WEB内覧会はじめました!

【入居後1週間】後悔しているランキング10選【やっておけばよかった!】

1位から10位まで、下書きしてから冒頭の文章を書いていますが……

今回のランキングは、我ながら…… ちっさいことばかりです。

とよクマさんって、今までブログを読んで細かい性格だと思っていたけど、ここまでだとは……

と思われ、マダムファンが減ってしまわないかが、とても心配です。

ただ、このぐらいしか後悔していることがないほど、やり遂げたんだ!

と、プラスの方向でとらえていただけると、うれしく思います。

それでは、本編いってみましょう!!

10位:子ども部屋のフックかけ

4.5畳×2室の間に笠木を付けてもらいましたが、この笠木を壁に横一文字で付けておけばよかったと思います。

フレキシブルに使うために、あえて一切工夫をせずに、シンプルな作りとしましたが、せめてハンガーをかける場所ぐらいは作っておけばよかったです。

将来的に子ども部屋になる4.5畳は、写真の2室続きの部屋と、独立した1室の計3室があります。

4.5畳2室は、

  • 子どもが小さいうちは家族の寝室
  • 子ども部屋として区切る
  • (子どもが巣立った後は)多目的スペース趣味部屋
  • 夫婦の寝室

と、変化していきます。

いずれのカタチにせよ、モノをかける場所があれば、かなり便利でした。

仕方がないので、間柱と柱を見つけて、DIYするしかありません。

9位:洗面所の暖房

最近知ったのですが、ヒートショック現象は若くても起こるらしいですね。

脱衣所+洗面所は、やはり家の中でも寒い場所です。

家の真北というのも、関係しているかもしれません。

ただ、開き扉を開けておくとリビングからの暖かい風が流れ込むので、思ったほど寒さは感じません。

開けっ放しにしていても、熱が逃げる感じはしませんが、真冬はどう感じるでしょうか……(11月下旬現在)

2,3万で付けられるのなら、今だったら付けたかもしれません。

ただ、コンセント式で今からでも十分に増設できそうなので、ヒートショックが怖くなった頃に導入しても良いかもしれません。

8位:インターホンを玄関先に取り付けしたかった

ケガの功名で、実はワイヤレスがあることを知り、むしろそっちの方が良いじゃないかとなりましたが……

インターホンのワイヤレス化計画【1万5千円でできる!】

でもやっぱり、高性能の有線タイプが良かったです。

県民共済住宅の標準品のインターホン、実は上位モデルなんですよね。

もったいない……

取り外した有線タイプは、倉庫で眠っています。

どうにもできず、冬眠中です。

インターホンの位置は、必ず書面で間違いないか確認してください。

  • 玄関先の外壁取り付け(壁内配線)
  • 外配線(外から電源をとる)

かならず、このどちらかを選びます。選ぶはずです!

7位:お風呂が1坪だとせまかった

県民共済住宅では、お風呂は坪単価に含まれています。

坪あたり32万と考えると、0.5坪で8万アップです。

8万のオプションで1.5坪にランクアップするなんて、必要ないかな?

と思い、1坪タイプにしましたが……

子ども3人と一緒に入ると、さすが狭いですね。

今だったら、1.5坪にしているかもしれません。

一番ネックなのが、洗っている時に扉が開くと、体にぶつかることです。

扉が開くと、洗い場の半分以上が埋まってしまいます。

もし扉を開ける場合は、シャワー側にイスをもって体を移動しなければなりません。

ただメリットもあって、ほっからり床の掃除のスペースは小さくなります。

たぶんですが、妻に「今から選べるとすれば、1.5坪タイプにする?」

ときくと、おそらく「掃除が面倒だから1坪でいい!」

となると思います。

でもぼくは、子ども3人とゆったりお風呂に入りたかったのです。

6位:カーテンの長さの失敗

おわかりいただけただろうか

210cmの長さが必要なのに対して、200cmを買ってしまった罠。

未使用で無印のカーテンなので、メルカリであればそれなりの値段で引き取り手がいそうですが、面倒なのでそのまま使いました。

対処法としては、ロングのカーテンフックを買いました。

ちなみに。200cmの掃き出し窓に付くレースのカーテンは、2090mm(209cm)です。

つまり、210cmのカーテンを選ぶのが正解ということになります。

やっちまいました……

5位:玄関のフローリング

別の記事でもフローリングの特集をしましたが、やはり気になるポイントです。

フローリングの貼り方で気を付けたい事【特に玄関】

フローリングの特性上、いたし方がないのかもしれませんが……

玄関ぐらいは、キレイに仕上げてもらいたかったです。

気になる方は、現場監督にあらかじめ「フローリングの貼り方にこだわりがあるよ!特に玄関はキレイに仕上げてね!」

と、伝えておきましょう。

4位:土間収納の広さ

入居前WEB内覧会用の写真を撮り忘れた、痛恨のミス……

すでに生活感あふれる画像で、スミマセン。

画像からも伝わるかと思いますが、もはや棚がいっぱいです。

この倍ぐらいのスペースがあっても、よかったかもしれません。

引っ越し後の荷物を、何となくバーッと置いているだけなのも理由のひとつですが、使い方に工夫が必要ですね。

今だったら、すぐとなりのコート用収納と合体させて、土間を広めにして使うと思います。

3位:コンセントが足りない!

あれだけシミュレーションしたのに、やっちまった!

注文住宅で多いミス、ぶっちぎりナンバー1のコンセントの位置。

我が家もやってしまいました……

まず、造作棚の下。

ゴミ箱が3つ並んでいますが、今になって生ごみ処理機を置きたくなりました。

造作棚の下は、コンセントを付けるはずだったのですが、妻に削除されました……

ほら!だから必要じゃん!

とか言いたいですが、だまっていた方が家庭円満です。

カップボード周辺には、

コンセントが6口+ガス栓 があります。

……ですが、もう4口ぐらい増やしておけばよかったです。

なんだかんだで、電化製品をよく使います。

電子レンジ、ポット、ご飯がま。

これだけでも、すでに3つ……

起きたい電化製品を、正確に把握するべきでした。

今は充電するものが多いので、充電用にもキッチン近くにコンセントがあると便利です。

トイレにもうひとつ、コンセントを付けておけばよかったです。

先日、実家に仮住まいしていた時に、ハイテクな家電を発見しました。

人感センサー付きのセラミックヒーターです。

トイレに人が入ると、センサーが反応し、自動で温風が出ます。

この温風が、とても温かくて気持ちがいいです。

トイレは寒くなりがちなので、セラミックヒーター用のコンセントは付けておくべきでした。

3位:引き戸はアウトセットにしておけばよかった

そうだよねー……

やっぱり、レールにゴミがたまるよねー……

だが、まだ我が家にコードレス掃除機はない

1カ所だけ構造上の問題で上吊りのアウトセットにしていますが、すべてコレにしておけばよかったです。

ただ、たしかオプションが1.5万~2万必要だった気がします。

単純計算で、8カ所?ぐらい。

オプションのお値段16万……

うーーーーーーん……

予算があれば、絶対に外せないオプションですね。

とりま、ぼくが掃除をがんばります。

2位:基礎のかさ上げ

先日の台風の大雨で、排水処理ができない(そもそも側溝がない)水が、大量に我が家に入り込んでしまいました。

世にいう、忍城(じゃないけど)水攻めの変です。

この一件から、実はこの土地ヤバいんじゃないか?

と、不安になりました。

とはいっても、時すでに遅し。

ハザードマップでは、河川が氾濫した場合2m~5mになります。

さすがに5mまで水位が上がると、手の打ちようがありませんが……

さらなる降水量の大雨が降った場合、この土地は、だいじょうぶなのか?

一応、手厚い火災保険はかけておきましたが、やはり心配です。

【FP監修!】火災保険を真剣に考える【自然災害に備えよう】

今だったら、15cmでもGLを上げておくか、オプション対応で45cmから60cmの基礎高にしたと思います。

できれば、GLを上げておきたいところですね。

わりと真剣に心配していますが、これが1位だとなんだかリアルすぎるので、1位は ほっこりするものにしました。

1位:お掃除ロボットの待機所

これ…… 階段下に作るべきでした。

たぶんですが、オプション料もかからないので、作るべきでした。

階段下の低いところなんて、使い道ないよなぁー

と思っていましたが、お掃除ロボットには最適な場所でしたね。

間違いなく、今だったら付けておくであろう階段下お掃除ロボット置き場。

一応、スタディスペース下にお掃除ロボット用のコンセントを付けておきましたが、やはりベストは階段下のデッドスペースでしょう。

気が付いたのは、建築後半戦。

時すでに遅し、でした。

番外編:ガスコンロが通り道になると危ない件

回遊性にこだわったあまりに、キッチンが通路となった我が家。

大人にとっては、とても使いやすいですが、子どもにとっては結構危ない家になってしまいました。

三男は2歳半前。

3秒目を離すと命の危険がある時期です。

特にフライパンなど、取っ手が飛び出しているものは危ないです。

安全性を重視するのであれば、キッチンは閉鎖的、袋小路の場所に配置するべきだと思います。

ただ、我が家はぼくがニート、ぼくの帰りが早いので、専属で子どもの相手ができます。

ただ、番外編としたのは、それでも回遊性を重視してよかったと思っています。

あえてブログに書いたのは、安全性にはデメリットがあるよ!

ということを、しっかりと伝えたかったからです。

後悔しているランキングまとめ

中にはリアルに心配なこともありましたが、基本的には細かい部分です。

全体的な点数は95点以上、5点減点の部分を述べよ。

なんて問題に答えたイメージです。

最後になりますが、家づくりは何をどうやっても、後悔が残ります。

自分にとって完璧な家づくりは、事実上は不可能です。

読者の皆様も、なるべく失敗しないようにの一心で、ブログを読んでいただいていると思います。

ですが、失敗したこと、至らなかったことを楽しむのも家づくりです。

あの時の自分の精一杯の努力を、なつかしく振り返る。

あの時詰め込んだ、希望と理想は否定しちゃいけないのです。

後悔ができる!なんて部分も、注文住宅ならでは。

あなたの家のあなたにしか感じられない、貴重な心情なのです。

それでも、できるだけ失敗を避けたいと思うのが人情というもの。

失敗をなるべく避けるには、

注文住宅のカタログを無料で取り寄せ 、勉強するのが良いと思います。

とよクマ

各社が生き残りをかけて企画している、本気の家プランが満載です!
本や雑誌を買うより、参考になるかもしれません!

ナツ