WEB内覧会はじめました!

県民共済住宅のお風呂・TOTOサザナTタイプ(フル装備)

県民共済住宅で選べるお風呂

県民共済住宅では、リクシル、ノーリツ、TOTOの3社から選ぶことが出来ます。
先回は、自動洗浄機能付き「おそうじ浴槽」を搭載した、ノーリツの記事を書きました。

県民共済住宅のお風呂・ノーリツのおそうじ浴槽(自動洗浄)

今回は、TOTOのお風呂について徹底解剖してみたいと思います。
一見してみると、ノーリツのおそうじ浴槽のように、圧倒的な目玉となる機能はありません。
見た目は、いたってスタンダードなお風呂に思えるかもしれません。
ですが、よくよく調べると、最上級と言ってもいいほどの装備の良さです。
言うなれば、スタンダードを極めたイメージです。
ひとつひとつの装備のレベルがとても高いです。
老舗メーカーならではの、いぶし銀 と言ってもいいかもしれません。

サザナTタイプ

TOTOのお風呂のモデルであるサザナの中でも、上から2番目のグレードです。
5グレード中、2番目なのでかなり良い方です。
最近では、ホテル!?と思うような、驚く機能まで付けられるお風呂ですが、家庭用ではこれで十分な内容です。
バリアフリーの観点でも、それなりに手すりなどもあるので、多少の不自由でも十分にお風呂に入れます。

TOTOのショールームに電話で依頼すると、県民共済住宅専用のカタログを貰えます。
お風呂以外にも、標準のトイレとオプションのトイレの内容まで、一通り網羅されています。
このカタログは、是非貰ってください。
県民共済住宅の展示を見るだけではわからない、それぞれの装備の詳細を知ることが出来ます。

人工大理石浴槽が標準

高級素材でほとんどの場合がオプションになる人工大理石浴槽ですが、県民共済住宅では標準です。
これは、かなり驚きです。
近年、FRP素材もかなり性能が上がったと聞きますが、やはり人大浴槽です。
高級感もさることながら、高級感と重厚さが良い感じです。

ほっカラリ床

どこから見てもタイルにしか見えない、ほっカラリ床も標準です。
まず、床がひんやりしません。
冬場のお風呂はまず入ってすぐに足が冷たく感じますが、ほっカラリ床は冷たさを感じません。

また、低反発のような感じで柔らかい材質なので、子どもはそのまま座って洗っても良いぐらいです。
掃除もとても簡単で、タイル調の目になる部分にも、汚れが溜まりません。

魔法びん浴槽

その名の通り、魔法瓶のような効果があります。
5時間後の温度低下を2.5度以内に抑えられるようです。
蓋の、かるふろふた で蓋をすると、かなりの保温機能となります。

断熱材パック

埼玉県ではオーバースペックかと思われますが、オプションの断熱材パックも標準装備です。
冬のお風呂は、ヒートショック現象など危険があります。
ですが、断熱で温かさをキープできれば、寒いお風呂にはなりにくいです。

シャワーヘッドも最高級装備

シャワーヘッドもエアインクリックシャワー、ボタン付きの最高級品です。
このシャワーヘッドも、本来はオプションです。
48%の節水ですが、それほど弱いとは感じません。

そればかりではなく、スイッチが付いてるので、すぐにシャワーを止めることが出来ます。

ダウンライト(LEDランプ)

ダウンライトも本来はオプション装備です。
ランプの色は電球色と昼白色で選べますが、壁のデザインによって慎重に選んでください。
間違えると、壁の色合いが台無しになってしまいます。

スッキリ開き戸

地味にこの開き戸も、本来はオプションなのが標準です。
ただし、引き戸にする場合はオプション扱いとなります。

おススメのオプション

ほとんどオプションを付けなくても満足できる内容ですが、さらにオプションを付け加えると便利になります。

おそうじ浴槽

実はTOTOでもオプション扱いで付けることが出来ます。
定価で約15万なので、その6,7掛けになることが予想されます。

ノーリツのお風呂にオプションを重ねるか、TOTOのお風呂にオプションで付けるかは迷うところです。

お掃除ラクラクカウンター

カウンターはFRP素材です。
かなり汚れる場所なので、このカウンターは人工大理石がおススメです。

壁パネル

壁のパネルも色を変えることが出来ます。
それほど費用が掛からないので、是非自分の好きな色合いを選んでみてください。
人が見る場所ではないので、自分の本当に好きな色やデザインを選べますね。

参考までに、我が家はブルーで冒険しようと考えています。
ちなみに、こちらはアクセントパネル全面貼りオプションです。

浴槽エプロンカラー

浴槽のエプロンですが、ここもFRP素材です。
実は一番よく汚れるのが、この浴槽エプロンです。
特に我が家は1坪のお風呂のため、石鹸などが浴槽エプロンにかかりやすいです。
この部分も人工大理石に変更することが出来ます。

それほど大きな負担なく変更できますので、かなりのおススメです。

余談ですが、我が家はツートンにしようかと思いましたが、どうも・・・違和感があるかもしれません。
ただいま思案中です。

ドア外タオル掛け(開き戸専用)

入り口の扉につくタオル掛けです。
これ、地味に必要な感じがします。
あると便利です。

我が家はTOTOを選択

三者三様、もとい三社三様で迷うところですが、長く使うことを考慮すると、基本性能の高いTOTOになりそうです。
まだ決定したわけではありませんが、お奉行(妻)的に、TOTOのようです。

こうなっては、もはや私の出る幕はありません。

最後になりますが、是非一度、TOTOのカタログを見てください。

今回の装備をすべてオプションにすると、かなりの総額となります。
どれだけ基本性能が高いかを、知ることが出来るかと思います。

恒例の見積りですが、定価ベースの話となるので、ひとまず欲しいものはすべて入れてみました。
県民共済住宅の見積書を確認し、改めて仕分けをします。
見積依頼の時点で金額で悩むより、まずはどんどん入れることをおススメします。
余談ですが、この辺りの手間を改善できれば、かなり楽になるんですよね。
おおよそですが6,7掛けだと思われますので、目安として考えてみてください。