WEB内覧会はじめました!

県民共済住宅の上棟レポート3日目

とよクマ

いよいよ上棟レポートも最後になりました!
この日は8/11。明日から大工さんはお盆休みに入ります。

ナツ

3日目で上棟作業も一区切り。

来週のお盆明けからは、大工さん2人での作業になります。

上棟3日目9:00

ルーフィング(防水シート)の上に、木を取り付けています。

ルーフィングを固定するためか、屋根の下地かはまだわかりません。

釘で固定しているので心配ですが、屋根に受けた熱で次第にルーフィングと釘の穴が埋まるようです。

また、瓦を施工することで完璧な防水になります。

上棟3日目11:30

お昼前には木材の施工も終わり、屋根の上にあがれました。

屋根のてっぺんで全体を見渡すと、さらに屋根の広さを感じます。

平屋ですが思った以上に屋根は高く、結構こわいです。

この高さで素早く正確に作業する大工さんには脱帽です。

大工さん3名での作業の中、おひとりはダイライトのカットを担当していました。

いつもながら、どうやって屋根の勾配の角度を正しく計算しているのでしょうか。

ぼくも丸ノコは使ったことがありますが、かなり木くず(粉)が出ます。

大工さんの丸ノコはホースが付いていて、木くずを吸い込みます。

かなり画期的な道具で、掃除がラクそうです。

上棟3日目14:30

14時半に現場に来てみると、ダイライトの施工がほぼ完了していました。

見た目はいたって普通のボードですが、耐震や耐火などに大きな効果があるようです。

ビニールシートが貼られ始めました。

シートで雨対策がされると、とても安心できます。

屋根すべてにボードが貼られました。

骨組みだけの状況から、徐々に家らしくなってきました。

屋根の高さがあるので、勾配天井をあきらめたのはもったいなかったです。

上棟1日目から何度も報告していますが、とても柱が多いです。

カタログには書いてませんが、県民共済住宅の柱は4寸で太く本数が多いです。

これだけ柱が多くても、標準の範囲内です。

とよクマ

建物が箱型から変化するほど柱が多くなります。
個性的なカタチほど費用増し(柱が多い=オプション)になりますが、県民共済住宅は標準の範囲内で施工が可能です。

ナツ

上棟3日目18:00

18時頃にはブルーシートの施工が完了しました。

これから1週間ほど、お盆休みとなります。

ここまで施工されていれば、雨が降っても安心です。

とよクマ

暑い中3日間、遅くまで作業をしてくださった大工さんには感謝です!
お盆はゆっくり休んでもらいたいですね!

ナツ

ダイライト・窓枠・防水シート施工【着工45~48日目】に続きます!

ダイライト・窓枠・防水シート施工【着工45~48日目】