WEB内覧会はじめました!

リリカラショールームに行ってきたよ!

リリカラショールーム

いよいよ長かったショールーム周りも、今回で最後。

寂しいような嬉しいような。

感慨深く感じます。

さて、最後を飾るのは、リリカラショールームです。

リリカラショールームでは、壁紙を大きなパネルで見ることができます。

今回は、残念ながらコーディネーターの予約は取れませんでした。

コーディネーターの予約はとても人気で、数か月先まですべて埋まっていました。

残念ですが、致し方ありません。

リリカラショールームへのアクセス

新宿駅西口から、徒歩10分です。

新宿駅内のダンジョンを考慮すると、20分以上はかかると思います。

都心ど真ん中なので、電車でのアクセスがおススメです。

ぼくがショールームに行った日は雨でした。

雨の場合は、新宿駅で総武線に乗りかえ、大久保駅下車がおススメです。

大久保駅からであれば、徒歩5分ほどです。

ビルの2階ですが、看板が出ているのですぐにわかります。

陸橋のすぐ手前のビルです。

県民共済住宅の施主は一声かけよう

県民共済住宅の施主と他のハウスメーカーの施主だと、色々と違いがあるようです。

カタログが県民共済住宅独自で型番も専用です。

ちなみにカタログはリリカラにあるので、持っていかなくてOKです。

リリカラの型番を書くと県民共済住宅では受付できませんので、県民番号を書きます。

写真のような、県民共済住宅専用型番を書く用紙がもらえます。

ここに型番を書きこむと、サンプルが20枚までもらえます

サンプルは県民共済住宅のカタログの倍ぐらいの大きさで、1枚ずつバラでもらえます。(A4サイズ)

壁に付けてみたり、日光に当ててみたりなどできるので、検討にはとても助かります。

リリカラの商品番号と県民共済住宅の品番の対照表です。

このすべてが、半畳~1畳ぐらいのパネルで展示されています。

リリカラショールーム展示コーナー

このように整列された中から壁紙を選び、引き出します。

県民共済住宅の標準壁紙は、ピンクの札がほとんどです。

ぼくたちは、9割ここに居ました。

このように引き出します。

蛍光灯の性能からか、とても写真が撮りにくかったです。

ものすごい数の壁紙があります。

こだわりがない方は、ピンク以外はそれほど見ないでしょう。

大きなパネルで見ると、かなり雰囲気が違います。

特に色系の壁紙は色の印象が違い、薄く見えるように感じました。

やはり端切れと壁に見立てたパネルでは、全然違うイメージです。

我が家の主力壁紙

わがやは標準の壁紙だけで落ち着きそうです。

子どももいるので、汚れや傷に強い材質が最優先。

タフクリーンシリーズのLV-1446が主力になりそうです。

ややベージュがかった色なので、汚れも目立たなそう。

漆喰のようなデザインも気に入りました。

タフクリーンシリーズは、その名のとおり

  • 通常の壁紙より強い材質
  • 撥水性能もある
  • キズに強い
  • 汚れはふき取り可能
  • 施工時の仕上がりもきれい

と、子育て世帯には最高の素材です。

もう1枚は、LV-1383です。

写真ではかなりブルーに見えますが、実際はもっと落ち着いたブルーグレーです。

スタディスペースや子ども部屋に使用予定です。

スタディスペースはLDK内ですが、別空間としてイメージしています。

集中と落ち着きの色である青が、最も適していると考えました

同じく子ども部屋にもポイントで、ブルーグレーの壁紙を入れる予定です。

男3人、成長してもダサくない壁紙と考えブルーグレーをチョイスしました。

統一感が大事だと思う

壁紙は、「色々と貼れるよ。」と言われると、色々貼りたくなりますが、あまり種類を多くしないのがポイントだとぼくは考えています。

全体の世界観やイメージ(〇〇風など)に沿って選ぶのが良いでしょう。

ぼくもそうですが、ついつい趣味に合った壁紙があると、これいいな!

と思いがちですが、よく考えてみると全体のイメージに合わないことに気づかされます。

今まで構築してきた部屋のイメージに従いながら壁紙を選ぶのが、もっとも良い方法です。

ポイントは、特徴をつけないことです。

デザインの特徴ではありません。

どんなにシンプルでも、家のイメージに合っていない壁紙は不自然に浮き上がります。

逆に派手な壁紙でも、家のイメージに沿っていれば、なじむのです。

例えると、

  • ギャルメイクなのに清楚系の洋服
  • 清楚系のメイクなのにギャル服

やはり統一感があった方が自然ですよね。

壁紙は、最後に選ぶ服の1枚と同じです。

今までのコーディネートを壊さないように、冷静に最後の1枚の服を選びましょう。

壁紙の張替え時期

リリカラのショールームはアドバイザーは付かないものの、常駐のスタッフに色々と質問はできます。

ぼくも疑問に思う点を、色々と聞いておきました。

そのひとつとして、壁紙の張替え時期です。

一般的には、壁紙の張替えは5年から7年と伺いました。

7年から先は外壁塗装と違い絶対というわけではなく、見た目の問題とのことです。

実際にぼくの実家は築20年で壁紙を張り替えていませんが、色の変色や継ぎ目からの小さな剥離(はがれ)が目立ちます。

さすがに20年では張りかえした方がよい状況になりますが、10年ぐらいでは気にすることはないと思います。

ぼくの計画では、子どもが全員巣立った後に張替え(20年後)が良いかなと思っています。

第2の人生に合わせて、壁紙も変えていく計画になります。

ちなみに、外壁塗装は壁紙と違い絶対です。

30年後のトータルコストから県民共済住宅の外壁を考える

家の構造にまで水が入ると、大変なことになってしまいます。

我が家では外壁も20~25年で塗装する予定なので、壁紙も合わせるともっと想定予算が必要かもしれません。

ぼくの予想にはなりますが、建築後20年あたりが一番大きな費用がかかりそうですね。

夫婦のリタイアの状況によっては、この時点での売却も大いにアリだと思います。

県民共済住宅でオトクな壁紙の使い方

さて、県民共済住宅では、2019年1月から壁紙ルールができました。

県民共済住宅の壁紙まとめ

簡単に説明すると、

  • 県民共済住宅用カタログから選ぶとコミコミ
  • 張り分けが発生する場合は1部屋3000円
  • リリカラのV-WALLのカタログ内から選ぶと、1部屋10000円

LDKなど広範囲の部屋であっても、4.5畳の部屋も同じ10000円です。

つまり、LDKでは積極的にV-WALLから好みにあった壁紙を選びたいところです。

我が家の場合、LDKが26畳ありますが、この部屋すべてV-WALL内から選んでも同じお値段です。

賢く壁紙のオプションを利用するには、

  • 狭い部屋、来客に見えない部屋は標準
  • LDKなど広い部屋、客間などはオプションでこだわり

が、おススメです。

リリカラショールームに行ってきたよ!まとめ

新宿まで行き滞在時間と帰りの時間も含めると、半日以上は必要になります。

ですが、ショールームに行くと、実物を見ながら集中し、すべてをその場で決められます。

家で空き時間に少しずつ決めるより、半日で集中して決める方が時間の短縮になります。

何よりも、百聞は一見に如かず。

実物を見れば、その場で可否の結果を出せます。

スタッフの方にもその場で質問が出来るので、意思決定のスピードも速くなります。

このように移動の手間や時間は必要となりますが、結果的には時間が少なくなるメリットがあるので、ぜひショールームには足を運んでください。