人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

【WEB内覧会】梁出し天井で30cm高さアップ!【構造用木材】解放感のあるリビング

どうも、お久しぶりです。

前回のWEB内覧会から、1週間が経過してしまいました。

この間、風邪なのですが38.5度の熱にうなされていました。

当然、キーボードで文章を打てるわけもなく……

おとなしく布団の中で、プライムリーディング寝ていました。

余談ですが、古事記のマンガが、ものすげー面白かったです。

以前、地鎮祭の記事を書きました。

地鎮祭の写真 地鎮祭とは【必要?】費用、服装、挨拶、参加者、お供え物を徹底解剖

古事記を読んで、より一層、地鎮祭をやって良かったなと思えました。

さて、話を戻しますが、1週間の体調不良ですが……

原因は、家づくりで気力を出し尽くしたからに他なりません。

やはり、少しの余裕を残しておくのが大人のたしなみですね。

今回の体験を踏まえ、家づくり後の体調の整え方についても、後日記事を書きたいと思います。

家づくり中は、気を張っているので体調はくずれませんが、すべて終わった後が一番怖いところ。

これから家を建てる方は、気力の出し切りには十分に注意してください。

そんなことで、本題に行ってみましょう!

梁出し天井で30cm高さアップ!

今日は、わが家のWEB内覧会にお越しいただき、ありがとうございます!

今回は、わが家のリビングの天井について、レポートしたいと思います。

それでは、どうぞごゆっくりと、WEB内覧会をお楽しみください。

わが家の天井は、標準より約30cm高い2750mmです。

写真を見ると、奥のキッチンやテレビボード側の天井と、リビングの天井の高さが違うかと思います。

キッチン側が通常の2450mmです。

キッチンを境に、ダイニングとリビングの天井が2750mmの高さです。

30cm違うと、かなり解放感があります。

LDKに段差を作ったことで、空間のメリハリもできました。

梁は構造用木材

梁は見せ梁ではなく、構造用の木材をそのまま見せています。

構造をそのまま見せたことで、梁がT字になっています。

〒のマークですね(笑)

実は、T字の梁と一文字の梁は木材の種類が違います。

T字の梁は、合板です。

アップで見ると、板が重なっているのがわかりますね。

T字の接続部分です。

実は、合板の方が強度があるようです。

もうひとつの梁は、米松です。

手に入りやすい木材ですね。

写真はキレイな部分です。

構造用なので、節なども大きく、意匠性には欠ける部分があります。

ですが僕としては、それもまた天然の木らしくて良いと思っています。

照明も、梁があるので難儀しました。

逆に考えれば、梁にそって設置すれば間違いありません。

照明を中心に考えるのではなく、梁を中心に考えればいいんだと思うようになってから、一気に照明が決まりました。

工事中の写真

T字の合板梁の写真です。

写真で見ると、かなりの太さがありますね。

部屋(天井)に出ているのは、下半分です。

別の角度から見た写真です。

奥には一文字の米松も見えますね。

こちらが米松の写真です。

思いっきり、部品の番号が印字されていたので、大工さんにヤスリをかけてもらいました。

とよクマ

ハの3みたいな印字です!

大工さんには、色々と我がままを聞いていただき、本当に感謝しています。

塗装はあえて無塗装に

せっかくの梁なので、塗装しようかな……

と思いましたが、あえて無塗装にしておきました。

その時のやりとりは、コチラ

https://twitter.com/toyo_kuma/status/1179288659356463104

元現場監督で木工職人のなおっぺさんから、色々と教えていただきました。

参考 元現場監督の木工職人がお悩み解決家つくり DIYブログ

とよクマ

なおっぺさんは現在、家づくり中!
WEB内覧会もありますので、ぜひご覧ください! DIYがとにかくスゴイ!

ナツ

結局のところ、塗装の有無で将来的な梁の割れは防げないのであれば、木の感覚を自然のまま楽しみたいと思いました。

床は無垢に出来なかったので、せめて天井ぐらいは無垢に……

なんて、すこし頭をよぎったりしました(笑)

余談ですが、梁は割れても構造上は問題ありません。

梁出し天井になったいきさつ

設計段階では、折り上げ天井の見せ梁を使う予定でした。

設計の時点では、何cm天井が上がるのか正確にわからなかったので、とりあえず折り上げ天井+見せ梁を入れておいて……

その後、現場で現場監督と相談しながら詳細を決めることにしました。

現場監督と話をする頃には、全体的な構造も出来上がっているので、図面を見ながら詳細の話ができます。

ラッキーなことに、平屋ということもあり、そこそこ天井が上げられそうな構造でした。

せっかくなのでお言葉に甘え、天井を上げられるだけ、上げてもらうことにしました。

折り上げ天井の折り上げ部分がないのは、大工さん的に天井全体をあげたほうが、この家の構造的に施工がしやすいようです。

この点もまた、ラッキーでした。

とよクマ

わざわざ、ふかし壁のようにして天井を凹凸させるより、天井そのものの高さを上げたほうが、作業効率が良いようです。
いずれにせよ、通常の天井高よりは、かなり手間がかかる大変な作業なので、大工さんには本当に感謝ですね!

ナツ

梁出し天井で30cm高さアップ!まとめ

わが家の平屋かつ、広めの切妻屋根のカタチが功を奏し、また現場監督や大工さんの多大なるご理解もあり、リビングの天井は思い望んだ最高のカタチとなりました。

とよクマ

そういえば、一番はじめの段階では、梁出し天井が希望だったことを思い出しました!

ここで一番大事なことを書きますが、ぼくと同じ梁出し天井+天井上げができる確率は、それほど高くはないと思います。

たぶんですが、勾配天井にしていた間取りをキャンセルしたので、屋根裏の空間が余っていたのでしょう。

県民共済住宅見積りの建築費削減の詳細

そもそも、設計段階で梁出し天井はオプションとして組み入れられません。

すべては現場監督と大工さん次第なので、現場監督に最初の打ち合わせの時にダメもとで聞いてみましょう。

2階建ての場合は、たぶんですがNOになると思います。

仮にYESであったとしても、2階建ての1階の天井上げは、あまりおススメしません。

1階と2階の間が狭く(薄く)なると、声や足音が上下でかなり響きます。

また、天井が広くなるのは空間が広くなりますが、広くなった分エアコンなどの空調の効率は悪くなります。

勾配や吹き抜けほどの大きな空間ではないので、微細な変化かもしれませんが、注意が必要です。

余談になりますが、いずれハンモックでも掛けられたらいいなと思っています。

本当は、予算があれば、勾配天井にしたかったんですよねえ……

県民共済住宅の勾配天井は、とってもリーズナブルなオプション価格で実現できるので、イチオシといっていいぐらいおススメです。

ぼくの体感にはなりますが、たぶん床暖房なしの標準断熱でも、現代の建築技術であれば……

それほど寒さと暑さに悩まされることは、ないと思います。

もちろん、高性能エアコンは大前提ですが。

さて、今回はLDKのLDの天井についてレポートしました。

今日はわが家にお越しくださり、ありがとうございます!

よかったらまた、他のお部屋(WEB内覧会)にお越しください。

【WEB内覧会】まとめページ【県民共済住宅平屋の家】まずはコチラからどうぞ!