WEB内覧会はじめました!

間取り図 – 第4案到着!

間取り図4案目!

間取り図をお願いするのも、4回目となりました。
設計士さんの負担にはなりたくないと思いながらも、やっぱりこうしたい!と思いもあり、なかなか決定できずにいます。
多くの方は、3~6案ぐらいで決定するかと思いますが、我が家もあと2回は細かい訂正をお願いしそうです。

今回は、屋根裏部屋への階段の場所を大幅に変化させ、家族用玄関を追加しました。
訂正してもらって思うことは、やはり訂正すればするほど、作りこめば作りこむほど、良くなっていきます。
これが最初から伝えられればいいのですが、いかんせん素人です。
作っていただいた間取りに対し、こうしたい!という希望を伝えるかしかありません。
何度も変更があり、設計士さんには、大変申し訳なく思います。

さて、間取り図はこちらです。

今までは、小さな訂正をしてきましたが、かなり大幅なバージョンアップです。

家族用玄関

家族が5人と多いので、物も多くなる予定です。
特に靴などをはじめ、今後は子供の成長と共に外物が増えることが予想されます。
靴は、1人8足で考えても、40足あります。
ブーツや長靴など、高さのある靴だと更に棚を使います。
更に、アウターをかける場所も違和感なく設置できました。

家族用玄関の案は、今回が初めてなので訂正は必要ですが、方針としては採用の方向で良いと思います。

訂正点としては、
・収納扉の尺が余っていれば、扉を付けたい
・コート掛けまで床が良い
・廊下の前に扉が欲しい(引き戸じゃないと使いづらい)
ぐらいでしょうか。
意外に少ないですね。
ほぼ、このままで、いいのかもしれません。

今、流行りの家族玄関ですが、機能的にはかなりおススメです。
物が多くなることが予想されるご家庭は、導入を検討してみはいかがでしょうか。

屋根裏収納階段

一言で、こっちのほうが良い。です。
前は、玄関入って目の前にあったので、階段を扉で閉じようか、それともオプションの無垢床と同じタイプにしようかと悩んでいました。
階段が今回の位置であれば、来客には見えない場所なので、標準の階段で十分です。
正直、あまり使う場所ではないので、ややアクセスしづらい場所でも、問題ありません。

※参考までに、前の間取りです。

ただ、スタディスペースと家族本棚が犠牲となりました。
よく考えてみればですが、ウッドワンの200cmテーブルを導入するので、そこだけでも十分かな?と言う流れです。
何かを犠牲にしなければ、坪数を増やすことになるので、致し方ないですね。

かつて階段のあった部分が、大きな収納となりました。
この収納は、今は使い道が明確にありません。
明確ではないと、どうクローゼット内を仕切るか・・・なかなか考えられません。
そのため、ファミリークロゼットを延長し、そこに布団も置けるようにしようかと考えています。
リビング側に扉を付けると、かなり使いやすくなりそうです。

キッチン周り

冷蔵庫が丸見えではありますが、壁を設けないことで解放感があります。
ただ、ファミリーパントリーも丸見えですね。
ここは・・・要検討ですが、妻は壁を付けたいと言っています。
もうひとつ、冷蔵庫が遠すぎじゃないかと心配です。
出し入れするのに、結構遠い感じがします。
来客をリビングで対応できれば、キッチン周りまでは見えないので、解放感重視で壁を作らずオープンにするのも、ありかもしれません。
このあたりは、好みですね。

来客・・・とは言いますが、それほど来客は多くありません。
身内の来客が、ほとんどです。
その為、自分たちの使いやすさ重視で考えても良いかなと思っています。

タイルデッキ

少し広くなった感じがしますが、前より正方形になり使いやすそうです。
他にもウッドデッキや芝生などの選択肢がありますが、なんだかんだで㎡@2万で作ってもらえるタイルデッキが、一番お得です。
現在、芝生とどちらにしようか悩んでいますが、手入れのことも考えると、タイルデッキかなという流れです。

最後に

納得いくまで、間取りは悩みぬきたいですが、半面設計士さんには申し訳なく思います。
最初から、これで!と言えるような間取りを自分で考えられればいいのですが、やはり素人には難しいです。
運よく良い設計さんにあたりましたので、こうした書き換えは快く引き受けていただけますが、本当に心から感謝です。

注文住宅の間取りづくりまとめも合わせてご一読ください!

注文住宅の間取りづくり手引きのイメージ写真 注文住宅の間取りづくりまとめ

平屋に特化した間取りづくりの手引きもまとめてあります。

平屋の注文住宅の間取りづくりまとめの図 平屋の注文住宅の間取りづくり手引き

県民共済住宅の間取り作りの手引きもありますので、これから間取りプランを作る方は一度目を通してください。

県民共済住宅での間取りづくりの手引き