WEB内覧会はじめました!

ちょっとした節約技(靴箱の話)

靴箱を付けない選択

今回は、ちょっとした節約の技をご紹介したいと思います。
当たり前に付属する標準の靴箱ですが、無しに出来ることをご存知でしょうか。
靴箱を無しにすることで、-¥44,000の減額となります。

室内収納枠で対応しよう

靴箱が無い場合、靴をどこに収納するの!?
となりますよね。
玄関に全員分を並べるわけにもいきません。

そこで活用したいのが、一般的な収納です。
県民共済住宅の場合、収納を作ること自体はオプションになりませんが、収納の扉に制限があります。
35坪の場合、27尺=8mほどが、標準仕様となります。
それぞれの間取りにもよりますが、8mに余裕がある場合は、この裏技がおススメです。
先ほどの靴箱は、無しにすることで減額になりますが、収納扉は仮に5mだとしても減額などはありません。
つまり、出来る限り8m分を使い切ったほうが得です。

わが家の間取りの場合、あえて扉を付けない収納が多かったので、収納扉の長さが大幅に余っていました。
そこで、靴箱を無くし、靴クローゼットにしました。
2か所ありますので、右側をコート入れ&靴入れ、左側を靴入れとしました。

前も書きましたが、コート置き場は必要です。
出来る限り、玄関近くか土間収納あたりが理想です。

玄関の間取りを参考にしてください。

土間収納も有効活用

土間収納も造りによりますが、偶然細くて狭い場所が余ってしまうことが、あるかもしれません。
また、意図的に靴の場所を作ると良いかもしれません。
土間収納そのものに扉を付けるので、玄関まで臭いが漏れる心配はありません。
棚さえあれば、OKです。

靴の衣替えなど、土間収納を活用しながら、季節による入れ替えなどもおススメです。

かかる費用

クローゼットが標準で収まったとしても、内部の棚は必要です。
mあたり¥2,700と、可動棚の下地がセット当たり¥4,600となります。
こうして考えると、大幅にお得というわけではありません。
しかし、お値段以上に得られる満足感があります。

注文住宅ならではの贅沢

折角の注文住宅ですから、すべてが造作になっている。
って、なんだか贅沢な感じがしませんか。
建売では仕方ありませんが、作り付けと言うことは、そこに手間と部材が必要です。
一般的なハウスメーカーで考えると、手間と部材の代金は、想像する以上に高いものでしょう。
県民共済住宅の場合は、こうした施主オリジナルの造作も、非常に安価で依頼が可能です。
他、ニッチ作りなども含め、大いに活用しましょう。

標準の靴箱は

標準の靴箱は3列となります。
オプションで4列まで対応可能です。

過去に記事でまとめていますので、ご覧ください。
ウッドワンやダイケンの靴箱が一般的かと思いますが、どちらも良い作りです。
県民共済住宅での展示もされていて、手で触って実際に確認することが出来ます。

最後に

玄関に靴箱を置かないことで、玄関周りがかなりスッキリした印象になるかと思います。
造作の靴収納は出っ張りませんので、狭い玄関だとしても、それ程の圧迫感を感じないでしょう。
玄関の面積を削ることにもなります。
是非、ご活用ください!