WEB内覧会はじめました!

陰翳礼讃(平屋の日あたりを考えよう)

平屋の日当たり

平屋にはメリットデメリットそれぞれありますが、デメリットのひとつとして日当たりの問題があります。
1階にすべてが集約され、建築面積が増えるので、どうしても一番良いとされる南側の部分が限られてしまいます。
かといって、南向きの細長い平屋を建てるのもまた、利便性があるとは言えません。
2階建ての場合は、1階と2階に分かれるので、南向きのリビングの上に南向きの部屋がある、なんてことも可能です。
そのため、こうした日当たりの悩みは、平屋だからこそ発生する問題です。

今回は、この日あたりについて、日本文化の観点から考えてみたいと思います。

陰を楽しむ日本文化

先に述べたように、平屋は日当たりのよくない部屋が出来やすいですが、照明の技術で簡単に解決することが出来ます。
照明(ライト)があれば、どのような場所でも、明るく照らせます。

少し視点を変えて、日本建築の観点から学んでみると、面白い感性を知ることが出来ます。
昔の日本建築は、陰(いん・かげ)、つまり部屋の隅などの暗くなる場所、部分を楽しみ、美意識まで持っていました。
私たちが観光で、昔のお寺や日本家屋を見学すると、何だか落ち着いた気分になるのは、この陰がもたらしている効果です。
ライトで煌々と照らした空間より、天然光がほんのり差し込み、和紙や唐紙のようなマット調のふすまや畳を薄く照らすような、陰に安らぎを感じるのは、日本人ならではの感性です。

少し難しい言葉になりますが、古い言葉で「陰翳」と言う言葉があります。

かげ。くもり。転じて、含み・深みのあること。

出典:コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E9%99%B0%E5%BD%B1%E3%83%BB%E9%99%B0%E7%BF%B3-207736

ただ暗いだけではなく、趣のある深みのある、陰(かげ)の意味です。
おそらくですが、この言葉は日本語にしかないのではないでしょうか。

西洋では、部屋の隅から隅までを照らすために、電気(ライト)を開発しました。
ですが、日本では全く逆の発想で、陰を如何に美意識に変えるかを追求しました。

少し余談になりますが、金屏風や金の茶室、着物など、きらびやかなイメージがありますが、こうした陰の部屋では、私たちの想像以上に光り輝いてないのかもしれません。
むしろ、うっすらした光に照らされ、反射光で部屋を照らす、重要な役目だったのかもしれません。

陰を現代建築に取り込む

窓の工夫

現代建築において最大の武器は、断熱です。
そのため、風通しや採光のための窓は必要ですが、機能的にはそれほど大きな窓は必要ありません。
大きな窓=オシャレ ですね。
その為、我が家では実用性に重点を置いた窓配置を計画しています。
この観点で窓を配置すると、県民共済住宅では十分に標準の範囲内でおさまります。

我が家は、日中は窓からの採光のみで、ほとんど照明(ライト)を使わずに生活できる空間にしたいと考えています。
先ほど書いた「陰翳」で心が落ち着きますので、作業以外でライトは使いません。
(暗い場所での作業は視力が低下しますので、目を使う作業はライトで明るい空間にしましょう)

日中の光を天然の採光に頼る場合は、窓の配置が、とても重要になります。
窓の配置は、方角や地域、周辺の建築物、季節などで大きく変化します。
このすべての情報から、採光のシミュレーションをする必要があります。
ただ単に暗い と、陰翳は、似て非なるものです。

調光機能を使おう

日本料理は、味だけではなく視覚で楽しむのも嗜みのひとつです。
日本の食器類、特に漆器類は、ライトの光ではなく、ろうそくの光など弱い光で照らされてこそ、美しく見えるように作られています。
現代でロウソクは危険ですし、夜などはあまりに暗くなりすぎますし、何より現実的ではありません。

そこで、調光機能をつけてみてはいかがでしょうか。
ロウソクと電球色ではかなり違いはありますが、ムードは出ますね。
和食の時などは電球色にする、リラックスタイムは電球色など、が良いかもしれませんね。

陰翳礼讃

以上の記事は、陰翳礼讃という小説の読書感想文のようなものです。

著作権が切れ、青空文庫になるほどの古書ですが、現在平屋を建築中の方に是非読んでもらいたい一冊です。

簡単に説明すると、こんな内容です。
厠(トイレ)は西洋の便器が主流になってきたけど、やっぱり昔の蝋をぬった木製が落ち着くよね。
今のお風呂はタイルが主流だけど、やっぱり昔の木のお風呂が良いよね。
などなど、今の我々が抱える悩みのように、先人たちも「今は昔は」と悩んでいたんですね。
結局、悩みながらも西洋文化の利便性を取り入れる決断をする筆者には、親近感がわきます。

昭和8年の本ですから、幕末から明治の文明開化から日本建築が大きく変化し、西洋の建築文化を数多く取り入れている時代です。
その代償として、陰翳の日本文化が失われていることを憂いています。

昔の日本建築は、今でも数多く残っているほどで、長く住み続けることが出来ました。
現在の住宅の寿命は約30年と言われていますが、伝統的な日本家屋は桁が変わるほど長持ちします。
今の時代になって、時代をさかのぼったような工法で家を建てることは考えられませんが、少しでも昔の文化の要素を取り入れた家を建てることが、実は私たちが最も心が落ち着く環境に近いのかもしれません。

陰翳礼讃の筆者が触れていますが、日本のわびさびをはじめ、陰に美意識を感じる文化は「不便の承認」から生まれました。
逆に西洋文化は、「不便の否定」から進化を遂げました。
日本は、不便な陰をどうにかして照らそうとするより、陰を受け入れ、その中に美意識を見つけ出し、文化にまで昇華しました。
西洋では、不便な陰をどうにかして照らそうと工夫し、便利な電気を生み出し、科学を発展させました。

日本文化、日本建築は、ありのままの自然を受け入れ愛する心から生まれたのです。
ひいては、“八百万の神”の信仰にも繋がりますね。

ほんの少しでも、こうした陰の要素を家に落とし込むだけでも、暗いと悲観的にならずに楽しい家づくりが出来るかもしれません。
見た目は西洋風ですが、建築思想は日本家屋なんて、なんだか風流だと思いませんか?

私がおススメなのは、写真集にもなっている、こちらの本です。
文章のみだと、あまりに昔すぎてイメージが沸きませんが、プロの写真家のイメージと共に読むと、想像力が湧き上がってきます。