WEB内覧会はじめました!

間取り図3.0 – 第9案

間取り図も9案目となりました。
たぶんですが、図案を出していただいた数は多いほうだと思います。
設計士さんには大変申し訳なく思う反面、家づくりは初めてなので、すぐに思うようにはいきません。
差し入れにお菓子を持って行ったので、許してください。

さて、9案目はこのようになりました。

軒が出ましたね。
2000mmぐらいでしょうか。
ここにウッドデッキ(縁側)を自作します。
諸々の事情から和室は諦め、置き畳を使うことにしました。
和室があることで、間取りがかなり制限されているからです。

キッチンでは、冷蔵庫の場所の壁を薄くしました。
これで、冷蔵庫の飛び出しが気にならなくなるでしょう。

玄関先にコート掛けと洗面台が追加されました。
玄関周りにあると、色々と便利そうです。

打ち合わせで、訂正をお願いしました。
今回の訂正で、ほとんど固まるはずです。

まずは、窓の指定です。
ひとつひとつ精査し、指定していきました。
面格子は避け、出来る限り260mm幅の窓にしました。
天然光の取り込みは260mm幅の窓で十分ですし、360mmに比べ防犯性能が高いです。
窓から熱気寒気が入るので、出来る限り小さくする方針です。

また、洗面所や洗面台、カップボードの上部に設置されている窓は、高い位置のため開くのが難しいです。
その為、内開き窓に変更しました。
棒のようなもので引っ張ると、簡単に開け閉めが出来ます。
理想は電動でしたが、かなり費用が掛かりそうなので、諦めました。

屋根裏収納の階段に、扉を付けました。
リビングが広めなので、階段の熱気寒気で空調効率が落ちるのを避けるためです。

スタディスペースや飾り棚などに使う、ウッドワンの部材の型番を指定しました。
最近は業者カタログがお友達です。

他にも細かい部分はありますが、大まかにはこんな感じです。

注文住宅の間取りづくりまとめも合わせてご一読ください!

注文住宅の間取りづくり手引きのイメージ写真 注文住宅の間取りづくりまとめ

平屋に特化した間取りづくりの手引きもまとめてあります。

平屋の注文住宅の間取りづくりまとめの図 平屋の注文住宅の間取りづくり手引き

県民共済住宅の間取り作りの手引きもありますので、これから間取りプランを作る方は一度目を通してください。

県民共済住宅での間取りづくりの手引き