人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

県民共済住宅のグラスウールについて本気で考えてみた

住宅において断熱性能は、とても重要な要素のひとつです。

ついつい目に見えるオプションを優先しがちですが、断熱材はこだわっておきたいポイントです。

とよクマ

家の快適さや住み心地は、断熱材に依存していると言っても良いでしょう。
難しそうだから、簡単にダイジェストで知りたいな!

ナツ

県民共済住宅のグラスウールは、国が定めた省エネ基準をクリアした高性能グラスウールを使用しています。

埼玉県では十分すぎるスペックの断熱材です。

とよクマ

まず初めに、以前書いた断熱材の記事からお読みください。

県民共済住宅の断熱材について真剣に考えてみた

県民共済住宅の断熱材について真剣に考えてみた

わが家のグラスウール断熱材

現場に差し入れに行くとグラスウール(断熱材)が運び込まれていました。

以前にも断熱材のレポートを書きましたが、他の施主さんの施工例からイゾベール・スタンダードを使用すると思っておりました。

わが家に到着したのは、旭ファイバーグラスの断熱材でした。

壁用はアクリアネクストR2.3

壁用はアクリアネクストのR2.3タイプです。

Rとは?
熱抵抗値の略で、数字が大きいほど高性能となります。

断熱等性能等級4、平成28年省エネルギー基準対応の高性能グラスウールです。

とよクマ

少しむずかしい言葉が並んでいますが、かなりハイグレードなグラスウールと考えていただければOKです!

品番を見ると、00111793と書いてありますが、アクリアネクストには無い品番です。

予想にはなりますが、県民共済住宅のOEM(専用商品)だと思います。

近い商品で同じR2.3の幅420mmのタイプがありますので、この商品の幅違いだと思います。(県民共済住宅は395mm)

天井はアクリアマットR4.1

天井材はアクリアマットR4.1です。

00109052は型番にもある商品です。

住宅の省エネルギー基準の地域区分からみた断熱性能の考察

住宅の省エネルギー基準とは、

「高性能な断熱材を施工し、冷暖房などの使用効率をアップさせ、暮らしやすい住まいにしよう。」

という、国が定めた住宅の断熱性能の基準です。

とよクマ

現在のところ、一般的な住宅には義務化されていません。

地域それぞれが区分で分かれていて、埼玉県は4~6に分類されています。

旭ファイバーグラスでは、省エネ基準をクリアするための対応製品が紹介されています。

断熱材に関しては、4~6まで違いはありませんね。

とよクマ

4と5~7までの地域は、些細な違いなのでしょう。

さて、県民共済住宅の断熱材のR値を振り返ってみましょう。

  • 壁のR値:2.3
  • 天井のR値:4.1

この数値と省エネ基準のリストを見比べてみると、基準をクリアしていることがわかります。

個人的な意見にはなりますが、グラスウールは施工の技術が問われるデメリットはありますが、埼玉県内で高性能グラスウールを使用すれば十分な性能が期待できると思います。

とよクマ

標準の断熱材で十分な断熱性能が期待できそうです。
できれば自分の目でも断熱材の施工はチェックしましょう!

ナツ

EIマーク付きのグラスウール断熱材

優良断熱材認証制度 (EI=Excellent Insulation )の略です。

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会では、優良な断熱材を認証し、「優良断熱材認証マーク(EI)」を表示する制度を運用しています。

県民共済住宅で採用しているグラスウールは、天井と壁双方にEIマークがついています。

とよクマ

つまり自社ではなく、第3者が数値を計測しています!
信頼できるスペックということですね!

ナツ

数あるグラスウール断熱材の中でも、最も信頼できる製品ということになります。

県民共済住宅のグラスウールについて本気で考えてみた まとめ

県民共済住宅では、埼玉県の気候に十分対応できるグラスウールが標準で施工されます。

第3者が認定した(優良断熱材認証制度)数値に偽りのない性能で、グラスウールでも高性能の名前が付くハイグレードな製品です。

県民共済住宅はオプションで吹き付け断熱が選択できますが、標準のグラスウール断熱でも十分な内容です。

とよクマ

ぼくのように予算が厳しく標準のグラスウールにしかできなくても、十分な断熱性能が期待できます。
吹き付け断熱は、結構なお値段になりますからね(汗)

ナツ

最後になりますが、この記事が少しでもあなたの家づくりのお役に立てれば幸いです。

グラスウールの施工方法【施主のチェックポイント】を実例で紹介!では、実際に建築中にチェックしたいポイントをまとめています。

よかったら、合わせてご一読ください。

グラスウールの施工方法【施主のチェックポイント】を実例で紹介!