人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

県民共済住宅で選べるクローゼット建具(ウッドワンショールーム)

ウッドワンのオプションクローゼット扉

県民共済住宅標準の収納建具(クローゼットの扉)は、アイカ製のみとなっております。
ウッドワンのクローゼット扉を選ぶ場合は、オプションで一式2万円かかります。
一式はクローゼット毎に必要ではなく、一棟一軒あたりとなりますので、お得かもしれません。
無垢床とコーディネート(合わせたい)場合は、ウッドワンのクローゼットを選ぶと違和感が無くなり良いと思います。

実物の質感は?

ウッドワンからもらったカタログには、比較的小さな写真で掲載されているので、私にはあまり良さが伝わってきませんでした。
ちょうどショールームに実物があったので、手に取って見ることが出来ました。

思った以上に高級感があり、しっかりとした造りと木の厚みでした。
クローゼットの中に入って扉側を見てみると、外の光が入ってきて、角度によっては外が見えるぐらいの通気性があります
クローゼットって湿気が溜まりやすい場所ですよね。
シーズン前の衣替えで入れ替えているときにカビが生えてたなど、一度は経験があるかと思われます。
このクローゼットの場合は、通気性が良いので、そうした心配は少なそうです。

また、こうした通気性の良い作りの場合、強度が心配でしたが、最初に述べたようにかなりしっかりした造りなので、それ程もろい感じはしません。
ただわが家の場合はサルが3匹いて、室内でボール投げを始めたりします。
恐らくですが、ボールがストラックアウトばりのジャストミートでブラインド部分に当たると、メシャって折れそうな感じがします。(わが家限定)
ですが、普段使いで強度が弱く感じることはまずないでしょう。

さて、県民共済の一式2万円のオプションでは、以下の2種類の扉を選ぶことが出来ます。

WOODONE ウッドワン ピノアース クローゼットドア S-LXルーバータイプ

ルーバーとは、よく外構のフェンスにあるのですが、通気性と目隠しの両方を兼ね備えたブラインドのようなタイプの事です。
色はナチュラル色かホワイトのどちらかから選択できます。

WOODONE ウッドワン ピノアース クローゼットドア S-VP落とし込みタイプ

一方こちらは1枚べた板の落とし込みタイプです。
落とし込みとは、扉の中央がこちらから見ると窪んでいますね。
通気性はS-LXに軍配が上がりますが、強度はこちらの方がありそうな感じがします。
特に、わが家の場合は壊れるリスクが下がりそうです。
まあ、私に決定権は一切ないので、悩む必要もありませんが・・・。

楽天での値段は全く同じでしたので、どちらかが原価的にお得と言うことはありません。
こちらも同じく2色から選べます。

県民共済住宅の扉や収納はどこまでが標準?

こうして扉を調べてみると、クローゼットはどこまで作れるのだろう。の疑問が出てきます。
この答えとしては、予約時に貰える「間取り作りにあたり」に詳しく記載されています。

収納扉の尺数は27尺が標準となり、また坪数による加算もあります。
※収納建具は折れ戸、両開き戸、片引き戸のみ標準となります。
※収納扉に引違い戸を採用する場合はオプションになります。
※和室の押入建具も対象になります。
※ウォークインクローゼットの出入り口建具も収納扉の対象になります。
※計算式 27尺+(坪数―35)
例:35坪以下の場合は27尺が標準となります。

出典:県民共済住宅 間取り作りにあたり

あの・・・私は尺と言われてもすぐには計算できません。
1尺って、どれぐらいでしょうか。

1尺=30.303cm

約30cmで良いと思います。
それに、27をかけるわけですね。

27尺×30cm=810cm(約8m)

8m・・・と言われてもピンときませんね。
感覚的には、一般的な住宅であれば十分に収まる感じはします。

クローゼットの中の造作は?

クローゼットの中に造作で稼働棚を付ける場合は、オプションとなります。
一般的なハンガーパイプがあって、その上に棚があってなどの作り付けは標準仕様内で、特別なことをしない限りはオプションにはならないとのことです。
つまり、クローゼットはいくつあってもオプションにはなりませんが、扉の長さに制限があると言うことです。
どうしても扉の延長分のオプションが高くなるようであれば、人目につかないところは扉を付けない、DIYで上下のロールカーテンを取り付ける、左右のカーテンを取り付けるなどの工夫もありかもしれません。

クローゼットは一番使う場所

そう、1日はクローゼットから始まり、クローゼットに終わる・・・と言っても良いぐらい、クローゼットは開けたり占めたり頻繁にします。
最近は、なるべく部屋に家具を置かずに収納で対応し、部屋をスッキリ使いますよね。
目的別収納という考え方です。
昔、家のタンスを着替えの度に何度も明けたり閉めたりしたのが、今ではクローゼットの扉になっています。

そう言えばですが、私の母が結婚した時は、桐のタンスを嫁入り道具に持ってきたと言っていました。
ちなみにこのタンス、20年前に引っ越した時に、新しい家に合わないという理由で廃棄しておりました・・・。
時代の移り変わりとは、悲しいドラマを生むものです。

さて、話を戻しますが、そのぐらい開け閉めをするので、後悔のない収納計画とデザインを心掛けましょう。
わが家の収納計画も、間取りの正式決定後、記事にしたいと思います。