人生100年時代のライフプラン&マネーシミュレーション【100年のおさいふ】を発売!

市街化調整区域の探し方

昔ながらの足を使う土地探し

先回、私にも市街化調整区域を購入する資格があることがわかりました。
改めてですが、お住まいの市町村により異なるかと思われますので、
市町村の農業委員会などに問い合わせをしてみる
もしくはエリア内の土地家屋調査士さんのホームページに詳細が書いてあったり、
市町村のホームページに詳しく書いてあったりと、
どこかに情報があるはずです。

さて、本題ですが、昔ながらの方法で土地を探すことにした私。
まずは、お散歩をしてみました。

お散歩って・・・と思われるかもしれません。
しかし、自分が住みたい地域を、まずは歩いてみることで、
車で素通りでは見えない情報が見えてきます。
このあたりが空地だな、とか
新しい駐車場が出来たな、とか
新しい住宅が建ってるな・・・とか
そのあたりを注目しながら、散策してみました。
子供の散歩ついでなど、おススメです♪

市街化調整区域も色々ある

開放的な市街化調整区域

先回の記事で、市街化調整区域=閉鎖的 なイメージを持ったかと思われます。
開発(建築)を極力抑制する地域 ですからね・・・。

しかし、そんな中でも、上で書いたように、
新しい駐車場や住宅が建築されている地域があるはずです。
ここがねらい目だと思いました。
ある意味、開放的な市街化調整区域とでもいいましょうか(笑)

農家さんや旧家が多い農村市街化調整区域

逆に、農家さんや旧家が多い地域は、仮に譲っていただいたとしても、
住んだ後の自治会など、どんな感じなんだろう・・・と不安になります。
また、譲っていただける確率は低い感じがします。

ちなみに、私の実家は、その中間地点で・・・
何だか微妙ですみません。でも、実際微妙なんです。
なので、越してきて20年になりますが、まだ新入り扱いです。
また、自治会の活動内容が、結構昔ながらに多かったりします。
これ、一言でさらっと言っていますが、マジで多いです。
過去に自治会長やったことで解雇された人がいたぐらい。
それで、少し内容が緩和されたと言うことですが・・・笑えませんね・・・
神社でロウソクをともして大みそかに一晩中・・・なんて、苦行としか思えません。

市街化調整区域に強い不動産屋

さて、上で書いた開放的な市街化調整区域には、
絶対にその地域に強い不動産屋さんがいるはずです。
地域(調整区域)の事情にかなり精通している不動産屋さんです。
その不動産屋さんが、売買を担当したはずです。
この不動産屋さんを発見することが出来れば、
市場に出ていない土地を紹介、もしくは探してくれるかもしれません。
心当たりがあるかもしれません。

最後は心と人間性

たしかに、土地を売買するということは、お金が絡んでくる内容です。
売る方は少しでも高く、買う方は少しでも安く。
売りたいと言ったら安くなり、買いたいと言ったら高くなる。
そうした、魔法のような取引が土地売買です。

でも、だからこそです。

地主さんは、自分のお隣になるかもしれません。
何よりもご先祖様から引き継いだ土地を、手放すのです。
そうしたことを考えると、ただ金額だけでは測れない要素が
たくさんあるように思えるのです。

実際に、売ろうという気が無いわけじゃないけど、
誰でもどんな人でも、高いお金で買ってくれればいいわけじゃない
そんな気持ちで取引するのが、市街化調整区域な感じがします。
私だったら、お金に困ってなければ、自分の土地を
だれかよくわからない人に売ろうとは思いません

買いたい!と行くのではなく、
お譲りいただける方を探している
そんな姿勢で臨もうかと思っております。

物には縁があります。
その縁はラッキーではなく、自分の心持次第なのかもしれません。

次回は不動産屋さん行脚です。
ここで、東京ラブストーリー(古っ!)並みの、運命の出会いがあるのです。