WEB内覧会はじめました!

県民共済住宅の基礎コンクリートの性能が高い件

県民共済住宅のコンクリの品質の画像

注意
この記事の内容は、我が家のコンクリレシピに基づいています。コンクリの配合は個々の建物により違いがある、と考えられますので、参考程度としてください。

とよクマ

基礎はほとんど目に見えない部分ですが、とても重要です!
文字通り、縁の下の力持ちですね!

ナツ

今回は、我が家の基礎コンクリについてレポートしていきたいと思います。

我が家の基礎コンクリートの呼び強度は30

我が家の県民共済住宅の基礎コンクリートは、呼び強度30を使用していました。

とよクマ

呼び強度って何?

呼び強度とは、数値が上がるごとにコンクリートが細かくなります。

結果としてコンクリの隙間が少なくなり、強度があがります。

計画供用の級計画供用期間供用限界期間耐久設計基準強度
短期およそ30年およそ65年18N/mm2
標準およそ65年およそ100年24N/mm2
長期およそ100年およそ200年30N/mm2

図は設計基準強度なので呼び強度とは少し違いますが、かなりの高耐久コンクリートということは伝わるかと思います。

とよクマ

設計基準強度を実現するために使用するコンクリートの強度が呼び強度です!

つまり、我が家の基礎コンクリートは、呼び強度30のコンクリを使用するので、24N/mm2以上(65年以上)の耐久設計基準強度は十分にあると考えられます。

カタログスペック的には、30N/mm2は100年供用できます。

とよクマ

ところで、N/m㎡ってどういう意味なの?

N/m㎡を1㎡あたりでは何キロまで耐えられるかで考えると、

  • 1N(ニュートン)= 0.102kg
  • 30N= 0.102kg×30=3.06kg
  • 1mm2あたり3.06kg
  • 1m2で考えると3.06kg×1000000なので
  • 3060トン

とよクマ

30N/mm2だと1m2あたり3060トンにも耐えられる強度ということになります!
かなりの強度のコンクリートですね!

ナツ

我が家の水セメント比は49%

コンクリートの強度には、コンクリートに混ぜる水の量(水セメント比)も大きく関係してきます。

水セメント比が高いと流しやすく施工が容易になりますが、コンクリートの強度が落ちます。

水セメント比の値が低いとコンクリートの強度は高くなりますが、施工に手間がかかります。

とよクマ

我が家の比率は49%でした!

一般的には水セメント比が50~65%が多いので、49%であれば十分によい比率と考えて良いでしょう。

高性能AE減水剤を使用

とよクマ

この謎の薬剤は何だ…

 高性能AE減水剤は、高い減水性能と優れたスランプ保持性能を有する混和剤であり、一般の強度のコンクリートから高強度コンクリートや高流動コンクリートまで、幅広く使用されている。高性能AE減水剤の主成分は、便宜上、ポリカルボン酸系、ナフタリン系、アミノスルホン酸系およびメラミン系の4種類に分類されている。

公益社団法人 日本コンクリート工学会
わ・・・わからん!!

ナツ

一言でいうと、高性能AE減水剤を使用することで、コンクリの施工がはかどります。

つまり、水の量が49%とかなり抑えられているので、高性能AE減水剤を使用することで、施工がしやすくなります。

ぼくの体感では、生のコンクリートはホットケーキミックスぐらいの固さでした。

とよクマ

コンクリの品質の高さと職人さんの熟練された技術もあり、とても良い基礎が出来上がりました!

県民共済住宅の基礎コンクリートまとめ

冒頭に述べたように、コンクリートは時期や建物により配合が大きく変わるため、今回のケースと同じとは限りません。

ただ、基礎業者さんに話を聞いてみると、口をそろえて

  • 「県民共済住宅の基礎は、良いコンクリを使っている」
  • 「かなり厚めに施工する」
  • 「高性能AE減水剤は他のメーカーだとあまり使わない。」

とお話しされていました。

とよクマ

基礎は家の一番大事な部分です。

県民共済住宅のホームページでは、コンクリの詳細までは書いていませんが、見えない部分まで品質が良いのは素晴らしいことです。

最後になりますが、この他にも基礎について記事を書いていますので、ぜひご一読ください。

基礎配筋の画像 基礎工事(配筋まで)着工3~17日目まで