WEB内覧会はじめました!

宅内配線とガス配管工事!【着工54日目】

断熱材の施工を前にして、急ピッチで電気の配線とガス配管工事がはじまりました。

上棟を終えてから、かなりのスピードで作業がすすみます。

上棟後は、追加や変更などが徐々に厳しくなるので、何かあれば1時間でも早めに問い合わせしましょう。

着工54日目

電気屋さんによって電気配線の工事がはじまりました。

すべての配線が天井から柱をつたわって,電源やスイッチボックスにつなげられます。

我が家は平屋なので、電気の配線の数が1階にすべて集約されます。

もしかしたら、施工も大変なのかもしれません。

あらかじめコンセントの位置を決めていきます。

写真の3つは左から

  • 洗面台
  • 洗面収納内コンセント×2個

できればですが、スイッチやコンセントの取り付け日は同席するのがおススメです。

指定した場所には取り付けられない、急な変更など、その場ですべて対応ができます。

とよクマ

我が家にも取り付け不可で、変更となる箇所が3つぐらいありました。
取り付け高さの変更もあったね!

ナツ

電気配線の次は、断熱材施工の工程に入ります。

吹き付け断熱を選んだ場合、壁際の断熱部分へのコンセントやスイッチの追加は一切できなくなります。

グラスウールでも充填されると、一度はがしての作業になるので避けた方が良いでしょう。

コンセントやスイッチは、取り付け作業時が期限と考えましょう。

ウッドワンの吊り戸の1つのボックスを、Wi-Fi置き場にします。

ちょうど家の中心となる場所で、上手く隠せる場所でもあります。

4.5畳のLANケーブルです。

2部屋はLANケーブルでの有線インターネットが可能です。

小屋裏収納に情報分電盤が入ります。

特に指定しないで依頼すると、CAT5になります。

将来的な技術の発展を考えると、CAT6を入れておくのがおススメです。

情報分電盤を選ばずに、収納の上部や僕のように上吊り食器棚の一カ所をつぶしても良いと思います。

青がLANケーブル、グレーが電気関係の配線です。

スイッチニッチ(インターフォンやガス給湯器)になるので、ニッチの周辺は配線が多いです。

スイッチは突起になるので、廊下などにそのまま設置すると接触する可能性があります。

ニッチに飛び出さないよう設置するのがおススメです。

CAT6のLANケーブル

LANケーブルはノーブランドのものではなく、キチンとメーカー製を使用しているのがうれしいです。

一応ですが確認のため、写真におさめました。

間違いなくCAT6と書いてあります。

日本製線の強み | LANケーブル・ヒューズ メーカー|日本製線株式会社

LANのほかにTVとTELも一緒になっています。

ガス配管工事

時を同じくして、ガス屋さんの工事も並行して進んでいました。

写真は乾太くん用のガス栓です。

となりにアース線付きの電源スイッチを必ず付けましょう。

カップボード上のガス釜用です。

ガス釜のごはんって食べたことありますか?

めっちゃくちゃおいしいですよ!

高火力で一気に仕上げます。

ガスファンヒーター用のガス栓です。

我が家は、26畳のリビングに対し18畳用のエアコンです。

新居のために買った家電【その1】エアコンうるさら7と冷蔵庫HITACHI真空チルド

夏の冷房は23畳までOKなので、断熱効果も視野に入れると十分ですが、暖房は18畳だと力が足りないと考えられます。

一気に温めるガスファンヒーターがあると、とても便利です。

ガスvs電気、県民共済住宅で水道光熱費は、どっちがお得で節約?