WEB内覧会はじめました!

雨どいの場所について真剣に考える

たかが雨どい、されど雨どい……

とは言いますが、平屋の我が家にとって、雨どいの位置は結構重要です。

外構にも直接関係してきますので、どこでもいいよ!とは言えません。

ある日の朝、現場に行ってみると、雨どいの取り付けが始まろうとしていました。

余談ですが、現場に行ったときは職人さんがどんなに忙しそうでも、話しかけるのがおススメです。

あいさつから世間話がてら、どんな工事をどんな手順で施工するのか、話が聞けます。

いつものように職人さんに話しかけると、

「雨どいの位置は、どうしましょうか?」

と、相談を受けました。

「施主さんにお会いできれば、聞くようにしています。」

とのこと。

つまり、会えなければ聞いてもらえないということになります……

ちなみに、雨どいに関しては、現場監督との打ち合わせは特にないので、基本的には業者さん任せとなります。

ぼくのように、「外構のからみもあるので、雨どいの位置は指定したい!」

なんて場合は、あらかじめ間取り図に書き込み、現場監督に渡しておくと良いでしょう。

実は職人さんが聞いてくれるまで、「雨どいの位置を、どこにしようか」なんて、考えてもみませんでした。

完全に抜け落ちていましたね……

なにはともあれ、細かく現場に通っているおかげで、細かく雨どいの位置を指定することができました。

まず、正面は2か所です。

1カ所は柱にそって取り付けてもらいました。

当初の予定では、ここに取り付けられる予定でした。

ウッドデッキや外電源、水栓も付く予定なので、この場所に雨どいが来ては不便でした。

また、庭になる予定なので、雨になるたびに庭に雨水が流れ込むことになります。

我が家は平屋で、なおかつ屋根の面積が大きいので、雨の量はかなり多いです。

正面のもう1カ所は、裏側に取り付けてもらいました。

正面から見えないように配慮しました。

また、裏側なので、水がどれだけ流れても問題ありません。

おまかせの場合、先ほどの写真の逆側に雨どいが付いていました。

ここは、ポストやインターフォンなどが取り付けられる予定です。

雨どいと相性が良いとは言えません。

ポストの中を見る時に、周辺が水気でグチャグチャしているのは、ちょっと避けたいところです。

せっかくの軒下で、少しの雨であれば濡れない場所ですので、上手く活用したいです。

裏側です。

当初の予定では、雨どいは裏口通路側に取り付けられていました。

裏口は頻繁に出入りする予定なので、ここに雨どいがあると、何度も体にぶつかっていたでしょう。

しばらく自転車は裏口に置くつもりなので、通路を広くとっておきたかったのです。

見た目としては裏側に取り付けたほうが良いのですが、我が家は利便性重視。

職人さんは利便性より、基本的には見た目で判断しているようです。

道路から見て、正面から見て……見栄えの良い場所はどこか、という感じです。

そもそも利便性は施主しかわからない部分ですので、考えようがない話です。

最後になりますが、「雨どいをどこに付けるか」の打ち合わせは特にありません。

職人さんのお話しとして、

「後から使いづらいということで、付け直しになることも珍しくない。できれば施主さんとこうして打ち合わせができると安心。」

と、つぶやいていました。

間取り図に直接書き込み、現場監督を通じ指示をするのも一手ですが、専門の職人さんの話を聞きながら決めたほうが良いです。

打ち合わせ時に、細かい部分で、さすがだなと思った部分は多々ありました。

できれば時間を合わせて、現場で直接打ち合わせをするのがおススメです。

ぼくは職人さんと一緒に足場を歩き回りながら、細かく打ち合わせをしました。

立ち会えない場合は、あらかじめ現場監督と相談しておくのが良いでしょう。

ステキな位置に、雨どいが付けられると良いですね!