WEB内覧会はじめました!

ウッドワンキッチンのカスタマイズ

ウッドワンショールームへ

前回は、キッチンや無垢床、建具の見学にショールームに行きましたが、今回はキッチンのカスタマイズです。

我が家は、キッチンに大きなこだわりはありませんでしたが、設計士さんに促され・・・
じゃあ行くか!と、重い腰を上げていくようなテンションでした。

キッチンのカスタマイズ

思った以上に、色々な部分がカスタマイズできますね。
訪問して、かなり驚きました。

ミーレ食洗器をはじめ、左右シンク、ガスかIHか・・・ぐらいの基本的な内容だけかと思っていましたが、予想以上に細かく指定できました。
我が家は、基本的な内容だけなら、行かなくてもいいんじゃない?
と思っていましたが、ここまで細かくカスタマイズできるのであれば、行って良かったです。
また、担当者が付いてくれるので、それぞれのカスタマイズについて、専門的な話を伺うことも出来ました。

予算の都合上、ほとんど特別なカスタマイズはしませんでしたが、我が家の仕様は以下の通りです。

水道・浄水器

3種類ぐらいから選べましたが、我が家はミーレを導入するので、一体型の水栓にしました。
ミーレを入れない場合は、別にしたいですね。
もちろん、隣で使えるからです。

導入したのは、三菱ケミカル・クリンスイの浄水器一体型水栓です。
何となく上からフックのように蛇口がある方が、作業中に邪魔にならないかなと思いました。
定価ベースで、¥83,000です。

浄水器の部品交換は約1年です。(1日20リットル計算)
我が家は20リットルも使わない気がするので、1年半ぐらいは使えそうです。

交換用のカートリッジは、amazonなどの通販でも買うことが出来そうです。

値段は、定価と、あまり変わりませんね。

他にも浄水器との混合水栓はありますが、水栓そのものに取り付けるタイプとなります。
3本で¥15,500で、4か月ほど持つ造りなので、上のタイプとそれほどコストパフォーマンスは変わりませんね。
UDF9001の型番となりますが、通販にはありませんでしたので、ウッドワンの直販から購入する必要がありそうです。

浄水機能は、HDF9006が13物質除去に対し、UDF9001は11種類です。
正直、大きな違いが判りませんが、同じコストであれば項目が多いほうが得かなと思いました。

私は、センサー式のオート水栓が良いと思ったのですが、なぜか却下となりました。
楽だと思うんだけどなあ・・・。

食洗器(ミーレ)

もちろん、ミーレを採用しました。
地盤改良が不要になったことで、何とかミーレを導入することが出来ました。
万感の思いです。

改めて、色々とお話を聞いて、驚いたことがあります。
まず、中の棒を自分のお皿の形に曲げることで、自分に合った入れ方が出来ます。
例えば、お茶碗やコップは、それぞれよく使う自分のものがありますよね。
棒を動かすことで、色々な大きさの食器が、ぴったりと納まります。

カタログスペックでは、1回の洗浄に約28円かかると記載されています。
手洗いでは、55円程度かかるようです。

安くもなるし、手間も省けるので、いいこと尽くしです。
デメリットは、イニシャルコストの高さでしょうか。
定価ベースで、¥365,000です。
20年は、使いたいですね。

ガラスパーテーション

油はね防止のために、ガラスパーテーションを取り付けます。
あまり意味が無いかもしれませんが、気休め程度にでも、あればいいかなと思い採用しました。
このガラスですが、ミーレで洗浄できるようです。

カタログに、載っていますね。
ガスコンロ時に、推奨となっています。
我が家はガスにする予定なので、一応付けます。

加熱機器、レンジフード

それぞれ、県民共済住宅標準にしました。
標準でも、それなりに良いものとのことなので、そのままでお願いしました。

レンジフードは汚れ次第洗浄するのですが、これもそのままミーレで洗浄できるようです。
便利な時代になりましたね。

カップボード

間取りの都合上、180cmタイプです。
ボードの端に木の板が必要な場合は、オプションになります。(エンドパネル)
地味に痛い金額です。
両端を通常の壁にすれば、エンドパネルは必要ありません。

我が家の場合、洗面所に通じているので、家族が良く通る場所になります。
その為、狭くなるよりかは・・・と思い、エンドパネルを採用しました。

打ち合わせシート

打ち合わせをしながら、このようなシートに書き込んでいきます。

間違いもあるかもしれないので、後で確認しましょう。

新型に変更!?

あと数か月で、キッチンがリニューアルするとのことでした。
来年の3月ぐらいの完成だと、もしかしたら仕様変更になるかもしれません。
詳しくは未決定のようですが、新しいタイプがいいので、希望しておきました。
基本的には良くなるようなので、楽しみです。
値段も上がるかもしれませんが、それほど大幅に上がるとは考えにくいです。
であれば、新しいほうがいいですね。

大きなデメリット

ウッドワンのカスタマイズは、すべて定価ベースの話となります。
打ち合わせ後に、情報が県民共済住宅に届き、その後県民共済住宅より特別価格が提示されます。

業界では当たり前の流れなのかもしれませんが、ユーザー側としては、とてもやりにくいです。
キッチンだけではなく、ドアも別の物を選びたかったのですが、すべて明瞭な価格が出ません。
その為、とりあえず数種類入れておいて、後で値段を確認してから、選択したもの以外を削る方法しかありません。

この方法は、入れる入れないの間違いも多く出るかと思います。
現時点では、自分自身で細心の注意を払う他ないです。
最終見積りで間違いが無いか、しっかりと確認しましょう。