WEB内覧会はじめました!

大工工事完了(造作棚とキッチンボード施工)外壁工事【着工86~90日目】

いよいよ大工工事が終わり、室内は次のフェーズに移ります。

今回は最後の大工工事、造作棚系のレポートです。

合わせて外壁の進歩状況もレポートしています。

着工86日目

外壁の施工がさらに進みました。

裏側は壁一面、ALCパワーボードが貼られました。

キッチン裏、勝手口の軒下です。

いよいよ我が家の軒下が完全体になってきました。

ハウスメーカーによっては、我が家の造りのように外壁の角度(直角部分)が多い場合はオプションになる可能性が高いです。

県民共済住宅の場合は標準なので、賢く利用したいところです。

ひととおり防水加工がされているかもチェックしておきました。

着工87日目

裏側からスタートしたパワーボードの施工も、少しずつ正面の施工が始まりました。

コンバイザーとの相性もバッチリですね。

ホワイトとシルバーは相性が良い(気がする)です。

もう少しコンバイザーの位置が高くてもよかったかもしれません。

全体像です。

まだ瓦とのマッチングが見れませんので、一体感に違和感が無いか心配です。

屋根と外壁はかなり時間をかけて、無難な色合いを選んだのですが、ミスマッチしていないかとても心配です。

着工90日目

スタディスペースが完全体になっていました。

我が家のこだわりどころのひとつで、ウッドワンの天板に、同じ素材の無垢のテーブル脚を選びました。

思ったより太く重厚感がありました。

写真では、なかなか伝わりづらいでしょうか。

ちなみに、1本@4300です。

たしかですが、標準の脚が@3000弱ぐらいだった記憶があります。

わずかながらのオプション料で無垢材に出来るので、かなりおススメです。

脚の間隔は、3人で座れるように、きれいに3等分としました。

2700mm幅のテーブルを、ひとりあたり900mmで使うので、十分なスペースです。

参考までに、ウッドワンの天板は@52000です。

学習机を3個買うと考えれば、それなりにリーズナブルだと思います。

事務所用の本棚と多目的棚が出来上がりました。

左側の多目的棚の天板も、ウッドワンの無垢の天板を使用しています。

ポイント要所要所でウッドワンの無垢板を使用すると、グッと部屋のオシャレ度がアップする(はず…)です。

洗面所の壁背面に取り付けた、アームハングの造作棚です。

ここにタオル系や下着、ドライヤーを置きます。

十分な収納スペースです。

土間収納のアームハングです。

主に靴やキャンプ道具を置く予定です。

奥側のやや広めの造作棚です。

ぼくの趣味道具が置かれる予定です。

マグボードです。

@27000と少し高額でしたが、一目見て思いました。

つけてよかった…と。

この場所の磁石&ホワイトボードは、かなり重宝するでしょう。

我が家のトイレは、キッチンボードを施工しました。

タカラのトイレパネルがありますが、ちょっと高かったので、一般的なキッチンパネルを流用しました。

県民共済住宅の標準品でお願いしたので、普通に少し色の入ったパネルが来るかなと思いきや、真っ白純白なホワイトボードがきました。

壁紙もホワイトなので、こちらの方がマッチしていいですね。

1カ所@27000(を2か所)でしたが、トイレ1個であれば@40000弱ぐらいだと思います。

もう1カ所のトイレです。

座って用を足せばいいのかもしれませんが、子どもはそうもいきません。

ボードであれば汚しても拭くだけでキレイになるので、機能的だと思います。

さらに同じキッチンボードを洗面台の左右にも施工しました。

壁紙が一番痛む部分、汚れる部分なので、ボードの方が機能的です。

ALCパワーボードの施工も進みました。

いよいよ、全体のフォルムが見えてきました。

まだ正面の施工がされていないので、瓦と外壁のマッチングが確認できません。

楽しみと怖さが入り交じった、なんとも言えない気持ちです。

大工工事完了

予定より1日早く、大工工事が完了していました。

最後までとても作業が丁寧で、心から信頼できる、素晴らしい大工さんたちでした。

数多くのお願いも、イヤな顔一つせずに、対応してくださいました。

県民共済住宅では、基本的に大工さんは選べません。

すべては運次第です。

ぼくにとって、超当たりくじを引いたと思えた大工さんたちでした。

いずれ、注文住宅における大工さんとの人間関係の築き方、について記事を書きたいと思います。

あらかじめ知っていれば、もっと円滑にコミュニケーションがとれたな、と思うことがたくさんありました。

県民共済住宅に関わらず、これから注文住宅を建てる施主さんたちには、ぜひ知っておいてほしい内容です。