Instagramで建築工事ライブ中!

インターホンのワイヤレス化計画【1万5千円でできる!】

先日、我が家にインターホンが設置されました。

とよクマ

え…玄関ドアのすぐ横に付くんじゃないの!?

昭和生まれの、とよクマ的には……

インターホン=ドアのすぐ隣り(玄関先)

のイメージでしたが、最近は門柱への取り付けがスタンダードみたいです。

そういえば、ほとんどの家が門柱にインターホンを取り付けています。

つまりこの状況は…

「設置工事はしておくから、取り付け工事は外構業者さんお願いねっ!」

ということですね。

我が家は予算カツカツですし、駐車場は直接土建屋さんに依頼することになっています。

外構計画【GLを上げる!】大雨の教訓

門柱となると、外構業者に依頼することになるので、大幅な追加費用となってしまいます。

自分でPF管を埋め込むのも面倒ですし、埋設するので将来的な管の劣化も気になります。

電気工事の打ち合わせで位置を確認!
電気配線や照明の打ち合わせ時に、インターホンの取り付け位置を確認するそうです。契約時の選定用紙のように記録には残らないので、念入りに確認しましょう。ちなみに、とよクマ&妻の記憶にはありません。

そこで、どうにか解決法を考えることにしました。

結論から書くと、VL-MWD505のインターホン親機であれば、VL-VD561-Nという無線インターホンが使用可能です。

え?無線のインターホンがあるって本当ですか?

Twitterのコメントで、とても有力な情報を教えてもらいました。

この場を借りて、改めて教えていただきありがとうございます。

正直、無線の存在は知りませんでした。

よく考えてみれば今の時代、無線タイプのインターホンが無いわけがない。

どうして気が付かなかったのでしょう。

固定概念とは怖いものです。

まずは、現在取り付けられているインターフォンの型番を調べてみました。

VL-MWD505とインターホンの親機に記載されていました。

さらに、外にあるインターホンはVL-V574でした。

まずは。VL-MWD505の説明書を読みこむことから始めました。

VL-MWD505では無線インターホンの使用が可能らしい

VL-MWD505の取り扱い説明書の中に、無線タイプのインターホンの使用が可能と書かれていました。

すべての無線インターホンに対応しているわけではなく、VL-VD561L-Nのみ限定の対応です。

単三電池6本で、半年~24ヶ月周期で交換となります。

ここまで期間に開きがあるのは、モードにより電池の消費量が変化します。

セーブモードで使えば、24ヶ月まで電池がもつ状況を見込んでいるようです。

とよクマ

セーブモードは、インターホンが押されるとカメラが使用可能となります。
通常モードは、いつでも親機でカメラの映像を写せます。

ナツ

無線の接続は、直接親機であるVL-MWD505と通信します。

Wi-Fiを介しての接続ではありません。

いわゆる電話の子機と同じ電波の仕組みですので、親機から子機に電波が届く範囲内であれば、問題なく使用ができるようです。

VL-VD561L-N単体での使用も可能

無線タイプであるVL-VD561L-Nは増設用として、2番のインターホンとして本体に登録(認識)します。

ここで気になるのは、

「1番の有線タイプが無いと、2番は作動しないのか?」

ですが、特に問題なく2番の無線タイプのみでも動作するようです。

1万5千円弱で無線インターホンが可能に

今までの情報をまとめると、親機であるVL-MWD505は無線インターホンに対応しているので、VL-VD561L-Nのみを購入すればよいことになります。

現在の価格を楽天で検索すると、約¥14,000

ぼくの場合は、楽天経済圏で生きているので、ポイントが約3000円分付きます。

差し引きで考えると、実質約1万円で無線インターホンが設置可能になります。

門柱を作る予算があればベストですが、ぼくのように予算に限りがある場合は、無線インターホンを買い、玄関ドア付近に取り付けるのも、ひとつの作戦だと思います。

とよクマ

もちろん、防水性もバッチリあります!

無線インターホンのかんたんDIY

有線で配線が必要な場合は、インターホンのコードをPF管に通し、PF管を土中に埋設し…

なおかつ、インターホンの配線に対応している門柱を買わなければなりません。

代表的なのは、↓このようなタイプです。

ですが、ワイヤレスであれば何に取り付けてもOKです。

枕木であれば一般的なタイプでOKなので、配線型より安く買えます。

枕木1本を立てるだけで、ポストとインターホンが手軽に設置できます。

有線の場合のDIYコストと比較、手間も考えると、かなりおトクです。

門柱をまともに外構業者に依頼すると、相当な金額になるので、DIYがおススメです。

また、VL-VD561L-Nのネジの長さは25mmなので、ほとんどの外壁に取り付けも可能です。

外壁に取り付ける場合は、必ずメーカーに問い合わせし、正しく設置しましょう。

事前に申し出れば差額で導入できたかも

インターホン=玄関ドアの隣

と、昭和の発想で止まっていたぼくなので、気が付きませんでしたが……

事前に申し出れば、VL-V574との差額でVL-VD561L-Nが導入できたかもしれません。

いずれにせよ、現場監督はかなり忙しそうですし、実質1万円程度の負担なので、ネットで購入する予定です。

ハウスメーカーで導入すれば、もっと安く導入できるかもしれません。

DIYでも電気工事の資格は必要ない

余談ですが、インターホンの工事は電気工事の資格が必要ないので、今取り付けられている有線も自分で外して問題ありません。

もちろん、無線インターホンであるVL-VD561L-Nも文字通り無線ですので、電気工事の資格は必要ありません。

ネジで取り付けるだけです。

説明書の手順に沿って、Bluetoothのペアリングのような設定をすれば、使用可能になります。

土中にPF管を埋め込むより、かなりお手軽ではないでしょうか。

インターホンのワイヤレス化計画まとめ

有線インターホンであるVL-V574はカメラの性能も良いですし、使わないのはもったいない気がします。

実は高機能モデルだったりします。

VL-VD561L-Nは無線なので、有線と比較するとカメラの画質は落ちますし、電池の交換も必要となります。

我が家のように、インターホンの性能にこだわりが無ければ良いのでしょうが、防犯面などで性能を求める場合は、有線のインターホンを選ぶのがおススメです。

  • カメラの画質や防犯面の機能を選ぶか(有線)
  • 取り付けの費用やお手軽さ、だけど画質を含め機能は落ちる(無線)

自分に合ったタイプで決めればいいと思います。

ただ、無線という選択肢も手軽な金額で出来るんだな。

と、知っていただければと思い、この記事を書きました。

ちなみに我が家は、外構はDIYで予算は常にカツカツなので、無線を選択することにしました。

外構も含めて我が家です。

この記事で、少しでも理想の家に近づけたのであれば、ぼくもうれしく思います。