人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

県民共済住宅の設計士さんから電気配線図の参考案が送られてきたよ!

県民共済住宅の設計士さんから、電気配線図面の案が送られてきました。

はじめての経験になるので、設計士さんの視点でも作成してもらえると、とても心強いです。

時代を反映してか、ダウンライトがかなり多いですね。

リビングは簡易的にシーリングライト2個になっています。

図案を作成する人によって、かなり違いが出ますね。

基本的に、見える部分はダウンライトを使い、見えない部分はシーリングライトで考えていましたが、正直悩んでいます。

ダウンライトは20年もつと言われていますが、シーリングが5年程度だと考えると4回買いなおすことになります。

電気代は、どっちが安いのでしょうか。

結局のところ、ダウンライトとどちらがお得になるか、まだ結論を出せていません。

シーリングLEDライトの寿命と電気代を考慮に入れながら、慎重に決めていきたいと思います。

ひとつの作戦として、ダウンライト多めにして、20年後に一斉に交換です。

電気屋さんに依頼するたびに出張費がかかるのであれば、一気に交換をお願いするのが得なのかもしれません。

今の時代、薄型で出っぱりが気にならないシーリングライトもたくさんあるので、交換コストがダウンライトより安いようであれば、積極的に活用したいと考えています。