人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

地盤調査速報!降って湧いた120万!

季節の変わり目、いかがお過ごしでしょうか。

私は、育休中をいいことに、小学生の子供と夏休みをハッスルしすぎて、9月早々、扁桃腺をやられておりました。
41℃の熱が2日間続いていたのですが、延々と灼熱の砂漠で、木製の椅子を作る仕事の夢を見ていました。
ちなみに、その椅子が完成すると熱が下がる(設定)のようなのですが、作っても作っても、熱は下がりません。
あと1日このままだったら、人格崩壊をしていたかと思います。

今回得た教訓としては、大人は夏は、ほどほどに遊ぼうね、ということです。
老化は、確実に始まっている・・・のではなく、進行しているということです。

さて、本題になりますが、寝込み中に県民共済住宅から電話がかかってきました。
どうやら、地盤の調査の結果が来たようです。

ん・・・いや。ちょっと待ってくれ。
地盤調査の会社が電話してくれる、とのことだったので、ずっと電話を待っていました。
地盤調査ってどうやるか見たいし、話も聞きたかったので・・・
ブログのネタにもなりますし。

でも、そんな事お構いなしに、連絡なしで調査してしまったようです。
まあ・・・済んだことを、あれこれ言っても仕方ないでしょう。

肝心の結果ですが、なんとなんと、「地盤良好」とのこと。
え?嘘でしょ?
熱があったので、幻聴でしょうか。
この辺、緩いって有名ですよ?
地盤サポートマップでも、みんな地盤改良やってますよ?

なんだか不安ですが、必要ないものは必要ないのでしょう。
素直に喜びたいと思います。

正直ですが、地盤の金額が予定より増えていたら、諦めて2階建てにする予定でしたし、予定通りの金額でも予算が足りない状況でした。
そもそも、足りない時点で予定や予算とは言えませんが・・・
オプションを削りに削ることで、何とか、どうにかする予定でした。
まあ・・・消費税分を忘れて住宅ローンの金額を申請した私が悪いのですが。

ただ、ここで、改めて気を引き締めていきたいですね。
ついつい、120万を何に使おうかと思いがちです。
面積を削る前に戻す気はありませんし、オプションを増やすつもりもありません。
(一瞬、タイルにしちゃうか?とか思いましたが)
私は、ミーレを入れられるだけで、ありがたいです。
唯一ですが、勾配天井にするために、冬の寒さが心配です。
蓄熱暖房、もしくは床暖房を搭載できないかと考えています。

前からブログで書いていましたが、住宅ローン(総費用)は、少なければ少ないほど楽なのです。
少なく済むようであれば、それでいいのです。
当たり前のことかもしれませんが、ついつい折角だから・・・と、なりがちです。
そこを冷静に、冷静に・・・だけど、みじめにならない様に。
難しい塩梅ではありますが、こんな世の中だからこそ、10年後のことは何も予測も保証もできません。
できる限り、負担を少なくしたいですね。

最後になりますが、地盤改良が必要なくなったことで、また新たな問題(心配?)も出てきました。
地盤に対する保証はどうなるのか?です。
県民共済住宅での保証は もちろん付くとは思うのですが、その他民間の保険などはあるのかなど、近いうちに記事にしたいと思います。