Instagramで建築工事ライブ中!

暖房器具を考える

勾配天井、吹き抜けは寒い!?

何から何まで、仕様はすべて施主の判断となる県民共済住宅ですが、皆さまはどのような暖房器具を選びましたか?
通常はエアコンのみの設置かと思われます。
しかし、勾配天井や吹き抜けを選んだ方は、エアコン以外の第2の暖房器具を選んだかと思われます。

ずいぶん前に、とあるハウスメーカーの平屋のモデルルームを見学した時の話です。
勾配天井のリビング(8畳)を観ましたが、想像以上に解放感があり、広く感じました。
その見事な勾配天井にほれ込み、私も是非とも導入したいと思いました。
営業の方の話ですが、とにかくデメリットとしては熱効率が悪いとのこと。
夏は暑いし、冬は寒い。
特に冬は寒く、床暖房を入れないと、かなり寒いだろうと仰っていました。

今回は、必需品のエアコンと、もう1台の暖房器具の導入を考察していきたいと思います。
ちなみに、現在のところ、未決定です。

床暖房

直球ストレートの王道は、やはり床暖房でしょう。
県民共済では、電気式と温水式のどちらかを選択することが出来ます。
電気式は、電気の力を動力とします。
温水式は、文字通り温水を床下に流して温めます。(実際は不凍液と言う謎の液体)

電気式のメリット、デメリット

電気式のメリットは、イニシャルコストが温水式に比べ安いことです。
デメリットは、ランニングコストが高いこと。
電気代は、かなり かかるみたいです。
温まりは、遅いです。

温水式のメリット、デメリット

温水式のメリットは、何といっても、その心地よい温かさです。
下に温泉が流れているようなものですからね。
それはそれは、気持ちよく心地よいでしょう。

また、電気式と違いスイッチを切ってもすぐに冷たくならず、余熱が残ります。
デメリットは、エコワンの導入が必須です。
エコワンのオプションが約30万です。
それに床暖房のオプション代が加算されますので、全部で60万程度になります。

やっぱり床暖房は最高!

予算があれば、温水式の床暖房をチョイスすれば間違いないでしょう。
寒さは足、下から感じますので、足が温かいのは大きいです。
また、部屋全体を自然な温かさで温めますので、気持ちが良いでしょう。

コストがかさむ床暖房

しかし、予算が限られている我が家では、温水式のイニシャルコストの60万が壁になっています。
また、エコワンが必須なので、エコワンが故障し、入れ替えのコストが引っ掛かります。
県民標準のエコジョーズが、リフォーム部のチラシでは13万程度です。
エコワンのオプション価格が差額で30万と考えると、定価では50万は必要となります。
設置や処分も入りますからね。

また、定期的に不凍液の交換も必要なようです。
約5万程度。
電気式は、かなりの電気代になるとのこと。

確かに理想ではあるのですが、我が家の生活レベルでは・・・無念ですが手が届かないです。

電気蓄熱暖房機

設計士さんが、「知ってましたか?こんなのもあるんですよ。」
と、手渡してくれたカタログ。
それこそが、電気蓄熱暖房機のカタログでした。

県民共済住宅でも、導入が出来るんですね。

電気蓄熱暖房機の仕組み

夜の電気代が安い時間に蓄熱し、日中に放熱させます。
これが、毎日サイクルとして続きます。
中身の蓄熱材は、レンガを使用しているので、付けたり消したりするのは、効率が悪いです。

電気蓄熱暖房機のメリット

何といっても、一日中部屋の中が温かいということです。
在宅でお仕事をされている方などは、うってつけ ではないでしょうか。
私が在宅仕事であれば、迷わず導入しますね。
吹き付け断熱にして高気密にすれば、なお効果を発揮するでしょう。
高気密の家だと、家全体が暖かくなるほどの熱量らしいです。

電気蓄熱暖房機のデメリット

蓄熱するタイプなので、本体がかなり高温になるようです。
カタログに、柵があるほどです。
我が家のように、小さな子供がいる世帯には、危険かもしれません。
また、レンガを内部で積むので、床補強が必要です。
重さは、300kg~500kgと、信じられない重さになるようです。
当然ですが、オフシーズンに移動はできません。

そして、デカいです。
半端じゃなく、デカいです。

意外とイニシャルコストも高く、30万は必要になります。

基本は電気が動力なので、電気代が かなりかかります。
昔は、電気蓄熱暖房機を導入した場合、電気料金の割引があったようですが、今は廃止されたようです。

ガスファンヒーター

石油系もあるのですが、私はあえてガスが良いかなと思っています。
ガスファンヒーターは、単純にガスの力が熱源です。
イメージとして近いのは、石油ファンヒーターです。
すぐに温風が出ます。

おススメの理由は、ふたつあります。

①県民共済住宅提携のプロパンガス業者が、破格に安い

さすがの私も、値段を書くのを躊躇するぐらいの安さです。
検索すると、お住まいの市内では最安値では~なんて、出てくるかと思われます。
ほぼ、その金額と同額だと思います。
近年、電気は値上げ傾向にありますが、ガスは電気ほど値上げは大きくありません。

②イニシャルコストが安い

ガスの配管工事は必要となりますが、本体そのものは5万程度です。
かなり安いと思います。

ちなみに配管工事代は、詳しくは書けませんが・・・予算のない私でも、抵抗のない金額です。
給湯関係全体で、15万は覚悟していましたが、全然そこまでは いきません。

エコジョーズとエコワンの比較

我が家は3人男子で、キッチンではIHを希望しています。
食器洗いは、ミーレにお任せです。
男子3人の入浴なんぞ、カラスの行水とは言ったもので、早ければ1分です。

それが、女の子3人だと、どうでしょう。
噂によると、ひとり40分なんてザラと聞いたりもします。
髪も長いですしね。
夏場は、朝もシャワーを浴びるのでしょうか。
そう考えると、どこでもドアのしずかちゃんの出先が、いつもお風呂と言うのも、納得できます。

だいぶ話がそれましたが、お湯めっちゃ使うならエコワン
そんな使わないならエコジョーズ
ただ、それだけです。

初期導入で、エコワンは30万必要です。
給湯機の寿命が10年と考えると、年当たり3万円。
月当たり、2千5百円の削減が絶対的に必要です。
でなければ、赤字です。

女の子3人で、給湯式の床暖房を入れたい。
食器が手洗い。
乾太君も使う!
なんて方は、親兄弟にお金を借りてでも、エコワンは導入するべきだと思います。

エアコンとファンヒーターで疑似ハイブリット!?

私が、あれこれと右往左往しながら考えた結果ですが、やはりガスファンヒーターの火力は魅力です。
エアコンの場合は、冬の朝など、温まるまでに時間が必要ですが、ガスファンヒーターなら、すぐに温まります。
比較的暖かい地域なので、予想されるのは朝方と寒い日の夜の使用になるかと思います。

ここで一番大事なことですが、なんだかんだで普及しているだけあって、熱効率ではエアコンが最も良いということです。
エアコンの代わりに・・・とかは、特別な事情が無ければ考えすぎないほうが良いです。
なので、ランニングコストを少しでも安くするには、エアコンの力は必須で主役です。

であれば、エアコンの弱みである、一定温度までの到達。を手助けできるアイテムが、相性が良いということになります。
これはもう、ガスファンヒーターですね。
逆にガスファンヒーターは、温度維持が出来ないわけではありませんが、やはりガスなので高いです。
温度維持は、電気(エアコン)の方が、優秀かもしれませんね。
実際に、そんなコンセプトのファンヒーターも販売されています。

極端に寒い日は、両方を弱などで稼働させると、効果的かもしれません。

そんなことで、イニシャルコストとランニングコストを極限まで抑えたとよクマ式ハイブリッド
は、いかがなものでしょうか。
反響があれば、もう少し詳しく記事にします。

・・・とかいいながら、お奉行=妻が、「いや、そこは床暖房だろ。なんか胡散臭い。」と、鶴の一言で却下かもしれません。
さて、これからプレゼン資料でも作りましょうか(笑)

自然の恵み、採光も味方につけよう

冬場の西日の採光を、部屋に とり入れる。
高気密高断熱の現代では忘れがちですが、自然な光も熱源のひとつとして大事にしましょう。
夏の日光と冬の日光では、差し込む角度が違います。
設計ソフトでも手軽に計算できますので、ぜひこちらも窓の位置決めの時に、検討材料として入れてみてください。