WEB内覧会はじめました!

現場監督と電気配線図の打ち合わせをしたよ!

現場監督と照明&コンセントの打ち合わせをしました。

県民共済住宅で契約時に電気配線の資料がもらえますので、まずは隅々までしっかり読みましょう。

間取り完成~契約直後までの間に、パナソニックやオーデリックのショールームに行って相談、プランを作成してもらいましょう。

パナソニックのショールームに行ってきた オーデリックのショールームに行ってきた

参考までに、パナソニックのプランオーデリックのプランをご一読ください。

2つのプランを見ながら、自分にとって最適なプランを作成しましょう。

照明プラン

我が家の照明プランは、極力予算を抑える仕様にしました。

ポイントとしては、

  • アイリスオーヤマのライトをダウンライト代わりに多用
  • シーリングは施主支給
  • ダウンライトはリビングに集中
  • 調光は一切付けない

アイリスの小型シーリングライトは、とても便利そうです。

そして安い!

予算の都合で、調光=リビングライコンを付けられないのは、残念です。

本当は薄暗い部屋で妻と良いムードで映画を見たかったのですが、予算上あきらめることになりました。

間取り図にシールを貼り、現場監督と打ち合わせをしました。

こんな感じの、小さな5色シールです。

  • みどり=アイリスオーヤマ(シーリングライト)
  • きいろ=特殊(スタディスペースなど)
  • あお=ペンダントライト
  • あか=ダウンライト
  • しろ=野外

まずは、ライトとコンセントの配置を確認です。

ひととおり見て、現場監督的にはOKなようです。

ここから、細かく調整を入れていきます。

細かく調整した結果の、電気配線図の原案はコチラです。

結局、現場監督に書いていただきました…

C=シーリング が多いのは、ほとんどアイリスオーヤマ頼りですね。

小屋裏収納も忘れずに。

ダウンライトにしたのは、小屋裏は140cmしか高さが無いので邪魔になるだろうと考えました。

マルチメディアボックスも、小屋裏に収納します。

コンセント関係

コンセント関係も、同じようにシールを貼りました。

それぞれ、用途別に色がわかれています。

このように、必要な部分にシールを貼り、現場監督に相談しました。

概ね問題ないとのことで、微調整開始です。

我が家では、横型のコンセントを多用します。

  • タイプ1=USB+コンセント
  • タイプ2=コンセント+コンセント

としました。

空港やカフェで、USBを直接させるタイプがとても便利なんですよね。

あと20年はUSB企画がスタンダードであることを祈りましょう。

監督が細かく、清書してくださいました。

ありがたい限りです。

この後、監督が今回の図案を清書し、再確認することになります。

ダウンライトなどの型番は、こちらですべて指定するつもりです。

自分で指定することで、予算調整もできます。

電気配線図作成のポイント

県民共済住宅での電気配線図作成のポイントは、

  • パナソニックとオーデリックのショールームには行く
  • 両社のプランを取り寄せる
  • じっくり検討する
  • シールなどを貼り視覚的に判断
  • 生活シミュレーションをする(スイッチの位置など)
  • 予算が限られている(㎡@1500)
  • 掛け率は定価の4掛け

特に重要なのは、生活のシミュレーションです。

とよクマ

あの場所にスイッチ、コンセントがあればよかった。

注文住宅で一番多い失敗とも聞きます。

コンセントは、家を建てる時は安いですが、後から増やすとものすごく高額になります。

個人的には、迷う場所にはつけておこうよ!と思います。

昔ほどコンセントの位置が重要ではありませんが、やはりあるべき場所にあると便利ですし、なければ不便です。

電気のスイッチも同じです。

失敗すると、電気を遠くまで消しに行き、暗い中歩いて別の場所に行くのが日常となります。

頭の中で、何度も何度も生活パターンをシミュレーションしましょう。

現場監督も相談にはのってくれますが、基本的には自分が頼りです。

生活のシミュレーションができるのは、家族だけです。

特にコンセント関係で忘れたくないのは、

  • 収納の中(掃除機の充電)
  • お掃除ロボットの充電場所
  • 携帯の充電場所
  • 土間収納や玄関(電動自転車や工具の充電)
  • PC関係の場所には多めに(最低5個)
  • キッチン家電で使用する個数=配置も決める

などです。

生活パターンを考えぬき、コンセントとスイッチの場所を決めましょう。

細かいことですが、高さや左右も重要です。

右に付けておけば便利だった…

なんてことも、よくある話です。

おススメは立体的な鳥観図を使い、鉛筆などで生活動線をなぞってみることです。

スイッチの生活動線、コンセントの生活動線、それぞれ何度もなぞってみましょう。

ネット環境も重要

コンセントと合わせて、有線LANも重要です。

我が家はメディア再生機器(ブルーレイやDVD)は置きません。

その変わり、有線でネットテレビ(Amazonプライムなど)を楽しめるようにします。

有線でつなぐことで、かなりの速度安定が見込めます。

また、専用のマルチメディアBOXを小屋裏収納に設置予定です。

BOXを導入すると各部屋ではモデムを置かずに済み、LANケーブルを差し込むだけでOKになります。

無線LANの機械は、別途場所を指定する予定です。

とよクマ

続きはこちらです!

電気配線図案が現場監督から届いたよ! に続きます。

電気配線図の画像 電気配線図案が現場監督から届いたよ!