Instagramで建築工事ライブ中!

ブログが繋いだ出会い

つい先日ですが、このブログを通じて出会った方のお宅を拝見する機会に恵まれました。
ブログのおかげで、とても貴重な体験をすることができました。
私は、それなりにこだわって家づくりをしていると思っていましたが、お話を聞くうちに、自分のこだわりなんぞはごくごく一般的なことだけだった・・・と痛感しました。
と、いうと、なんだか修行してきたような感じですが、実際はとても楽しい時間を過ごすことができました。

ネットの出会いは難しいです。
知っているのに会ったことがないですし、人見知りの私は、もう何を話してよいのかわかりませんでした。
ハンドルネームも、怪しさ満点の「とよクマ」です。
色々と心配はありましたが、最後の方は、同じ県民共済住宅という共通の話題で、かなり自然体でお話することができました。

県民共済住宅のデメリットの1つに、実際に建てた家を見ることができない。
実際に住んでいる方の生の声を聞くことができない。ことがあります。

今回は実際に生の声として、ミーレのお話や、無垢床の肌触り、ウッドワンのキッチンの使用感など、かなり細部までお聞きすることができました。
また、一度建てた方に間取りを見ていただくと、色々な改善点が浮かび上がってきました。
・・・教えてもらいました。

ブログを通じて、こうした貴重な出会いがなければ、最後まで“予想”で建てるしかありませんでした。
確信がない行動は、不安ですよね。
実物を見ると、良い意味で予想と違うことが多数ありました。
削減したつもりが、やっぱりここは外してはいけなかった!
逆に、こだわったつもりが、それほどこだわらなくても良いところだった!
などなど、出会いの前後で、これほどに自分の感覚が変わるものかと思いました。
県民共済住宅でも装備の展示はありますが、小さいもので(部材の一部)リアリティーがわきません。
実際にしっかりと敷き詰められて使用している感じとは、思った以上にイメージの違いがありました。

こうした経験から、私は建てた後もブログを続けていきたいと思います。
実際の使用感などは、もしかしたら一番必要な情報なのかもしれませんね。

さて、よかったらですが、ブログ書いてみませんか?
ブログを書くことで、県民共済住宅で建てた色々な方々と、繋がることができます。
もしかしたら、私のように、すばらしい出会いが待っているかもしれません。
自分ひとりには、限界がありますが、色々な方の知恵を借りれば、今の間取りがもっと良くなることは間違いありません。
ぜひ、はじめてみませんか!