WEB内覧会はじめました!

基礎工事(コンクリ養生から型枠ばらし)着工27~29日目まで

とよクマ

今回は、基礎立ち上がりコンクリの養生から型枠をばらして基礎の全貌が見えるまでのレポートです!
基礎ができると、部屋のカタチや大きさがわかるようになりますね!

ナツ

建物の大きさも体感でわかるようになるので、テンションが上がってきます。

着工27日目

夕方に様子を見に行ってみると、ちょうど職人さんが立ち上がりの保護カバーを外しに来られました。

今日中に保護カバーを外し、明日にはすべての型枠を外すらしいです。

少しずつお目見えしていく基礎の立ち上がりコンクリート。

上から見た感じでは、ひび割れもなくキレイに施工されています。

給排水関係の素材も運び込まれてきました。

基礎の次は、排水系の工事ですね。

大きな丸型の枠は、雨水浸透桝でしょうか。

平屋なので地味に雨水浸透桝の数も多いです。

長いパイプは一体何に使うのでしょうか。

排水系でしょうかね。

着工28日目

いよいよ立ち上がりの型枠が外れ、基礎の全貌が明らかに。

大きなジャンカもなく、基本的には問題なさそうです。

表面もキレイに施工されています。

立ち上がりを固定していた金具は、後ほどカットするのでしょうか。

木材が基礎に入っているので心配ですが、意図的な施工のようです。

あとで削って玄関の立ち上がりにするらしいです。

配管も含め、まだ基礎工事は続きます。

着工29日目

昨日の型枠の取り外しから、キレイに掃除と手入れがされた基礎です。

はじめて基礎全体を写真におさめてみました。

軒下です。

県民共済住宅ではMAXの長さですが、すべてデッキにすると、かなり広いスペースになりそうです。

自転車置き場にしてもいいですね。

素人目ですが、しっかりと施工されていると思います。

LDKです。

26畳分なので、結構な広さです。

体感的には、家族5人で十分な広さだと思います。

家づくりはイメージと体感の差で後悔することがしばしば。

建売など完成した家を見学して、体感の精度を鍛えるのは重要だと思います。

とよクマ

〇畳のスペースを瞬時に正確にイメージできるようになりましょう!

まだコンクリの施工は続き、玄関や勝手口の立ち上がりの打設はこれからはじまります。

前の記事の木材が埋め込まれていた件は、正確な工事のようで一安心です。

このまま立ち上がりのコンクリを打設するらしいです。

勝手口は、玄関と同じくタイル仕様で高さを上げます。

コンクリの型枠ができていました。

余談ですが、そろそろ外構のことも考えなければなりません。

すべてコンクリを施工すると結構な費用になりそうですが、植栽も手間がかかります。

軒の目の前だけでも庭にしようか、悩みどころです。