WEB内覧会はじめました!

ドア木枠、窓枠、造作棚の施工【着工60,65,66日目】

着工60日目でドアの木枠が入り、65,66日目で窓枠と造作棚が完成しました。

間の4日間は我が家の作業は休止。

別現場の仕上げがあるようです。

現場もひとつではなく、色々と重なっているようで、とても大変そうです。

着工60日目

室内ドアすべての木枠が入りました。

我が家の選んだドアはウッドワン製。

ダイケンのハイドアと悩みましたが、木の質感を優先しました。

木枠だけの写真なので、なかなか伝わりづらいかとは思いますが、とても良い質感です。

この木枠を見て、ウッドワンを選んで本当によかったと思いました。

我が家は引き戸が多めです。

老後を考えると、引き戸が使いやすいだろうと考えました。

引き戸は戸車の故障などが心配ですが、それほど多い事例ではないようです。

着工65日目

窓枠が施工されました。

窓の色に合わせてホワイトを選びました。

子どもが小さいので、ホワイト=汚れが不安な部分ではありますが、汚れもまた歴史と思い出。

と、開き直ろうと思っています。

しっかりした木枠でとても気に入っています。

木の太さもあり、高級感を感じます、

着工66日目

テレビボードとなる造作棚です。

指定したウッドワンの板も届いたようで、施工されていました。

色々と制約があり調整が難しかった部分ですが、大工さんが中心となり理想以上の満足した形になりました。

はじめは写真のテレビボードはニッチ部分レベルの奥行で考えていましたが、背後にある本棚の奥行を調整し、テレビボード部分の奥行を増やせることになりました。

設計段階ではテレビは壁掛けしかできない構造でしたが、ここまで奥行が取れれば直置きが可能となります。

本当にありがたい仕上がりです。

裏側の本棚です。

一間いっけん(畳1枚)のスペースですが、十分に本は入ると思います。

本が入ればOKなので、柱からギリギリ25cmの奥行としました。

子どもの絵本、教科書などなど、主に子ども系の本類がここに入る予定です。

冷蔵庫上の造作棚ができていました。

さて、何を置きましょうか…(未計画)

乾太くんの台です。

少しでも使いやすくするために、大工さんの案で写真左の柱をやや奥に移動させてくださいました。

大工さんのこのお気遣いには、大変感謝しております。

おかげさまで、乾太くんをはじめ、脱衣所の使いやすさが格段に上がりました。

カップボードの高さに合わせた、造作棚です。

現在は保護中なので見えませんが、ウッドワンのパイン材を使用しています。

この造作棚の下に、ゴミ箱が3つ入る予定です。

写真左側にカップボードが入る予定です。

早くキッチン一式が入って、造作棚と一列に並ぶシーンが待ち遠しいです。