WEB内覧会はじめました!

真夏の西日対策で暑い夏を乗り切ろう!(新築の遮光・遮熱対策)

真夏の西日は危険なほど強い

昔と違い、現在の夏の暑さは過酷で、生命の危険を感じるほどです。
かくいう私も、プールで熱中症になる痛恨のミスを犯してしまいました。
外気40度、水温35度・・・って、それどこの温泉プール?ですよね。

さて、折角の新築です。
長く住み続ける家だからこそ、西日対策について真剣に考えてみませんか。

西の方向はどの建物、家にもある方向です。
西日を受けない家はありません。
一番良いのは、西側に多くの窓を設けないことが、今回の内容の観点では最良です。
しかしながら、土地の形や道路の場所など、色々な条件で西をメインにせざるを得ない場合もあります。
私も、間取り上、西側に子供部屋を配置せざるを得ませんでした。

子供が一番家にいるのは、1年を通して考えると、間違いなく夏休みでしょう。
基本的には家庭学習になりますので、ほぼ一日中、家にいます。
私が子供の頃は、午前中に宿題をして、午後は遊びに行くルーティーンでしたが、今の時代に午後に外で遊ぶのは自殺行為です。
クーラーの効いている室内以外では、安心して許可できません。

今回は、夏の西日をカットし、いかに西側の部屋で快適に過ごすかを考察してみたいと思います。

遮光の外部対策と内部対策

窓の外側の対策を外部対策、内側の対策を内部対策と考えます。
県民共済住宅で建築された諸先輩からの教えをはじめ、色々と自分でも考察してみましたが、基本的には外部の遮光の手段を考えるのが有効です。
窓に直射が当たらないようにするのが、最も効果的です。

内部対策のみの場合、部屋の中にまで直射が入り込むことを防ぐことはできますが、直射そのものは室内(窓とカーテンの間)に入り込んで熱気になってしまいます。
その為、室内が暑くなる状態に変わりはありません。
つまり、遮光にはなりますが、遮熱にはなりません。

もちろん室内への直射を防ぐ遮光は、意味が無いわけではありません。
常に直射が体に当たるのは、快適とは言えません。
内側からも直射を遮り日陰を作るのは、有効な方法です。
ですが先ほど述べたように、窓とカーテンの間は、かなりの暑さになります。
熱量はかなり強いので、部屋の温度の上昇を止めることはできません。

有効な内部対策

今回の記事は外部対策がメインですが、内部対策についても触れてみたいと思います。
一般的にはカーテンやロールスクリーンなどの、窓を布系で覆うことが王道です。
遮光や高断熱のカーテン類もありますので、西側の窓では導入をお勧めします。

先ほども述べたように、カーテンの種類は遮光や遮熱となっていますが、窓とカーテンの間に熱が入り込んでいます。
出来ればですが、外部対策で日陰を作り、更にこうした内部対策を施すと良いと思います。

この先からは、外部対策になります。

シャッター

シャッターを閉めることも有効な手段のひとつですが、シャッターは金属が素材です。
さすがに鉄製ではありませんが、アルミなどが熱を持たないわけではありません。
スリット系のシャッターであれば日の光りが入りますが、通常のシャッターの場合は光が入りません。
また、日中からシャッターを閉める世間体のようなものもあります。

余談ですが、強い日差しは困りますが、真っ暗も困る。
なんて、贅沢ですよね。

グリーンバー

かなり手軽な価格で付けられるのが、グリーンバーです。
その名の通り、グリーンカーテンのネットを貼るのに向いています。

写真のようにグリーンカーテンだけではなく、すだれやサンシェードを下げることが出来ます。
色がシルバー系とブラウン系しか無いのが痛いところですが、お値段は作り付けにしてはお手軽です。
シルバー系のサッシを導入される予定の方には、おススメです。

グリーンカーテンは、ゴーヤや朝顔がおススメです。
特に強健なのは、朝顔だと思います。

樹木

天然の樹木を遮光に使うのは、先人たちから受け継がれた知恵であり、最もエコな方法です。
遮光に使う場合は、落葉樹をおススメします。
落葉樹は、冬に葉が落ちますので、冬場は逆に日の光を受けることが出来ます。

おススメは、シマトネリコでしょうか。
とにかく育生力が強く、葉や枝の形も遮光に向いています。

遮光のために樹木を選ぶ場合は、樹形や葉形が遮光の役目を果たすか、しっかりとリサーチしてから決定しましょう。
オリーブやアカシアなど、枝が暴れる性質、葉が小さい品種は、枝と葉の間から光を通してしまうので、遮光の効果を発揮しない場合があります。

その他では、ヤマボウシやシャラも良いかもしれません。

樹木のデメリットは、変化することです。
毎年冬に、今年の伸びを計算してせん定し、大きくなりすぎて遮光の効果が無くならない様に、しっかりと高さを考えます。

すだれ

日本と言えばすだれです。
立てかけて置いておくだけでOKです!
風や雨の日など、畳んでしまえば長持ちしますが、おおよそ1年物と考えてよいと思います。
自然素材なので熱を含みません。
実は日本が誇る、かなり有効な遮光の手段です、

パーゴラと波板

西側の部屋の目の前に、屋根付きの倉庫やパーゴラを作る方法です。
屋根は遮光の波板タイプがおススメです。

問題点としては、スペースをとることや、2階では全く役に立ちません。

DIYが好きな方は、自分で作っちゃうのも良いかもしれません。
その他では、外構業者に日よけにもなる自転車置き場などを作成してもらうことです。

いずれにせよ、波板などを使用し、後付けDIYで遮光する方法です。
デメリットは、冬場は逆に、日が当たらなくなります。

軒を伸ばす

費用は掛かりますが、軒を伸ばすことも有効な手段です。
古来の日本家屋は、長い軒が特徴です。

このように、強い日差しから守ってくれます。
冬と夏では太陽の高さが違います。
日の位置が高い夏は日差しから守られ、日の位置が低い冬は室内を照らす効果があります。

我が家でも、この長い軒は採用予定です。
東南の方角になります。
東は最高の向きとは言われますが、さすがに夏場は日差しが朝から当たりすぎます。
真夏は7時台でも、外気温はすでに30度以上だったりもしますので、東側の対策も必要です。

庇(コンバイザー)

我が家で導入予定のコンバイザーです。
窓の上に、後付けの庇のようなものを付けます。
それだけではなく、すだれのフックが付いています。(オプション)
このフックにすだれなど、遮光効果のあるサンシェードを取り付けることが出来ます。

積雪50cmタイプと100cmタイプがあります。
それぞれ出幅を選ぶことが出来ますが、私は30cmぐらいが良いかなと思っています。

デメリットとしては、縦すべり窓が使いにくいことです。
26cm幅タイプの縦すべり窓では、30cmのコンバイザーに干渉します。(すだれが当たる)
仮に余裕を持った出幅にしたとしても、風などに揺られて、すだれが窓にあたってしまいます。
その為、引き違いや上下など、出が無いタイプの窓しか選択肢が無くなってしまいます。
縦すべりは風を取り込むのに有効な窓ですが、使用できないのは残念です。

私のプランでは、コンバイザーとカーテンで、ちょうど良い日光と風を取り込めるのではないかと考えています。
ですが、エアコンなしでの生活は考えられません。
日光を調節し、快適に過ごせるのは、遠い昔の話です。
今回の対策は、エアコンをかけてもかけても、部屋が涼しくならない現象を抑えるための対策です。
灼熱の夏を快適に過ごすには、部屋に入り込む暑さ(熱気)がエアコンの効果を上回ってはいけないのです。
贅沢ではなく、生命にかかわります。

県民共済住宅は注文住宅です。
こうした夏の暑さの問題も十分に考慮しながら、間取りやプランを作成していきましょう。