WEB内覧会はじめました!

アパートの退去日に引渡しが間に合わず途方に暮れている件

たまには、息抜きで記事を書いてみたいと思います。

今まで読者の皆様に、少しでも有益な情報を……と思い、ブログを書いてきましたが、たまには飲み会の二次会のような、くだをまいた話にお付き合いください。

――まあ、息抜きとは言えないほど切羽詰まっている内容がメインですが。

のっけから余談ですが、実はブログ歴は長くてですね。

いわゆるテキストサイトの全盛期から文章は書いておりまして、ある筋の専門誌に掲載されたこともあったりします。

今回は、そんな古き良き時代のテキストサイト時代のブログ、いや……当時はブログなんてなくてHTMLか。

を思い出しながら、好き勝手気ままに、古式なテキストを書いていこうと思います。

ご挨拶が遅れましたが、冷静を装いつつ、ぜんぜん冷静じゃない、どうもとよクマです。

まあ、何はともあれ……

まずは、現在の我が家の状況説明から入りたいと思います。

そう……約2週間前の台風から、何も変化がありません。

例年に比べ、雨の日が多いのが原因です。

なぜ工事が進んでくれないと困るかというと、この先は足場を解体しなければ何も進まない状況です。

  1. 雨ばっかり
  2. 塗装ができない
  3. 足場を解体できない
  4. タイルが貼れない
  5. 浄化槽も設置できない
  6. 外部給排水も工事できない

と、絶望的な連想ゲームの真っただ中におります。

さすがに現場監督に電話して、

「6日後の引き渡し、これって絶対無理じゃないですか? しかもその2日後にはアパートの退去日なんですよ。」

と聞いてみると、

「いやー、言わなきゃと思ってんだけどねー。HAHAHAー!」

とのこと。

こういう感じなんですが、人間のウマって本当に不思議。

「だよねー!HAHAHA-!」

と、明るく受け返しているぼく。

今になって気が付いたけど、よく考えれてみると笑い事じゃない。

そういえば、アパートの退去日について相談した時、

「引き渡し予定日から10日もあれば十分ですよ! そもそも、余裕を持って工期を組んでいますし!」

って、とてつもなく聞いた気がするのです……

そうそう……原因は別にもあって、雨続きで押し寄せた水が、土に染み込みすぎて外部給排水の工事が全くできないらしいです。

業者さんいわく、

「ぐちゃぐちゃすぎて、どうにもなりません」

とのこと。

もう、あれです。

水攻めは忍城だけで十分ですよ。

埼玉県民だからって、別に興奮しませんよっ!!

まあ、それはさておき……

のぼうの城じゃないですが、アパートの開城命令(退去日)は決定事項です。

どうにか延長できないか……

携帯電話を手に取り不動産屋に電話、一縷いちるの望みを託したのです。

プルルルル、ガチャ――

「かくかくしかじかで、アパートを延長できないでしょうかね?」

「あ、もう次の人決まってますんで。」

マジデスカー

のぼうの城でいう、長束正家なみの圧迫感と言い切り感。

彼らにとって新規のお客さんisゴッドだから、致し方ない。

何にせよ、もはや次の城主も決定済み、退去日は変えられないということです。

だが、新居には住めない。

のぼうの城で戦った勇者たちは、こんな理不尽な気持ちから槍を手に取ったのか。

危うくのぼう様のように、

「戦いまする!」

と言いそうになっちゃいましたよ。

さて、面白半分に語ってきましたが、

マジでどうしましょう。

淀川長治さんばりに、ホテル暮らししかないですかね。

いやいや… 家族5人で宿泊したら、おいくら万円になるんですか。

むしろ、2週間も泊まると…… ウン十万円じゃないですか。

でも、よく考えてみると残念なことに、周辺にビジネスホテルが1軒もないド田舎なのであります。

仕方がないので、キャンプでもしましょうかね。

幸い敷地は広いです。

ですが、キャンプをするぐらいなら、給排水の付いてない我が家の方がマシかもしれません。

よく考えてみると、給排水の無い家なんて、おっきなテントみたいなものですね。

または、このブログおなじみのアレか……

このためだけにゲルを買うのは、ちょっと出費としては大きすぎますね。

そして、実家は色々あって近いけど帰りたくない

そもそも、家族5人も泊まれるスペースがないのです。

未だ解決の方法は見つからず……です。

ブログに募金箱でもおいておきましょうか!(無理)

さて、読者の皆様。

当初の引き渡し予定日から、3週間は余裕を持って旧居を借りておくのが良いと思います。

お兄さんとのお約束です。

それか、こんなときのためにテントを買うか!

どちらもないと……

お兄さんのように路頭に迷います!

最後になりますが、現場監督に以下のように伝えました。

「遅れてしまうのは致し方がないです。ただ、丁寧に仕上げてください。突貫工事で後から問題が出るよりは、遅れてでもしっかりと正確に、工事をすすめる方針でお願いします。」

実はこうした工期の遅れ、家づくりではよくあることなんです。

でも、「急がせて作らせて良かった」という話は聞いたことがありません。

ぼくたちも仕事は違えど、急いで心の余裕がなくなれば、ミスが頻発しますよね。

なので、落ち着いて工事をすすめてもらうしかないのです。

もし、ぼくと同じように工期が遅れてしまったら。

後々のことを考えると、寛大になるほうが良いのだと思います。

「工期が遅れても困るし、欠陥でも困る。」

進むも地獄、引くも地獄ですが……

であれば、後ほど問題にならない、工事の正確さを望むほうが良いと思います。