WEB内覧会はじめました!

格安照明のススメ【我が家の照明器具決定】

「注文住宅の照明をとにかく安くあげたい!」

「ダウンライトはたくさんあるけど、一番安い種類が知りたい!」

そんな方に向けて、この記事を書きました。

とよクマ

照明まで予算がまわらない…
電気は明るくなればOK!

ナツ

常に予算がカツカツなわが家は、注文住宅(県民共済住宅)で最もリーズナブルな照明を選びました。

  • イニシャルコストが安い(導入費用)
  • 交換コストも考慮

長い年月住み続けるうえで、一番低コストな手段を選びました。

もっともベーシックな照明計画と、照明の節約レシピとして参考になれば幸いです。

照明器具の選定方針

わが家の照明方針は、

とよクマ

明るくなればOK!

と、いたってシンプルに考えました。

暗すぎて不便な生活は問題ですが、普通に暮らせればOKです。

かつては最新技術が織りなす多彩な照明の導入を計画しましたが、最終的にはシンプルな照明にしました。

パナソニックの照明プランが来たよ!
(シンプルにとか言ってるけど、予算がないだけ…)

ナツ

照明器具の選定方針

とよクマ

方針は2つです。
  • リビングなど目立つ場所(来客が見る場所)はダウンライト(赤のしるし)
  • その他は後付けのシーリングライト(緑のしるし)

とよクマ

ダウンライトの使用を極限まで削減し、標準予算のキャッシュバックを狙います。

県民共済住宅の照明予算は、標準で

@1500×建物㎡

わが家は17万円ほどの予算があります。

使わなければお金は戻ってきます!

ナツ

シーリングライトは、一般的に部屋で使うスタンダードな型にくわえ

小さく目立たない小型タイプもあります。

人目につかない部分は、小型タイプで十分です。

将来的にダウンライトの付け替え工事の費用を考慮すると、わが家では小型シーリングのメリットに軍配が上がりました。

ナツ

  • ダウンライト1個交換@1万円(対応年数20年)+イニシャルコスト@5000
  • 小型シーリング@1500(対応年数5年と想定)
小型シーリングの設計寿命
メーカーでは約10年(40,000時間)の長寿命、保証期間3年としています。

コスパ的には小型シーリング8個=ダウンライト2個となりますが、小型シーリングは交換の都度、新商品を使えるメリットがあります。

とよクマ

ダウンライト2個分(約40年換算)と、小型シーリング(8個)は、ほぼ同等のコスパになります!
つまりコスパの観点ではほとんど同じなので、好みで決めてOKです!

ナツ

  • 一気に交換すると費用の負担が大きい
  • 常に最新のライトを使いたい
  • 埋め込みにこだわらない

このような方は、小型シーリングがおススメです。

逆に、埋め込みにこだわりたい場合はダウンライトがおススメです。

見た目のスッキリさは重要です!

ナツ

パナソニックを選定

県民共済住宅では、パナソニックかオーデリックから電気器具を選べます。

パナソニックとオーデリックの比較の図 【住宅照明】パナソニックとオーデリックの比較

わが家はネームバリューからパナソニックを選びました。

また、わが家の唯一のポイントである、スタディスペースの埋め込み型ライトがパナソニックにしかありません。

スタディスペースには妥協したくないので、選択の余地はありませんでした。

わが家の照明器具

改めて見ると、かなり少ないですね。

各部屋もシーリングライト(施主支給)ですし、小型シーリングライトも多用しますので、電気工事が必要な照明はわずかです。

17万の標準内予算から差し引くと、8万ぐらいのキャッシュバックが期待できます。

とよクマ

それでは、個別の器具を解説していきましょう!

玄関ポーチ(LGWC85044AK)

決め手は、カタチが好みでした。

とよクマ

カタログと実物はかなりイメージが違うので、必ずパナソニックのショールームで確認しましょう!

FreePaお出迎え機能が付いているタイプです。

防犯的にもおススメです!

ナツ

後継機はLGWC85044AZです。

一応、後継機を指定しました。

外(LGWC71602 LE1)

センサー付きの軒下ダウンライトです。

一定の範囲内に入ると、自動点灯します。

防犯目的で取り付けました。

とよクマ

閑静な土地のデメリットは防犯です。
人通りが少ない場所だからね…

ナツ

シャッターも付けなかったので、必須のアイテムです。

スタディスペース(LGB50713 LE1)

わが家のメインとも言える、スタディスペースのLEDライトです。

個別にスイッチが付いています。

連結して超ロングLEDライトとしても使えますが、わが家はあえて個別を3個にしました。

とよクマ

2700mmのロングテーブルですが、イメージとしては900mm×3つのテーブルで使用します。

ただし、テーブルの天板から600mm以内に設置する必要があるので、注意しましょう。

スタディスペース・2F・洋室A(LGB73520 LE1)

一般的な埋め込み型のLEDダウンライトです。

調光・調色機能が無い、一番スタンダードなタイプです。

スタディスペースなので、昼白色にしました。

キッチン(LGB73620 LE1)

キッチンの手元を照らすための昼白色の集光型ダウンライトです。

集光型とは、その名のとおり光を1点に集中して部分的に明るくします。

ちなみに一般的なダウンライトは拡散型なので、広く明るく部屋の中を照らします。

とよクマ

キッチンは作業場なので、明るくしたいなと思い集光型を選びました。

ちなみに、集光型のほうが少しお値段が高めです。

LDK(LGB73522 LE1)

LDKのメインダウンライトです。

スタディスペースのダウンライトと同じですが、こちらは電球色です。

本来であれば調光機能が理想ですが、選べないわが家は主に夜のだんらんの時間を中心に考えました。

とよクマ

一番人が集まる時間ですね!

夜のだんらんの時間=落ち着く電球色

となりました。

階段(LGB81703 LE1)

わが家の階段は2階の小屋裏収納に続く道なので、一般的な2階建てに比べて多用しません。

あまり使わない階段なので、一番リーズナブルなライトを選びました。

本来であれば、壁に横付けシーリング(アイリスの小型LED)が理想でしたが、却下されたので致し方なくパナソニックから選択しました。

格安照明のススメまとめ

この他に電気配線やインターネットの整備費用は別なので、電気関係では差し引きで+10万ぐらいのオプションになりそうです。

電気配線図の画像 電気配線図案が現場監督から届いたよ!

オプション無しで仕上げるには、

  • 基本的にシーリングを使用
  • 調光や調色など高機能にこだわらない
  • ネット環境にこだわらない(マルチメディアBOXなど)

この3点を意識すると、標準の範囲内で施工できると思います。

ダウンライトもシーリングライトも同じ1配線なので、ダウンライトを4個並べて…で4配線となるので、すぐに配線工事が追加オプション扱いになってしまいます。

とよクマ

標準は1部屋1配線です!

県民共済住宅では、一般的なシーリングライトもネットの最安値と同じぐらいの価格で導入可能ですが、家電量販店のように独自の保証は付きません。

ライトのグレードによりますが、それほど高くはないので使い捨てでもいいのでしょうが、同じ値段であれば保証を付けたいと考えました。

また、すぐに全部屋は使用しないので、都度購入する予定です。

他にも、取り付けの手間やごみ処理なども想定しましょう!

ナツ

この記事が、少しでもあなたの照明計画の参考になればうれしく思います。