Instagramで建築工事ライブ中!

玄関収納を考えよう

目的別収納が主流

家の中には、色々な目的の収納があるかと思います。
今の時代は、目的別収納が主流ですね。
間取り作成中の方は、どこにどんな収納を配置すれば、動線的に良いか悩みどころですよね。
私も収納の場所と動線は、かなり悩みました。
収納そのものの用途にも、かなり悩みました。
目的別収納は確かに便利ではあるのですが、何か抜け落ちると大変なことになります。
ありとあらゆる物を紙に書いて、ラインナップし、何度も確認しました。
1人で決めると、必ず抜け落ちがあるので、是非パートナーと相談し、すべての物を何処に収納するかを話し合ってください。

屋根裏部屋を活用しよう

前の記事にも書きましたが、屋根裏部屋は、ぜひ建築しましょう。
1,2階より坪単価が安く建築できます。
これはよく使う!
と思う物以外は、出来る限り屋根裏部屋を使用し、坪単価を節約できるように工夫しましょう。

収納の要は玄関!?

さて、収納の中でも、玄関はとても重要な場所です。
収納したい物をラインナップすると、意外と種類が多かったのは、玄関でした。
物そのものの数や量ではなく、種類です。
アイテム数が、とても多いです。

玄関に置きたいもの

・コート
・バック(カバン)
・帽子、マフラー、手袋などの防寒具
・子供のランドセル
・傘
・ベビーカー
・来客用スリッパ
・自転車用ヘルメット
・靴
・ゴルフバック
・工具
・スポーツ用品

かなり、種類がありますね。

我が家の場合は、鍵やハンカチなども、出来れば玄関に置きたいです。

物の収納場所を決めよう

我が家の玄関収納は、玄関の左右の収納、土間収納で すべてを納めなければなりません。

それぞれ、以下のように配置しました。

左・コート
左・バック(カバン)
左・帽子、マフラー、手袋などの防寒具
子供部屋・子供のランドセル
土間に傘立てを置く・傘
土間・ベビーカー
右・来客用スリッパ
土間・自転車用ヘルメット
右と土間・靴
土間・ゴルフバック
土間・工具
土間・スポーツ用品

もしかしたらですが、玄関の廊下は広くとってあるので、後々には壁にフックをDIYして、ランドセルを かけるかもしれません。
自分の部屋まで持ち帰ったほうが、宿題や明日の用意をしやすいシミュレーションですが、実際に使ってみないとわかりません。

何度も見直しを

ついつい理想的な間取りばかりを考えていると、収納が後回しになってしまいます。
色々な考え方はありますが、私は実用性を最も重視しています。
家事動線や回遊性を重視し、住みやすく暮らしやすい家づくりが目標です。

家事動線や回遊性を考慮する上で、切っても切れないのが、収納です。
収納がひとつ抜け落ちている、それだけでかなり使いづらい家になってしまいます。
関連性のあるものを、離れた位置に収納しなければ ならない。
なんてことも、あるかもしれません。
特に、よく使うものは、抜け落ちや非効率な場所でないか、何度も見直しましょう。

未来にも目を向けよう

子供の成長や夫婦の老化に合わせて、柔軟に対応できる収納も大切です。
平屋の場合はあまり深く考えることはありませんが、2階や屋根裏部屋に収納のウェイトを高くした場合、老後など将来的に使いづらくなったりします。
2階建ての場合は、夫婦2人分の物は、1階ですべて収納できるように工夫をすると後々使いやすいと思います。

収納の中でも、玄関の収納は種類が多いです。
是非、子供の成長や老後のことも考えつつ、収納案を考えてみてください。
我が家の場合、現在(子供が小さい)、ちょっと先(子供が大きくなったら)、ずっと先(夫婦ふたり)、で表を作り考えました。

抜け落ちを回避するには

自分で何度も何度も考え、見直しますが、私も含め素人です。
絶対に何か、重大な抜け落ちがあります。
抜け落ちは、絶対にあると確信を持って臨んでください。

間取りの依時に、玄関収納に入れたいものを、設計士さんに伝えます。
打ち合わせ時に、「これぐらいかと思いますが、設計士さんの視点ではどうでしょうか?」
など、一度は聞いてみると良いかと思います。
1年でかなりの数の間取りを考えている、プロ中のプロです。
是非、頼りましょう。

何といっても本がおススメ

収納の知識と知恵を吸収するには、やはり本がベストです。
こんな方法があるんだ!
と、必ず目からウロコの内容が発見できるはずです。
抜け落ちや非効率で一生悩むのであれば、一冊の本に是非投資してみてください。

いつものように図書館もおススメしたいのですが、収納に関しては出来る限り最新の本が良いです。
時代と共に収納の考え方は変化していますし、新しいアイテムも年々進化、多数新商品が出ています。
まずは本を参考に、次に最新の収納グッズを調べてみましょう。
収納が何倍にも効率よく、使えるようになるかもしれません。

意外なのは、100均です

収納棚は県民共済住宅で作ってくれますが、効率的に使用するには、カゴなどの入れ物が必要です。

え?100均なんて、建てた後の引っ越し前に行けば、それでいいよ。
と思うかもしれませんが、設計段階で行ってみてください。
色々なグッズを見ながら間取りを考えると、色々なアイディアが浮かびます。
カゴ以外にも、活用できるものが、数多くありますよ。