人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

県民共済住宅のオプション(トイレ手洗い、間仕切り、エアコン)

トイレ手洗い

トイレ手洗いの最安オプションを探していましたが、県民共済住宅オプションのコフレルワイド最安値とのことでした。

初めて実物を見ましたが、トイレの手洗いとしては十分なシンクの大きさで、それほど場所を取らないことから、省スペースのトイレにも十分設置できそうな感じがしました。

わが家はリビングに設置する予定の家族用トイレは、洗面所の手洗いを使用するか手洗い付きのトイレ本体にする予定です。
もう1つのトイレは来客の使用も考慮し、手洗いを付けることを考えています。
家族用と来客使用のトイレを分けることで、来客が洗面所に入らない間取りが良いかなと考えています。

コフレルワイドの下の戸棚は収納になっており、トイレの掃除用具などをはじめ、トイレットペーパーなども収納できます。
その為、来客用のトイレはコフレルワイドを設置することで、収納は必要ないかもしれません。
あと、トイレ収納は標準で壁に入るタイプが付属します。
コフレルワイドがあれば、この壁収納を別の場所で使用することも可能かもしれません。
そうすることで、別の場所で考えているニッチや壁収納のオプションが浮くことを考えると、コフレルワイド自体はそれほど高いオプションではないのかもしれません。

間仕切り室内引き戸

室内を仕切る扉をオシャレにしたい場合は、こちらの間仕切りを使います。
半透明だと圧迫感がないので、部屋も開放的に広く見えるのかもしれません。

私が検討しているのは、この写真の左上にあるキッチン収納です。
この形にすると、冷蔵庫から食器から何から、全部扉を閉めることで見えなくなります。
中に可動式の棚を作ってもらうことで、食器棚が必要なくなるかもしれません。
ただ、いちいち扉の開け閉めをすること(来客時以外は開けっ放しもありかも)、棚のどこかの正面にまとまった扉があるので、ずらしながら物の出し入れをすること がデメリットになるかもしれません。
扉を全開にした時は、壁の中などに扉を収納できるようにも設置できるのでしょうか。
最大で扉3枚分の収納になるので、パントリーも兼ねられるかもしれませんね。
いずれにせよ、全部入れて全部隠せるというのは、とても楽な感じがします。

こちらは折戸のバージョンです。
現物を確認していないのでよくわかりませんが、こちらの折戸バージョンの場合は間仕切り用でしょうか。
リンクの写真を見る限りでは、間仕切りにした場合の扉が邪魔にならない感じですね。
ただ、このタイプの場合は強度が気になります。

エアコン

エアコンも毎年モデルチェンジがあるのかもしれませんが、私が確認した時はこの機種でした。
S22VTFXS-W という型番の機種ですが、ダイキンのFXシリーズになりますね。
結構上位モデルなのかもしれません。

ちなみに、価格ドットコムの最安値は、現在約10万弱
県民共済では、設置も込みで¥75,600です。
正直、え?と思うほどお得ですね。

私はエアコンは量販店で最安値の物を買う予定でしたが、最安値でも5万ぐらいはしますよね。
高いモデルであれば、複数台買うことで割引もできるのかもしれませんが、一番安いエアコンでは難しい感じがします。
5万と比べても2万5千円の差ですから、迷わず県民共済のオプション採用ですね。
これ、建てた後でもリフォーム部の扱いで追加できるのでしょうか。

ただ、量販店との大きな差は保証です。
量販店で購入するのは今のネット通販時代に少し高い価格となりますが、対価として長期間の保証があります。
経験上、エアコンは当たり外れが結構ありますし(すぐ壊れたとか)、水が垂れてきたなどのトラブルもありました。
比較的、故障などのトラブルが多い家電な気がします。
量販店にもよるかもしれませんが、おおよそで5年ぐらいの保証は付きますよね。
故障時の対応はどうなるのか?も、しっかりと調べた上で、選んでいきたいですね。
このあたりは、この先わかり次第、追記していこうかと思います。