WEB内覧会はじめました!

外構計画【GLを上げる!】大雨の教訓

我が家の土地は、市街化調整区域。

そう――、日本の古き良き原風景が残っている、落ち着いた地域です。

いいかえれば、超絶田舎です。

今回は、そんな田舎特有の悩みです。

GLを上げて雨水の侵入をシャットアウト

先日の台風19号で、排水設備がない我が家の先の道路から、大量の雨水が押し寄せてきました。

ちなみに、自分で側溝敷設しないと家の建築ができないぐらいの地域です。

側溝工事完了!

GLが少し低いだけで、我が家は水攻めの城のようになってしまいました。

のぼうの城は映画だけで十分です。

ちなみに、のぼうの城は埼玉を愛する人は必ず観ておきましょう。

ということで、急きょ、ぼくの頭の中で緊急対策本部が立ち上がり、対応を協議しました。

そして、本日1日かけ、土建屋さんと相談。

GLを上げてコンクリを打ち、雨水が敷地内に入らないように対策することとなりました。

GLとは
グランドラインの略で、地面の高さです。道路をGL+0として計算しています。

GLを上げるには、雨水浸透桝や浄化槽のGLを上げる必要があります。

現場監督に確認してみると、雨水浸透桝や浄化槽の高さを上げるのは、フタの部分で調整するので、問題ないとのこと。

本体の埋める深さを変えるわけではないようです。

案外手軽にGLを調整できるようで安心しました。

GL+100(10cm)あげてコンクリを打てば、簡易的な堤防ていぼうのようになります。

雨水程度であれば、敷地内に侵入を許さなくなります。

10cm以上の水は、たぶんきっと洪水なので、またそれは別の話となります。

勝手口付近はGL+150に設定し、ゆるやかな傾斜で雨を道路側に流す計画です。

市街化調整区域のデメリット

市街化調整区域は、とても魅力的な土地ではありますが、ぼくのケースのようにインフラが整っていない場合もありますので、注意です。

側溝は我が家の自己負担で敷設したほどです。

インフラなのに……

ついでに道路の補修まで強制される始末でした。(側溝を敷設すると道路のGLが下がるから、それは許さないよ!と言うお上の通達。)

ちなみにトップの写真の犬は、台風の翌朝に、何とか生き残ったような瞳で見つめてきたワンコです。

通りすがりのおばさんが、「危ないから、警察に連絡しちゃう?」と言いましたが、かわいそうなので全力で阻止。(保健所行きになっちゃう)

あれだけの台風の中、逃げたのは正解。

でも、早く帰るんだぞ!