WEB内覧会はじめました!

引っかけシーリング(ローゼット)の選び方【小型シーリング、シーリング、ペンダントライト用】

シーリング(ローゼット)は、数多くの種類があります。

一般的なシーリングは角形引掛シーリングですが、せっかくの注文住宅です。

取り付ける照明器具に合ったシーリングを選びましょう。

とよクマ

↑一般的な角形引掛シーリングの参考写真です!

我が家は主に、3つの照明器具を採用しています。

  • 小型シーリング系(アイリスオーヤマ)
  • ペンダントライト
  • シーリングライト

3つのライトに合わせて、適切な引掛シーリングの規格を選んでいきたいと思います。

我が家の選んだ小型シーリングライト、各種照明のレポートも合わせてご一読ください。

新居のために買った照明器具【アイリスオーヤマ小型シーリング】ペンダントライト、シーリングライト

小型シーリング(SCL5D-HL・SCL5N-HL・SCL5L-HL)アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマの小型シーリングライトです。

写真は、SCL5L-HL。電球色のタイプです。

余談ですが、ひとつ前の型であるSCL4L-Eより明るさが25%アップしています。

今選ぶなら、最新型のSCL5L-HLを選びましょう。

取り付け可能な引掛シーリーシングは、全部で6種類。

6種類の中にあるシーリング規格であれば、どれでも取り付けが可能です。

とよクマ

どれでもいいのであれば、一般的な角形引掛シーリングでいいのかな?
決定する前に、説明書に記載されている取付方法を見てみましょう!

ナツ

角形・丸型引掛シーリングの場合、アダプターの装着が必要となります。

また、ガイドシートを取り付けての装着となります。

取り付けの後に、はがすようです。

とよクマ

手間がかかりますね…

ちなみに、角形のアダプターを装着すると、こんな感じです。

とよクマ

逆だったかもしれない…(恥)

こちらは丸型のアダプターです。

アダプターを装着すると、アダプター分の厚みが出しろとなり、22~24mm天井とライトの間が空いてしまいます。

とよクマ

天井からのスキマがあると、ライトの上にホコリが溜まって掃除が大変そう…
なるべくダウンライトのように、天井にピッタリつけて使いたいね!

ナツ

アダプターなしで、そのまま装着するには、

  • 埋め込みローゼット(耳部なし)
  • 埋め込みローゼット(耳部つき)

このどちらかのローゼット(シーリングの規格)を選びましょう。

アダプターなしで装着すると、かなりスッキリと取り付けができます。

ちなみに、埋め込みローゼットであればアダプターなしで装着できるかの可否は、メーカーに確認済みです。

埋め込みローゼット分の出しろが10~14mmだけ空きますが、10mmぐらいのスキマであればホコリもそれほど溜まらないでしょう。

このまま装着できるようであれば、とっても手軽です。

先ほどのシートなどで場所合わせも必要ありません。

引掛けに直接金具を合わせ、回すだけで装着できます。

とよクマ

出しろも少なくなるし、取り付けも簡単になりますね!

追記:丸型フル引掛シーリングに変更になる

今の工程で埋め込みローゼットの取り付けは、事実上不可能となり、丸型フル引掛けシーリングに変更となりました。

一般的な丸型シーリングです。

直径は約6cmなので、ペンダントライトのカバーも入ると思います。

何にでも使える汎用的な、シーリングです。

埋め込みローゼットは文字通り、アウトレットボックスを天井に埋め込む必要があります。

経緯としては、このアウトレットボックスが後からでは、事実上施工できませんでした。

こんな感じのボックスです。

ダウンライトのように天井に埋め込むので、名前にも「埋め込み」が付いているのです。

アウトレットボックスを付けるには、電気配線の計画時に依頼しなければなりません。

また、一般的な木造住宅には、取り付けはしないようです。(主に集合住宅?未確認です。)

埋め込みローゼットの施工依頼をした時に、現場監督さんも電気屋さんも取り付けの経験がないようで、首をかしげていました。

もしかしたら、電気配線時の打ち合わせで取り付け可能となるかもしれませんが、今まで取り付けした人はいないのだと思います。

いずれにせよ、我が家はアイリスオーヤマの小型シーリングライトは、アダプターを付けての装着となります。

アダプターも丸型は左右に穴があるので、角型シーリングを選んだ方が良いでしょう。

角型であれば、シーリングをすっぽりと埋められますので、見た目も良いです。

これから電気配線を計画される方は、ぼくのように近道しようとして回り道をしない様に、一般的な角型シーリングを選ぶことを推奨します。

ペンダントライト

今回選んだペンダントライトは、天井のフランジカバーのサイズが80mmです。

とよクマ

フランジカバーとは、天井の引掛シーリングを隠すカバーです。

このフランジカバーで、すっぽりとシーリングを隠せるサイズでなければなりません。

角形引掛シーリングのサイズは54mmなので、ペンダントライトのフランジカバーで隠せる計算になります。

そのためペンダントライトの場所は、角形引掛シーリングを選びました。

シーリングライト

シーリングライトは、ごく一般的なタイプを選んでいます。

商品ページを見ると、「ワンタッチで取り付け・取り外しOK」の参考写真が、角形引掛シーリングです。

角形引掛シーリングにアダプタを取り付け、その後本体を取り付けています。

写真どおりであれば、角形引掛シーリングを選んでおけば間違いないと考えました。

我が家の引掛けシーリングまとめ

一番汎用的(幅広く何にでも使えそうな)シーリングの規格は、角形引掛シーリングです。

たぶんですが、何も指定しないと角形引掛シーリングになると思われます。(未確認)

とよクマ

アパートや建売住宅では、角形引掛シーリングですね。

ただ、アイリスオーヤマの小型シーリングのように、用途によって適切なシーリング(埋込引掛ローゼット)を選択すると、より見栄えが良くなりますし、装着も簡単になります。

我が家は、アイリスを12カ所も採用しています。

1つずつアダプターを装着し、シートをテープで止めて、装着位置を決めて……の流れは、かなりめんどうです。

せっかくの注文住宅です。

あらかじめシーリング系の電気製品を決めているようであれば、製品に合わせ一番相性の良い引掛けシーリングの規格を選ぶのがおススメです。

ほんの小さなことですが、見栄えも取り付けやすさも、グッと良くなります。