WEB内覧会はじめました!

外構計画【三角形の庭】駐車場スペースを考える

そろそろ我が家も外構計画を真剣に立案しなければなりません。

ところで、外構計画ってなんかカッコよくないですか?

Z計画みたいで。

PROJECT Zもとい、PROJECT G(Gaikou)ですね。

三角形の庭は難易度が高い

庭の計画で最も頭を悩ますのが三角形の庭です。

3つの先端が使いづらく、上手く使っても鋭角になるし、使わずとも余る。

整形地にはない悩みです。

三角形の庭を攻略するには、いかに三角形に見せないかがカギとなります。

具体的には、区切りやラインを駆使し、スペースを割り振り、目の錯覚を利用します。

そして、3つの先端は、思いきって切り捨てましょう。

今回は、主役になる駐車スペースを考えていきたいと思います。

庭は駐車場スペースの確保が最優先

我が家は子どもの人数が多いので、将来を考えると車の駐車スペースは多ければ多いほど良いです。

今の時点でも車2台ありますので、来客時を考えると3台分は必要です。

まずは実用的に、駐車場を中心に考えていきます。

駐車場のサイズは、ざっくりと2.5m×5mぐらい必要です。

  • ミニバンなど:2.5m×5m
  • 軽自動車:2m×4m

これで実際に何台置けるか、計測してきました。

鉄板1枚の幅が3mなので、計測しやすいです。

2枚なので6mは、ありますね。

角度が狭まっていくので、こちらから見て奥のスペースは、軽自動車1台のみになりそうです。

我が家の駐車場計画

計測の結果、なんとか4台分確保できそうです。

ミニバン3台と軽自動車1台の計4台です。

左側の縦列(2台)は10mのスペースが確保できそうです。

真ん中の列は、2台の駐車が難しそうなので、畑にしました。

最後の1台は軽自動車用です。

駐車できる車は軽自動車に限定されますが、我が家は1台が軽自動車ですし、義母も軽自動車なので、何だかんだで使えそうです。

曲線をつかいスペースを区切る

三角形を三角形に見せないためには、円弧えんこのラインで区切り目を錯覚させます。

三角形をごまかすのであれば、対極にある円の要素をいれます。

心理的な要素として、三角形はするどい3辺の先端から攻撃的で冷たいイメージになりがちです。

よく言えば、システマティックなイメージですね。

一方で円は、「角が無い」とはよく言ったもので、やさしく包容力のあるイメージで万人から好まれる傾向があります。

以上のことから、器としては三角形ですが、中身を円のデザインにすることで、視点を中身の円に誘います。

円弧を多用することで、器としての庭のカタチ(三角形)を認識できなくする感じですね。

別の言葉で書くと、戦略は戦術に依存する。

たくさんの円のデザインで、円だけに目を引き付け、大枠の三角形を認識させない。

こんな考え方になります。

さて、いい家かげん外構部のはじまりですっ!