴミ出しは1回で10分、年間だと480分(6時間)にもなっちゃいますね!

また、実勢価格は約2万円ですが、補助金やポイントを利用することで、約7千円で購入可能です。

とよクマ

楽天のポイントが多い日を狙うのが、おススメです。

ランニングコストは、1回あたり最大38円です。

少し割高かな? とも思いますが、

  • 市指定ゴミ袋の削減
  • 年間480分(6時間)の節約
  • 有機肥料になる

と、見えにくい部分ではありますが、実は大きな節約効果につながります。

最後になりますが、家族全員でエコ(循環型社会じゅんかんがたしゃかい)を考える、良いきっかけにもなるかと思います。

ごみを有機肥料に変え、野菜を作り、また自分の口の中に入る。

子育てにも最高の逸品ではないでしょうか。

この記事が、生ごみ処理機の購入に、少しでもお役に立てればうれしく思います。