WEB内覧会はじめました!

【入居後1週間】やってよかったランキング10選【満足・お気に入り】

引き渡しを終え、新しい家に入居して1週間がたちました。

今回は1週間で感じた、

「やってよかったこと、満足していること、我が家のお気に入り」

を、ランキング形式でレポートしたいと思います。

ぼくの独断と偏見にはなりますが、いちユーザーの素直な感想が、これから家づくりをされる方の参考になれば、うれしく思います。

10位:カップボードの上段を別利用

カップボードの上部は圧迫感も感じるので、無しにしようかな?

と思ったのですが、お値段は2万円ぐらいしか変わりません。

2万円であれば、何かに活用したいな!

と思い、スタディスペースの上部がちょうど同じ長さだったので、配置してみました。

実は、スタディスペースのテーブルと長さを合わせたのではなく、たまたまた長さが同じだったのです。

とよクマ

1.5畳、2700mmの長さです!

まさにシンデレラサイズ!

一番手前側は、無線LANのルーター置き場にもなっています。

棚の利用方法としては、主に資料置き場です。

生きていると、資料ってドンドン増えていきますよね。

9位:キッチンボードをトイレと洗面台に貼る

キッチンボードを貼ったおかげで、トイレはおそうじがとても楽です。

トイレクイックルで、サッとひとふき!

男子4人の我が家では、本当にやって良かったです。

たしかトイレ2つでお値段は、4万ぐらい。

タカラの純正品より、安くあげられましたが、選べる色はホワイトのみです。

意匠性(見た目)を気にする場合は、模様や色合いを選べるタカラのトイレパネルがおススメです。

トイレと双璧で活躍しているのが、洗面台の左右のキッチンパネル。

洗面台の左右は、水がよくハネます。

壁紙だと、すぐに汚れが出てしまうと思います。

とよクマ

子育て世帯は特に……

トイレと同じく、キッチンパネルであれば、汚れも水滴もサッとひとふきです。

8位:小屋裏収納

6畳の小屋裏収納ですが、収納として作っておいて正解でした。

先ほどの書類と同じく、生きていればドンドン荷物がたまります。

ランバーのあまり(2m以上の長板)をもらったので、棚を作ってさらに収納力をアップさせようと思います。

大容量の収納がひとつあると、とっても便利です。

余談ですが、我が家の面積の30%は、収納かもしれません。

そのぐらい、収納は大事です。

後悔としては、換気扇をつけ忘れたことです。

7位:LEDの照明数

パナソニック&オーデリックの照明プランは、明るめを希望したこともあり、LEDの灯数は多めでした。

実際にショールームで明るさを目にし、光量を把握しながら、最適だと思われる個数を決めました。

苦労のかいあって、我が家のLED数は少なすぎず多すぎずで、ジャストちょうど良い数です。

現場監督と電気配線図の打ち合わせをしたよ!

数が少ないかな? と思うぐらいでも、ダウンライトは十分に明るいです。

人により、明るさの感じ方には差があると思いますが、我が家の照明プランのLEDの数は、自信をもってちょうど良い数とおススメできるプランです。

パナソニックとオーデリックの照明プランを参考にしつつ、自分なりにアレンジを加えると良いと思います。

ただし、経年劣化=明るさがダウン

するので、やや明るめぐらいが良いのかもしれません。

照明数の削減をすると、あまった照明代がキャッシュバックされるので、おススメです。

6位:キッチンに立ちながら子育てができる間取り

キッチンからは、こんな感じで子どもたちの様子を見守れます。

オープンキッチンにもメリットと同じぐらいデメリットはありますが、我が家はキッチンを中心にリビング、家全体を計画して本当に良かったです。

すぐに宿題の質問に答えられますし、会話が増えます。

デメリットは、後日WEB内覧会あたりでレポートしたいと思います。

5位:窓の数と場所

さりげなく、窓の個数と位置は、ぼくの中で100点満点です。

日中は特にライト(照明)を使わずとも、家中の窓からの天然光で十分な光量です。

とよクマ

作業をする時は、さすがに照明が必要です!

また、深い軒がどうなるか心配でしたが、今のところは特に不便は感じません。

とよクマ

ただ、現在11月下旬で太陽の角度が低い理由もあるかと思います。

洗面所、トイレ、ファミリークローゼット、廊下……

家中で、どこも暗さを感じる場所はありません。

今思い出してみれば、間取りを決める中で、窓の位置は最後まで悩んだ部分でした。

窓のサイズと位置は、注文住宅のプランではコンセントと同列で、もっとも失敗の多い部分です。

日中でも電気を付けないと、真っ暗!

なんて、よくあることです。

間取り図98%完成 – 第12案

我が家の間取りの中で、窓の位置と数は自信をもっておススメできる事例です。

何度も何度も、日の入り方を頭の中でシミュレーション(妄想)してみてください!

3位:乾太くん(ガス乾燥機)

同率3位は、乾太くんとミーレです。

乾太くんは、思った以上に超絶便利です。

寝る前に洗濯物を入れておけば、朝には乾いている夢のような家事楽生活です。

乾太くんの便利さは、皆さんご存知で、もはや語るまでも無いかと思いますので、唯一のデメリットをレポートしたいと思います。

外からの乾太くんの排気口ですが、「シュコーーー」っと、空気の音がします。

ダース・ベ〇ダーみたいな、あの音です。

市街化区域の密集した地域では、もしかしたらちょっと気になる音かもしれません。

3位:ミーレ(食洗器)

同率3位の双璧、ミーレです。

我が家は5人家族。

ミーレにしてよかった……

洗浄力、洗浄容量、何をとっても問題ひとつありません。

最初、洗剤の梱包を一生懸命開けていましたが、実は開けちゃダメなんですね。

!?

ナツ

乾太くんとミーレのレポートは、改めてまた後日、詳しくレポートしたいと思います。

とよクマ

純正品は高級品なので、我が家ではフィニッシュシリーズを使っています!
1回2個で、キレイに仕上がります♪

ナツ

2位:回遊性(家事動線)

妻に聞いたら、開口一番、

「家事動線が良い!」

でしたので、ランキングを高めにしています。

短ければイイ!

というわけではありませんので、回遊性も考えつつ設計しました。

すれ違いで、数秒待つイライラがありません。

洗面所かファミリークローゼットで、誰かが作業をしていたら、その反対側を通行するのでジャマになりません。

難しく設計しなくても、純粋に家事のための歩数が少ないのは、大きな家事楽ポイントになる思います。

ちなみに、家の中の移動距離のほとんどは、家事のための移動になると思います。

さて、間取り作りはむずしいもので、プロに頼めば理想のカタチになるとはかぎりません。

自分の理想をカタチにする答えは、自分の心の中にあるのです。

自分の理想をカタチにしていくには、

色々な間取りプランを無料で取り寄せ研究する  のが、一番の近道だと思います。

とよクマ

せっかく無料なので、ぜひ使ってみてください!

1位:平屋づくり

2位は妻の開口1番でしたが、1位はぼくがこの記事を書くにあたって一番初めに思いついた、ナンバー1!

「平屋づくり」

です。

実際に平屋に住んでみて感じたのは、

  • 熱効率が良い
  • 子育てに便利

の2点です。

家の中心であるリビングに、ダイキンの上位モデルを投入したのは、かなり正解でした。

1台で、締め切った玄関と独立した洋室1室を除くすべての部屋に、空調がいきわたります。

現在の寝室は、リビングとなりの4.5畳×2部屋ですが、ここまで十分に空調がいきわたります。

LDKとなりが寝室なので、寝かせながら、すぐとなりのキッチンで家事ができます。

小学生の上2人は、親の顔が見えていれば、安心して寝てくれます。

仮に寝かせた後に起きてしまっても、すぐに気づいて布団に戻れます。

全面フラットな平屋は、思った以上に熱効率と子育てに良い環境でした。

さて、平屋づくりで一番大変だったのは、間取りです。

平屋は1階にすべてが集約され、間取り(部屋の配置)の自由度が高いので、逆にプラン作りはとても大変です。

暗くならないように、採光を考えるのも結構大変です。

おススメなのは、まず色々な平屋の事例を研究することです。

平屋の資料を無料で取り寄せ 、良いところを取り入れていくのが良いでしょう。

とよクマ

ぼくも、色々なハウスメーカーの色々な平屋を研究しました!

やってよかったこと10選まとめ

今回は読みやすくランキング形式にしましたが、どれもすべて自信をもっておススメできる内容なので、すべてが1位と言っても良いぐらいです。

家づくりの最中は、正直とっても大変でしたが、悩みに悩んで……

ここまでやり遂げて、本当に良かった!

と、思えたのが、ここ1週間の気持ちの変化です。

この記事が、これから家を建てる方の、少しでもお役に立てればうれしく思います。

ぼくの正解を余すことなく書きましたが、大事なのは自分の正解を探すことです。

参考にしつつも、自分の家の理想のカタチを大切にするのが、満足できる良い家づくりにつながると思います。