人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

県民共済住宅のオプション(お風呂)

時代は自動洗浄!?

そう、その昔・・・私が子供の頃の話になりますが、お手伝いの定番と言えば雨戸閉めゴミ出し、そしてお風呂掃除でした。
それぞれの家庭で違いはあるかもしれませんが、子供でも何かしらのお手伝いはしていましたよね。

ですが、県民共済住宅のお風呂の展示を見て超絶度肝を抜かされました
なんと、時代は浴槽自動洗浄まで来たのです。
その名も、おそうじ本舗。

色々なことを思い出しました。
「洗ったよ!」と言いながら、実は水で流しただけだった少年時代。でも、お風呂がヌメってるのですぐにバレてゲンコツをくらった少年時代。
真面目にやったのに、石鹸を使いすぎて怒らた少年時代。
かーちゃんのシャンプーを間違って使ってしまって、フローラルな香りを振りまいて学校でえらい目にあったこと。
あ、これは関係ありませんね。
でも、こうしたお手伝いのない時代がやってきたのかもしれません。
そう、AIは人類の仕事を奪っていくのです。(違)

さて、他の2社(TOTO,リクシル)は、よくわかりません。
それほど浴槽自動洗浄という言葉に、私は洗脳されてしまいました。

1回19円で洗浄

おおお・・・1回19円で洗浄できるようです。
口コミブログも色々と見てみましたが、結構汚れは落ちるようです。

洗剤は専用の物ではなく、バスマジックリンでOKのようです。
これは地味に助かりますね。
毎日使用しても、月に1回の補充で良いそうです。
よくあるのが、本体は安いけど、消耗品が高い!という例。
これ、重要なポイントですよね。結局かなりのランニングコストが掛かっちゃうよ!は、困りますものね。

向き不向きがある

「2週間に1回、もしくは汚れが気になったら手洗いで洗浄をしてください。」
これもまた、重要な内容ですね。
浴槽内は綺麗になったとしても、洗い場や浴槽の縁などは洗えません
特に洗い場は、石鹸を使う場所なので、家庭にもよるかと思いますが、かなりの頻度で掃除をする必要があります。

そう考えるとどうなのでしょう。
どうせ毎日、洗い場も掃除するし、浴槽の縁まで洗うし・・・という人には、それほど恩恵のある装備ではないのかもしれません。
洗い場や浴槽の縁は、毎日水では流すけど、数日に1回ゴシゴシすればいいかな。のような考え方の人は、良いのかもしれません。

最近よく、ワンオペ育児という言葉を聞きますよね。
たしかに、大人1人で子供3人を見ながらの家事は、キツイものがあります。
また、屈んだりするので高齢の方にもお風呂掃除は堪える内容かもしれません。
そして、何よりも冬場はとても寒いです。

以上のような、それぞれの家庭のそれぞれの洗い方、家族状況に合わせて導入を決めると良いのかもしれません。
ちなみにわが家は、こうした新しい装備に目が無い私に比べ、お奉行=妻はいたって冷静で、「今までのように自分で洗えばいいじゃない?」とあっさりバッサリ切られて終了しました。

0.25坪=8万円

標準では、この中の4色から選べるようです。
県民共済住宅は1.25坪までお風呂は選べるようですが、私としては現在の賃貸の極狭風呂に慣れてしまっているため、1坪でも十分に広く感じます。
しかし、他のメーカーでは1坪が標準で、1.25坪だとオプションになるようなので、同じ金額であれば迷わず1.25坪にするのが正解なのかもしれません。
1.25坪にした場合のメリットは、家族で入れる!大きい! などあるかと思われますが、デメリットもまたあるかと思います。
例えばですが、広い分そうじが大変、家族で入るのは ほんの一時。また、お風呂も当然建坪に含むので、0.25坪=約8万の計算となります。間取りにもよりますが、この8万で他のオプション、もしくはお風呂のオプションを充実させるのも考え方のひとつかもしれません。
特に、お風呂掃除に時間をかけたくない人や、大人のみの世帯などの場合は、脱衣所の暖房器具など、逆に1坪+8万円分快適なお風呂オプションのほうがメリットがあるのかもしれません。
ちなみに、わが家は1坪で十分だね。と話しています。

ただ、将来的なことを考えると、引き戸にはしたいかな。と思っております。
お風呂も個別見積もりでオプションを付けることが可能のようなので、是非ショールームなどで相談してみたいですね。