WEB内覧会はじめました!

【水まわり】入居後1週間でチェックしたいポイント【絶対やっておこう!】

入居後1週間、まだまだ自分の家とは思えず、どこかに泊まりに来たような感覚です。

荷物も、まだまだ片付きません。

新しい家電や設備の使い方もままならず……

楽しいですが、なかなか大変な日々を過ごしています。

さて、入居後1週間は、心身ともにあわただしい毎日かと思いますが……

確認してもらいたいことがあります。

結論から書くと、床下点検口(必須!)と天井点検口(できれば)は確認しておきましょう。

床下点検口の確認

多くの場合、洗面所のお風呂の扉の前にある床下点検口。

ここは必ず確認しておきましょう。

入居後1週間ですが、特に水がたまったり湿ったりしていません。

この場合は、特に問題はありません。

中に入るのはしんどいので、懐中電灯などで照らしながら目視で確認します。

床下点検口を必ず確認したい理由は、通水は実際に住んでからでないと、不具合が判明しづらいからです。

特に排水にモレなどがあると、基礎がプールのように水浸しとなります。

あまり多いケースではありませんが、お風呂の排水管に不具合があり、床下点検口を開けてみたら、なみなみとした水が……

なんて事例もあったりします。

今の基礎は水の逃げ場がありません。

少し前の時代の基礎は、焼き肉の網目のような、アレがついていますね。

とよクマ

床下換気口といいます!

今の基礎は換気口がなく、パッキン工法なので、一度基礎に水がたまってしまうと、大変な状況になってしまいます。

入居後に1週間程度使ってみたら、一度床下点検口を開けて、給排水にモレなど不具合がないかを必ず確認しましょう。

天井点検口の確認

時期にもよりますが、明らかにおかしいような結露や、ついでに断熱材の敷きつめを確認しておきましょう。

なかなかアーティスティックに敷きつめられていますが、密閉はされているので、特に問題は無いと思います。

とよクマ

カットするより、横に入れちゃった方が、作業的に負担が少ないのでしょうね(汗)

向かって右側の盛り上がっている部分は、下がダウンライトになっているのだと思います。

屋根裏は基本的に、しっかりと風が流れていればOKです。

さて、我が家では、小屋裏収納の壁に横型の点検口が付いています。

この点検口の扉に貼り付けた断熱材が薄く、さらにドアの密閉性が甘いタイプなので、屋根裏の気流がかなり小屋裏収納に入ってきます。

とよクマ

11月下旬現在だと、冷たい風ですね。

気密性が甘いのは、点検口の四方のスキマが密閉されていないのが原因です。

解決の方法としては、断熱材をカットして点検口にスキマなく詰め込むしかないですね。

他の2か所は天井の点検口なので、点検口の真上に断熱材があるのですが、横だけはそうはいきません。

ちなみに、点検口の真上に断熱材があれば、十分な密閉効果になると思います。

入居後1週間でチェックしたいポイントまとめ

このように、普段は見ない場所を確認すると、色々と「どうしようかな?」と思う部分が出てきますので、一度チェックをしておくのが良いと思います。

天井点検口に関しては、引き渡しの前に現場監督に開けてもらい、双方でチェックするのがおススメです。

普段は見ないであろう部分を、引渡し前にチェックしておくのは良いことだと思います。

ぼくは建築中、毎日現場に通い、ありがたいことにSNSのつながりで専門家に相談できる環境でした。

とよクマ

施工中に疑問に思った部分を、質問することができました!

なかなか現場に足を運べないよ!

という方には、ホームインスペクションがおススメです。

引渡し前に、プロの目で細部までチェックしてもらえると安心だと思います。

30年以上は住むであろう、愛する我が家です。

不備があれば、初期の段階で見つけ、すぐに補修することで被害は最小限にくい止められます。

まずは最初の1週間、水まわりのチェックだけは、必ず確認しておきましょう!